メニュー

ストレージはどちらで移行すべき?Dell vs ネットアップ: よく考えれば答えは一つです

ストレージについて考えた場合、お客様には選択肢があります。現在と変わらない状態を確保するために苦労してDellのデータセンターへ移行するか、一度の移行でオンプレミスでもクラウドでもデータを最大限活用できるネットアップに乗り換えるか。

青い球体に乗ったオレンジのボール

真のクラウドへ対応出来る環境へ、混沌としたDellの環境から抜けて

現在のデータセンターについて把握し、何が必要かを検討することで、適切にクラウドへの移行を準備できます。皆さんのDellのオンライン ストレージは、以下に該当しませんか?

  • 複雑
  • サイロ化されている
  • 生産性を損失させる
  • 多額の料金がかかる
  • 処理速度が遅い
  • 柔軟性に欠ける
  • クラウドらしくないDellのプライベートクラウドにロックインされている

データセンターは、すぐに機能を発揮し現在の業務を支える必要があり、また同時に、来たる将来に対応できる機能をも有する必要があります。このような環境を実現するためには、柔軟かつ自由に現在マーケットで提供されている幅広いクラウドサービスから選択が可能となる「データファブリック」の構築を支援してくれるパートナーが必要です。

グレーのリング
2つの抹茶ポテトチップス

ハイブリッド クラウドを自在に活用する

ネットアップなら、貴社のデータセンターはもとより、パブリック クラウド、プライベート クラウド、仮想マシン、マイクロサービスと連携するデータ サービスで、一貫した革新的エクスペリエンスを実現できます。

白いボックスを開きます

既存のSAPシステムを最大限に活用

SAP HANAに移行する場合でも、SAPのワークロードをクラウドに移行する場合でも、Dell製品に縛られる必要はありません。ネットアップなら、移行を自在に管理し、オンプレミスでもクラウドでも、単一のコネクテッド エクスペリエンスを提供できます。

青い立方体とオレンジのボール

ネットアップへの移行をお考えですか?

お客様がデータセンターの移行を加速し、リスクを軽減し、システム停止を最小限に抑えられるよう、ネットアップのエキスパートが支援します。ネットアップの無償のCloud Insightsトライアルで、Dellからの移行プログラムについてご確認ください。

次のステップ