NetApp.com
フラッシュ アレイEFシリーズのバナー

EFシリーズ フラッシュ ストレージ アレイ

要求の厳しいアプリケーションに対して1ミリ秒未満の応答性を実現

360°デモを見る

主なユースケース

ビッグデータ分析

常に高いパフォーマンスを維持して、データへのアクセス頻度を向上します。CPUとストレージを別々に拡張することもできます。

詳細はこちら

ビデオ監視

ビデオ監視につきものの、データのスループット、保持、抽出に関する問題を解決します。

詳細はこちら

ハイパフォーマンス コンピューティング

ペタバイト規模のデータ処理が発生するアプリケーション向けにパフォーマンスを最適化できます。

詳細はこちら

バックアップとリカバリ

高い対費用効果と信頼性を兼ね備えた異機種混在ストレージ環境向け高速バックアップ ストレージが実現します。

詳細はこちら

モデルと仕様

  EF600 All-Flash Array Product Demo EF570 All-Flash Array Product Demo EF280 Product Image
仕様を印刷 印刷 NetApp® EF600オールフラッシュ アレイ 360°表示 arrow-circle-o-right NetApp® EF570オールフラッシュ アレイ 360°表示 arrow-circle-o-right NetApp® EF280オールフラッシュ アレイ 360°表示 arrow-circle-o-right
IOPS 2,000,000 IOPS 1,000,000 IOPS 300,000 IOPS
平均レイテンシ

100マイクロ秒未満(最大20万IOPS、4Kランダム ライト)

100マイクロ秒未満(最大15万IOPS、4Kランダム リード)

250マイクロ秒未満(最大200万IOPS、4Kランダム リード)

100マイクロ秒未満(最大18.5万IOPS、4Kランダム ライト)

140マイクロ秒未満(最大10万IOPS、4Kランダム リード)

200マイクロ秒未満(最大80万IOPS、4Kランダム リード)

300マイクロ秒未満(最大100万IOPS、4Kランダム リード)

n/a
持続可能なスループット 最大44GBps 最大21GBps 最大10GBps
最大ドライブ数 24 120(EF570で拡張シェルフを4台使用した場合) 96(EF280でDE224C拡張シェルフを3台使用した場合)
最大物理容量 360TB 1.8PB 1.5PB
サポートするドライブの種類 SSD
• 1.9TB、3.8TB、7.6TB
• 3.8TB FIPS
• 1.9TB、3.8TB、7.6TB、15.3TB FDE
SSD
• 800GB、1.6TB、3.8TB、7.6TB、15.3TB
• 1.6TB FIPS
• 3.8TB FDE
SSD
• 800GB、1.6TB、3.8TB、7.6TB、15.3TB
• 1.6TB FIPS
• 3.8TB FDE
フォーム ファクタ[1] 基本システム:2U / 24 基本システム:2U / 24
拡張シェルフ:2U / 24
基本システム:2U / 24
拡張シェルフ:2U / 24
システム メモリ 32GB、128GB 32GB、128GB 16GB、64GB
ホストI/Oポート オプションのアドオンI/Oポート:
32Gb FC×16ポート [2]
32Gb NVMe over FC×16ポート

100Gb NVMe over InfiniBand×8ポート[3]
100Gb NVMe over RoCE×8ポート[3] (イーサネット)
ベースI/Oポート:
16Gb FC×4ポート
10Gb iSCSI(光ファイバ)×4ポート

オプションのアドオンI/Oポート:
32Gb FC×8ポート
10Gb iSCSI(カッパー)×8ポート
25Gb iSCSI(光ファイバ)×8ポート
12Gb SAS×8ポート
100Gb InfiniBand(iSERまたはSRP)×4ポート
100Gb NVMe over InfiniBand×4ポート[3]
100Gb NVMe over RoCE×4ポート[3] (イーサネット)
ベースI/Oポート:
16Gb FC×4ポート
10Gb iSCSI(光ファイバ)×4ポート

オプションのアドオンI/Oポート:
10Gb iSCSI(カッパー)×8ポート
12Gb SAS×8ポート
32Gb FC×8ポート
25Gb iSCSI×8ポート
システム管理 SANtricity System Manager 11.60(Webベース、標準搭載) SANtricity System Manager 11.50(Webベース、標準搭載)
高可用性機能

アクティブ / アクティブのデュアル コントローラ構成で、I/Oパスの自動フェイルオーバーが可能

自動負荷分散とパス接続監視

Dynamic Disk Poolsテクノロジと従来のRAIDレベル0、1、5、6、10をサポート

冗長化されたホットスワップ対応のストレージ コントローラ、ディスクドライブ、電源装置、ファン

ドライブ障害後に自動でリビルド

データ キャッシュのミラーリング、フラッシュ メモリへのバッテリ バックアップ式デステージ

データ保護(T10-PI ANSI標準によりデータ整合性を確保)

