メニュー

既存のSAPシステムを最大限に活用

SAP HANAに移行する場合でも、SAPのワークロードをクラウドに移行する場合でも、Dell製品に縛られる必要はありません。ネットアップなら、移行を自在に管理し、オンプレミスでもクラウドでも、単一のコネクテッド エクスペリエンスを提供できます。面倒な移行を見直すなら、今がチャンスです。
青と桃色の背景に、白いボックスが開いた状態で置かれている

より可用性の高いSAP環境を実現

SAPのような主要なソフトウェア スイートを移行するには、単にクレジットカード決済をするだけでなく、より多くの計画が必要になります。つまり、ビジネスIT環境全体、SAPアプリケーション、および両者間の運用性を実現するIT基盤を理解する必要があります。

ユニファイド データ ファブリックを使用すると、必要なときに必要な場所でデータにアクセスし、安全に保管し、利用することができます。

より強固な信頼度

ネットアップは世界最大のクラウドであるMicrosoft AzureとGoogle Cloudによって信頼されているため、SAP HANAでこれらのクラウド機能を活用できます。

合理化の促進

ネットアップのオーケストレーションツールは、バックアップ、リカバリ、レプリケーションを独自の方法で連動させることで、データを保護し、 SAP HANAの運用を合理化します。

より高い信頼性

ネットアップのデータサービスは、クラウドでの可用性が99.99%。信頼性が重視されるSAPのお客様に最適な環境を提供できます。

より優れた柔軟性

ネットアップなら、SAP HANAのワークロードをオンプレミスとクラウドのどちらにでもホストできます。クラウドソリューションをフル稼働させる場合でも、テストや開発環境で活用する場合でも、ネットアップがそのニーズにお応えします。

最高のお客様と共に

青の背景に積み上げられた4つの異なる形状のオブジェクト
SAP HANAのカード画像

SAP HANAへの移行を成功させるための秘訣

ESG、Arvato Systems、ネットアップが、SAP HANAへの移行やSAPワークロードのクラウド移行を成功させる秘訣をご案内します。

データ移行アナリストのホワイトペーパー

調査結果が判明しました

SAP S4/HANAのハイブリッド インストールが最適なソリューションである理由をご確認ください。データとワークロードをオンプレミスまたはクラウドに柔軟に導入できます。Frost & Sullivanのビジュアルが豊富なホワイトペーパーでは、ビジネス上の課題を適切なデータ ファブリックに変換して、組織のニーズに対応する方法をご紹介します。

クラウドでのSAPのワークロード

クラウドのROIを短期間で達成したいですか?

世界最大のSAPユーザ グループASUGが毎年実施している動態調査によれば、メンバーの82%がクラウドでワークロードを実行している一方で、クラウドの複雑さにも直面しています。このスポットライトでは、SAPユーザが直面している複雑さの上位3つと、対応方法の上位3つをご紹介します。

次のステップ