メニュー

NetApp、「NetApp BlueXP」に新たなセキュリティ機能を追加 単一の制御ポイントによる統合的なデータ保護を実現

Press Release Peach Image

<本件に関するお問い合わせ先>
ネットアップ PR事務局 (株式会社イニシャル内)
担当:長嶋・小黒・宮下・山崎
TEL:03-5572-7334
FAX:03-5572-6065
E-mail:netapp@vectorinc.co.jp

オンプレミスとクラウドの両方であらゆるワークロード上のデータに対する サイバー脅威を防ぐと共に、高度なセキュリティ環境への導入が可能に

ネットアップ合同会社(本社:東京都中央区、代表執行役員社長:中島シハブ)は、「NetApp BlueXP」の新機能により、セキュア データ ストレージとしての地位をさらに強化することを発表します。今日のテクノロジー環境においてデータの価値がかつて無いほど高まる一方で、そのセキュリティは脆弱なものになっています。データは、運用の強化、イノベーションの促進、優れた顧客体験の創出を支援するという価値を生み出すと同時に、ランサムウェア攻撃、データの消失や破損の可能性など、増加するサイバー脅威の影響が無視できないものになってきています。今日のデータ・インフラストラクチャは、オンプレミスのサーバーと複数のクラウド環境の両方にまたがるため、データ保護やセキュリティ、コンプライアンスを複雑なものにしています。さらにスキル不足と予算の制約も、こうした課題に拍車をかけています。

企業は、データ資産を管理し壊滅的な損失を避けるために、データ管理を簡素化してセキュリティを強化する必要があります。「BlueXP」の新機能は、強力な統合エクスペリエンスに基づき構築されており、マルチクラウド・インフラストラクチャ全体においてデータを検出、管理、保護できるデータサービスを提供し、AI/ML機能を活用して最適なビジネス結果をもたらします。

今回の新機能のアップデートとイノベーションには、バックアップとリカバリの簡素化、より多くの環境にわたるデータ保護、政府機関を含む高度なセキュリティ環境における導入のための機能が含まれ、あらゆるアプリケーションでどこでも同じエクスペリエンスを提供する一貫した運用が可能となります。

クラウドソリューション開発担当上級副社長 ローネン・シュワルツのコメント
「BlueXPは、ハイブリッドマルチクラウド環境への差別化されたアプローチを可能にする優れた統合コントロールプレーンです。当社のコミットメントは、複雑なストレージとデータ管理業務の簡素化を推進するために、拡大し続ける方法でAIOpsを継続的に実現することであり、同時にお客様がBlueXPを通じてサイバーレジリエンスを強化することです。このアプローチはすでに世界で最もセキュアな政府機関の環境をサポートしていますが、今日の最新のデータ世界において民間企業のお客様のご要望も反映しています。」

今回追加された「NetApp BlueXP」の新機能は次のとおりです。

  • 単一のコントロールポイントから、システム、場所、ワークロードにまたがる一貫したデータ保護戦略:
    • 「NetApp BlueXP バックアップ&リカバリ」機能は、ワークロードごとにカスタマイズされたバックアップ戦略を簡素化する単一のコントロールプレーンを提供します。環境に依存することなく、3-2-1バックアップ戦略のあらゆるバリエーションをワークロードに応じて簡単に適用できるため、複数のツールや特別なトレーニングなどは不要です。
    • 「NetApp BlueXP バックアップ&リカバリ」機能は、「Amazon FSx for NetApp ONTAP」上のOracleデータベースなどの「NetApp Software-Defined Storage」またはハイパースケール・ネイティブ・ストレージを使用して、主要なクラウドにおけるアプリケーション・コンシステントなデータベースをサポートすることで、より幅広いワークロードに対応できるように拡張されました。
  • 最もセキュアな環境への導入が可能に:
    • 「BlueXP」の新たなプライベード モードと制限付きモードでは、「BlueXP」と関連ストレージ、政府機関のクラウドや、インターネット接続からの完全な隔離が必要な「ダークサイト」など、高度なセキュリティとコンプライアンスが要求される環境に導入できます。
    • Cloud Insights Federal Editionは、FedRAMPの"ハイ インパクト レベル”の保護を必要とする環境やワークロードへの導入に利用できるようになりました。
    • Cloud Volumes ONTAP(CVO)は、AWS Marketplace for the U.S. Intelligence Community(IC)で利用できるようになりました。このマーケットプレイスは、セキュリティの向上、ミッションインパクトの増大、コスト削減を実現することで、米国情報機関特有のニーズをサポートします。

「NetApp BlueXP」は、クラウドとオンプレミスの両方において業界をリードするデータ管理ソフトウェアの「NetApp ONTAP」を管理するための中心的な手法です。今回の「BlueXP」の新機能の発表には、12種類を超える機能のアップデートとイノベーションが含まれています。詳細はbluexp.netapp.comでご確認ください。

参考資料

NetAppについて
NetAppはグローバルなクラウド戦略で業界をリードする、Data-Centricなソフトウェア企業です。デジタル変革が加速する時代にデータを活用してリードする組織を支援します。クラウドでの開発、クラウドへの移行、オンプレミスでの独自のクラウドレベルのエクスペリエンス構築など、データセンターからクラウドまでのアプリケーションを最適な状態で実行できるシステム、ソフトウェア、クラウド サービスを提供しています。NetAppは、多様な環境にわたって機能するソリューションを通じて、組織が独自のデータ ファブリックを構築し、いつでもどこでも、必要なデータ、サービス、アプリケーションを適切なユーザにセキュアに提供できるようにしています。詳細については、www.netapp.comをご覧ください。また、TwitterLinkedInFacebookInstagramでNetAppをフォローしてください。

NetApp、NetAppのロゴ、https://www.netapp.com/company/legal/trademarks/に記載されているマークは、NetApp, Inc.の商標です。その他の会社名と製品名は、それを所有する各社の商標である場合があります。

Drift chat loading