プロアクティブなドライブ健全性監視機能で、問題を障害発生前に特定

NetApp Active IQ

SANtricity OSとドライブ ファームウェアのオンライン アップグレード

オンラインでの設定変更

最大99.9999%の可用性を実現(適切な構成とサービス プランが必要)

アクティブ / アクティブのデュアル コントローラ構成で、I/Oパスの自動フェイルオーバーが可能

自動負荷分散とパス接続監視

Dynamic Disk Poolsテクノロジと従来のRAIDレベル0、1、5、6、10をサポート

冗長化されたホットスワップ対応のストレージ コントローラ、ディスクドライブ、電源装置、ファン

ドライブ障害後に自動でリビルド

データ キャッシュのミラーリング、フラッシュ メモリへのバッテリ バックアップ式デステージ

データ保護(T10-PI ANSI標準によりデータ整合性を確保)

プロアクティブなドライブ健全性監視機能で、問題を障害発生前に特定

NetApp Active IQ

SANtricity OSとドライブ ファームウェアのオンライン アップグレード

オンラインでの設定変更

最大99.9999%の可用性を実現(適切な構成とサービス プランが必要)

アクティブ / アクティブのデュアル コントローラ構成で、I/Oパスの自動フェイルオーバーが可能

自動負荷分散とパス接続監視

Dynamic Disk Poolsテクノロジと従来のRAIDレベル0、1、5、6、10をサポート

冗長化されたホットスワップ対応のストレージ コントローラ、ディスクドライブ、電源装置、ファン

ドライブ障害後に自動でリビルド

データ キャッシュのミラーリング、フラッシュ メモリへのバッテリ バックアップ式デステージ

データ保護(T10-PI ANSI標準によりデータ整合性を確保)

プロアクティブなドライブ健全性監視機能で、問題を障害発生前に特定

NetApp Active IQ

SANtricity OSとドライブ ファームウェアのオンライン アップグレード

オンラインでの設定変更

最大99.9999%の可用性を実現(適切な構成とサービス プランが必要)

ホストのオペレーティング システム Novell SUSE Linux Enterprise Server Apple macOS
CentOS Linux
IBM AIX
Microsoft Windows Server
Novell SUSE Linux Enterprise Server
Oracle Enterprise Linux
Oracle Solaris
Red Hat Enterprise Linux
Ubuntu Linux
VMware ESX
Apple macOS
CentOS Linux
IBM AIX
Microsoft Windows Server
Novell SUSE Linux Enterprise Server
Oracle Enterprise Linux
Oracle Solaris
Red Hat Enterprise Linux
Ubuntu Linux
VMware ESX
搭載ソフトウェア機能

SANtricityボリューム コピー

SANtricity Snapshot

SANtricity同期 / 非同期ミラーリング

SANtricityボリューム コピー

SANtricityシンプロビジョニング

SANtricity Snapshot

SANtricity Cloud Connector

SANtricity同期 / 非同期ミラーリング

SANtricityボリューム コピー

SANtricityシンプロビジョニング

SANtricity Snapshot

SANtricity Cloud Connector

セキュリティ機能

ドライブ暗号化(FDE / FIPS)のサポート[4]

ネイティブ暗号化キー管理

外部暗号化キー管理(KMIP準拠)

ロールベース アクセス制御と監査ログ

LDAPサポート

SAMLサポートにより、多要素認証を実現

Common Criteria認定

ドライブ暗号化(FDE / FIPS)のサポート[4]

ネイティブ暗号化キー管理

外部暗号化キー管理(KMIP準拠)

ロールベース アクセス制御と監査ログ

LDAPサポート

SAMLサポートにより、多要素認証を実現

Common Criteria認定

ドライブ暗号化(FDE / FIPS)のサポート[4]

ネイティブ暗号化キー管理

外部暗号化キー管理(KMIP準拠)

ロールベース アクセス制御と監査ログ

LDAPサポート

SAMLサポートにより、多要素認証を実現

Common Criteria認定

システムの機能

Dynamic Disk Poolsと従来型RAIDの併用

ボリュームの動的拡張

DDPとRAIDボリューム グループに対応した容量の動的拡張

容量の動的縮小(DDPのみ)

RAIDレベルまたはセグメント サイズの動的変更(従来型RAIDのみ)

組み込みのシステム イベント監視機能

Full Stripe Write Acceleration(FSWA;フルストライプ書き込み処理)によるシステム書き込みパフォーマンスの高速化(一定の条件を満たすワークロードが対象)

