メニュー

リスクなしでネットアップ製品をお試しください

ネットアップのどのソリューションがお客様のニーズに最適かわからない場合は、ぜひネットアップにご相談ください。費用のかからない簡単な方法を1つ選び、ネットアップ製品の特徴や機能を評価できます。

の 2 つの反射スクリーンの前にある青い球 ライトブルーの背景

今すぐネットアップのTest Driveプログラムをご利用いただけます。

随時拡大中のラボの中からお選びいただき、ネットアップのソリューションやテクノロジがビジネス上の課題をどのように解決するのか、費用や義務を伴わずに体験できます。ネットアップ製品の利用経験の有無は関係ありません。

ぜひネットアップのTest Driveプログラムをお試しください*

AWSでアプリケーションをネイティブに起動、実行、拡張

AWSのネイティブ ストレージ サービスであるAmazon FSX for NetApp ONTAP(FSxN)は、AWSのグローバル クラウド インフラ上にネットアップのストレージを搭載した、世界初のフルマネージド型ストレージ サービスです。Amazon FSxNを使えば、AWSクラウドでフルマネージドのハイパフォーマンス ファイル システムを起動、実行、拡張できます。

  • オンプレミスのデータセンターと同じようにAWSでFSxNを利用可能
  • コンプライアンスを維持しながらデータ保護を強化
  • 完全なマルチプロトコル対応により、アプリケーションを数分で導入

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
ハイブリッド クラウドでのデータの検出と分類

企業のデータが急増しているため、ITチームやコンプライアンス チームは、収集したデータの分析と保護に、これまでにないほど苦労しています。ネットアップのクラウド データ ソリューションは、こうした問題をすべて解決します。このラボでは、完全に分離された環境で、Cloud ManagerとData Senseを実際に使用してご覧いただきます。

  • ストレージ リソースを自動でスキャンし、個人情報と機密データをマッピングして分類
  • ガバナンスとコンプライアンスのポリシーおよび規制に関するレポートの作成とポリシーの適用
  • データ サブジェクトのアクセス要求に応答

所要時間:30分

Test Driveを申し込む
ハイブリッド クラウドの管理を簡易化

クラウドで、従来のストレージ サービスをコスト効率よく提供し、ハイブリッド クラウド環境の管理と監視を簡易化、一元化する方法をご紹介します。

  • Azure、GCP、AWSのいずれかにストレージ クラスタを導入
  • オンプレミスのストレージ システムで一元管理を実現
  • ハイブリッド クラウド向けにデータ保護関係を作成

所要時間:30分

Test Driveを申し込む
クラウドレベルの柔軟なストレージでデータセンターを変革

このラボでは、変化の激しいビジネス環境に直面している企業に、ストレージ システムの購入に代わる選択肢を提供する、月払いのサブスクリプションベースのストレージ モデルの柔軟性を体験していただきます。

  • サーバやユーザの管理やレポート作成などの管理タスクを実行
  • ストレージ共有の管理や保護などの日常業務を実行
  • APIインターフェイスを活用して、開発 / 運用、自動化の目的を達成

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
ランサムウェアからの保護とリカバリ

このラボでは、ONTAPの新しいランサムウェア防御機能を使用して、ランサムウェア攻撃からデータを保護するようONTAPストレージ システムを設定する手順をご説明します。

  • ONTAPの機械学習機能でワークロードを分析し、ユーザ アクティビティの異常を検出。ツールを活用してリカバリを実行
  • データの改ざんや削除を防止するための手順を実行
  • ONTAPのREST APIとAnsibleを使用して、自動修復計画を実行

所要時間:55分

Test Driveを申し込む
新しいストレージ システムを迅速に導入

簡易なストレージ システム管理インターフェイスを使用すると、ITジェネラリストでもネットアップ ストレージ システムを導入して管理できます。エキスパートになる必要はありません。このラボでは、ネットアップ ストレージ システムをセットアップして管理する簡単な方法と、ストレージを迅速にプロビジョニングしてマルチプロトコル データサービスを提供する方法を説明します。

  • 新しいストレージ システムを簡単な方法でスピーディに導入
  • ストレージを素早くプロビジョニングして、データ サービスの提供を迅速に開始
  • ITジェネラリストがSystem Managerを使用して日常的なクラスタ管理を容易に実行する方法を確認

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
ハイブリッド クラウド全体にエンタープライズ オブジェクト ストレージを導入して管理

このラボでは、マルチロケーションのオブジェクト ストレージを使用して、一元化された効率的なストレージ管理、低レイテンシ、クライアント データ アクセスの高可用性を実現する方法を紹介します。

  • オブジェクト ストレージ向けのハイブリッド クラウド環境を構築
  • オブジェクト ストレージの日常的なアクティビティを監視
  • 規制要件に準拠するようにオブジェクト データを保護

所要時間:45分

Test Driveを申し込む
ゼロ トラストの原則とエンドツーエンドの暗号化でONTAPを保護

このラボでは、ゼロ トラスト セキュリティ アーキテクチャの概念を紹介し、ONTAP でストレージ インフラ全体にゼロ トラストの原則を実装する方法を説明します。説明では、エンドツーエンドの暗号化と、その他のセキュリティ強化のベストプラクティスを重点的に取り上げます。

  • ONTAPの仮想サーバと仮想ネットワーク テクノロジ、強力なアクセス制御、業界をリードするFPolicyファイルシステム イベント通知システムを使用して、ゼロ トラスト モデルをお客様の環境に効果的に実装
  • ONTAP組み込みのロールベース アクセス制御を利用して、最小限のアクセス権原理を実践
  • ONTAPのSecurePurgeおよびSnapLockを使用して、リスクの高いデータを安心して管理

所要時間:55分

Test Driveを申し込む
効率的なブロック レベルのストレージ階層化で、ストレージのコスト効率を向上

オブジェクト ストレージを使用する自動階層化機能です。アクセス頻度の低いコールド データをプライベート クラウドからオブジェクト ストレージに移動して、アクセス頻度の高いホット データに高価な高速SSDストレージを有効活用できるようにします。

  • アクセス頻度の低いデータがわかるレポート機能
  • プライベート クラウドのストレージと連携するようにストレージ階層化を設定
  • ポリシーを作成し、しきい値を基にデータを移動

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
新たなレベルのパフォーマンスと効率性で一貫したデータ保護を実現

ネットアップ独自の機能で、一貫したデータ保護とコスト削減を素早く実現する方法を説明します。このラボでは、データベースのユースケースを取り上げ、ネットアップ テクノロジでバックアップとスペース効率に優れたレプリケーションを簡易化する方法を紹介します。

  • Storage Efficiencyと管理機能をデモで体験
  • データ保護ポリシーを作成し、データベースを保護
  • レプリケーションで地理的な保護を実現

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
コンテナ化されたワークロード向けに永続的ストレージを簡単に導入、クローニング

Kubernetesの標準のコマンドラインを使用して、自身でプロビジョニングする永続的ストレージを素早く簡単に構築します。

  • 永続的ボリューム(PV)を作成
  • PVのSnapshotやクローンを作成
  • 永続的ボリュームの要求(PVC)が可能

所要時間:40分

Test Driveを申し込む

注:評価は英語でのみご利用いただけます。

Drift chat loading