NetApp.com
NetAppU 認定資格

取得準備

NS0-160
NetApp Certified Data Administrator, ONTAP

NCDA(NetApp Certified Data Administrator)認定資格を取得するには、マルチプロトコル環境でネットアップ データ ストレージ ソリューションの実装と管理に携わった6~12カ月以上の現場経験が必要です。また、NetApp Certified Data Administrator, ONTAPの試験では、HAコントローラ構成、高速データ リカバリ用のSyncMirror®ソフトウェア、シングル / マルチノード構成のONTAP®ソリューションの実装方法に関する知識も問われます。

推奨されるトレーニングとリソース:


NetApp Universityトレーニングに登録するには、ネットアップ サポート サイトのアカウントが必要です。

試験

NetApp Certified Data Administrator, ONTAP(NS0-160)試験は60問の問題で構成されます。試験時間は1時間30分です。日本では、第一言語が英語でない受験者の試験時間が30分延長されます。

試験の結果は、受験日から2~5営業日後にCertCenterでご確認いただけます。

NCDA ONTAP(NS0-160)試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

アーキテクチャ

  • ネットアップ ストレージ アーキテクチャの概念とコンポーネント
  • ONTAPでサポートされる構成
  • サポートされるクラスタ構成とノード構成

中心となるONTAP

  • ONTAPのコンポーネントと機能
  • Storage Virtual Machineの概念と運用方法
  • Storage Efficiency機能の使用法
  • 管理ツールの使用法

高可用性

  • 高可用性機能の設定、監視、トラブルシューティング
  • フェイルオーバー機能

フロントエンド クライアントのプロトコル

  • NASプロトコルの設定、監視、トラブルシューティング
  • SANプロトコルの設定、監視、トラブルシューティング

ネットワーク

  • ネットワークの概念とコンポーネント
  • ネットワークの設定、監視、トラブルシューティング
  • クラスタ インターコネクトの設定、監視、トラブルシューティング

ストレージ プロビジョニング

  • アグリゲートの作成、設定、拡張
  • ボリュームの作成と設定
  • ディスク、ディスク シェルフ、RAIDグループ

パフォーマンス

  • パフォーマンス ツールと分析ツールの使用法
  • ストレージ階層化の使用法と規則
  • QoS

セキュリティとコンプライアンス

  • ONTAPのセキュリティの概念、戦略、設定
  • 暗号化機能
  • コンプライアンス機能

データ保護

  • ネットアップのストレージ保護の概念、働き、機能
  • データ保護の設定、管理、トラブルシューティング

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください(「Submit Ticket Online」から英語でお問い合わせください)。