Dynamic Disk Poolsと従来型RAIDの併用

ボリュームの動的拡張

DDPとRAIDボリューム グループに対応した容量の動的拡張

容量の動的縮小(DDPのみ)

RAIDレベルまたはセグメント サイズの動的変更(従来型RAIDのみ)

組み込みのシステム イベント監視機能

Full Stripe Write Acceleration(FSWA;フルストライプ書き込み処理)によるシステム書き込みパフォーマンスの高速化(一定の条件を満たすワークロードが対象)

Dynamic Disk Poolsと従来型RAIDの併用

ボリュームの動的拡張

DDPとRAIDボリューム グループに対応した容量の動的拡張

容量の動的縮小(DDPのみ)

RAIDレベルまたはセグメント サイズの動的変更(従来型RAIDのみ)

組み込みのシステム イベント監視機能

Full Stripe Write Acceleration(FSWA;フルストライプ書き込み処理)によるシステム書き込みパフォーマンスの高速化(一定の条件を満たすワークロードが対象)

管理支援ツール

SANtricity Unified Manager

Splunk Enterprise向けNetApp SANtricity Performance App[5]

NetApp Eシリーズのパフォーマンス分析ツール(Grafana®対応)

SANtricity Unified Manager

Splunk Enterprise向けNetApp SANtricity Performance App[5]

VMware vSphere Storage API – Array Integration(VAAI)

Microsoft Windowsオフロード データ転送(ODX)

SANtricity Unified Manager

Splunk Enterprise向けNetApp SANtricity Performance App[5]

VMware vSphere Storage API – Array Integration(VAAI)

Microsoft Windowsオフロード データ転送(ODX)

オープンな管理とオーケストレーション

NetApp SANtricity Web Servicesの組み込みREST API

NetApp SANtricity Secure CLI

Eシリーズ向けのAnsible®モジュール

NetApp SANtricity Web Servicesの組み込みREST API

NetApp PowerShell Toolkit API

NetApp SANtricity Secure CLI

Eシリーズ向けのAnsible®モジュール

NetApp SANtricity Web Servicesの組み込みREST API

NetApp PowerShell Toolkit API

NetApp SANtricity Secure CLI

Eシリーズ向けのAnsible®モジュール

システムの仕様の各種最大値

ホスト / パーティション:512

ボリューム:2,048

システムあたりの最大DDP容量:6PB

最大DDPボリューム サイズ:2PB

最大RAIDボリューム サイズ:30ドライブ

Snapshotコピー:2,048

ホスト / パーティション:512

ボリューム:2,048

システムあたりの最大DDP容量:6PB

最大DDPボリューム サイズ:2PB

最大RAIDボリューム サイズ:30ドライブ

Snapshotコピー:2,048

ミラー:128

ホスト / パーティション:128

ボリューム:512

システムあたりの最大DDP容量:6PB

最大DDPボリューム サイズ:2PB

最大RAIDボリューム サイズ:30ドライブ

Snapshotコピー:512

ミラー:32

さらに表示 表示を減らす arrow-down
IOPS
寸法と重量 EF600基本システム EF570基本システム EF570拡張シェルフ EF280基本システム EF280拡張シェルフ
高さ
高さ 8.7cm(3.43インチ) 8.81cm(3.47インチ) 8.81cm(3.47インチ) 8.81cm(3.47インチ) 8.81cm(3.47インチ)
48.3cm(19.02インチ) 48.26cm(19インチ) 48.26cm(19インチ) 48.26cm(19インチ) 48.26cm(19インチ)
奥行
奥行 44.7cm(17.6インチ) 48.95cm(19.27インチ) 48.95cm(19.27インチ) 48.95cm(19.27インチ) 48.95cm(19.27インチ)
重量
重量[6] 24.34kg(53.66ポンド) 23.42kg(51.632ポンド) 21.27kg(46.896ポンド) 23.42kg(51.632ポンド) 21.27kg(46.896ポンド)
電源と冷却装置 EF600基本システム EEF570基本システム EF570拡張シェルフ EF280基本システム EF280拡張シェルフ
kVA
kVA

動作時:0.979

最大値:1.128

動作時:0.522

最大値:0.665

動作時:0.265

最大値:0.379

動作時:0.522

最大値:0.665

動作時:0.265

最大値:0.379

消費電力(W)
消費電力(W)

動作時:979.09

最大値:1128

動作時:546.18

最大値:658.53

動作時:262.76

最大値:375.12

動作時:546.18

最大値:658.53

動作時:262.76

最大値:375.12

BTU
BTU

動作時:3348

最大値:3859.128

動作時:1863.64

最大値:2247

動作時:896.57

最大値:1279.96

動作時:1863.64

最大値:2247

動作時:896.57

最大値:1279.96

  1. 基本システムと拡張シェルフは、最低6本のSSDで構成できます。
  2. FCプロトコルは2019年10月から利用できます。
  3. NVMe over Fabricsのサポートには、128GBのEF570ストレージ システムが必要です。
  4. 保存中のデータの暗号化が適用されるハードウェアとソフトウェアは、ベラルーシ、カザフスタン、ロシアおよびユーラシア関税同盟諸国を含む一部の国では利用できません。
  5. SplunkのWebサイトからダウンロードできます。
  6. システムの重量は、ドライブ数と種類によって異なります。
  7. *NetApp EF570オールフラッシュ システムは、SPC-1およびSPC-2ベンチマーク テストで証明されているとおり、ストレージ業界でトップクラスのコスト パフォーマンスを実現しています(2017年9月19日時点)。

多様なビジネス メリット

最大限の効率を実現

オーバープロビジョニングを解消し、設置面積、消費電力、冷却コストを最大95%削減します。

拡張性に優れたモジュラ設計

2Uのモジュラ型ビルディング ブロックで、最大1.8PBの物理容量をサポート。より多くのデータ アクセスで低レイテンシのパフォーマンスを実現します。

実績のあるエンタープライズ向けプラットフォーム

100万のシステム導入実績を活かしたフラッシュ完全対応の第4世代EFシリーズ アレイなら、きわめて要件の厳しい環境にも対応できます。

高度なデータ保護機能

高度なデータ保護機能により、ローカルでも遠くの場所でも、データ損失やダウンタイムの発生を防ぎます。

ソフトウェア

NetApp SANtricityソフトウェアは、EFシリーズ オールフラッシュ アレイのパフォーマンスと利用率を最大限に高めることができます。

ソフトウェアのアップデートが必要な場合は、サポート ページをご覧ください。

ソフトウェア機能
システム管理 SANtricity System Manager 11.60
高可用性機能 アクティブ / アクティブのデュアル コントローラ構成で、I/Oパスの自動フェイルオーバーが可能
自動負荷分散とパス接続監視
Dynamic Disk Poolsテクノロジと従来のRAIDレベル0、1、5、6、10をサポート
冗長化されたホットスワップ対応のストレージ コントローラ、ディスクドライブ、電源装置、ファン
ドライブ障害後に自動でリビルド
データ キャッシュのミラーリング、フラッシュ メモリへのバッテリ バックアップ式デステージ
プロアクティブなドライブ健全性監視機能で、問題を障害発生前に特定
データ保護(T10-PI ANSI標準によりデータ整合性を確保)
SANtricity OSとドライブ ファームウェアのオンライン アップグレード
オンラインでの設定変更
ホストのオペレーティング システム Novell SUSE Linux Enterprise Server
搭載ソフトウェア機能 SANtricityボリューム コピー
SANtricity Snapshot
セキュリティ機能 ドライブ暗号化(FDE / FIPS)のサポート [1]
ネイティブ暗号化キー管理
外部暗号化キー管理(KMIP準拠)
ロールベース アクセス制御と監査ログ
LDAPサポート
SAMLサポートにより、多要素認証を実現
Common Criteria認定
システムの機能 Dynamic Disk Poolsと従来型RAIDの併用
ボリュームの動的拡張
DDPとRAIDボリューム グループに対応した容量の動的拡張
容量の動的縮小(DDPのみ)
RAIDレベルまたはセグメント サイズの動的変更(従来型RAIDのみ)
組み込みのシステム イベント監視機能
Full Stripe Write Acceleration(FSWA;フルストライプ書き込み処理)によるシステム書き込みパフォーマンスの高速化(一定の条件を満たすワークロードが対象)
オープン管理 NetApp SANtricity Web Servicesの組み込みREST API
NetApp SANtricity Secure CLI
管理支援ツール Splunk Enterprise向けNetApp SANtricity Performance App [2]
NetApp EシリーズのGrafana対応パフォーマンス分析ツール
  • [1] 保存データ暗号化機能が適用されるハードウェアとソフトウェアは、ベラルーシ、カザフスタン、ロシア、その他のユーラシア関税同盟諸国など、一部の国では利用できません。
  • [2] SplunkのWebサイトからダウンロードできます。

購入方法

mobile-phone

お問い合わせ

user-circle-o

パートナーを検索

パートナーによるさまざまな購入オプションをご利用いただけます。詳細は以下のページをご覧ください。

calculator

NetApp OnDemand

NetApp OnDemandの消費モデルを利用すると、ビジネスに必要なストレージを消費できます。