メニュー

Aston MartinとNetApp:データは万全、勝利は目前

最高の F1 チームは、イノベーションを推進し、レースを勝ち抜くパートナーシップをベースに構築されています。Aston Martin Cognizant Formula One チームがクラウドのメリットを最大限に引き出し、コース内外でスピードを増加させ、歴史を刻む後押しをすべくサービスを提供できることを嬉しく思います。

コース外 : シミュレーション クラウドを最大限に活用

変革を推進するパートナーシップ

イギリスの老舗高級車メーカーであるAston Martinが、61年の歳月を経てFormula Oneに復帰し、世界初となる最新鋭の画期的なF1チームを立ち上げました。Aston Martin Cognizant Formula One Team(AMCF1)の投入により、モーター スポーツへの普遍的な愛(そしてデータ)を利用することで新しいファンを獲得するという、デジタル変革を会社全体に拡大していきます。

AMCF1は現在ネットアップとのパートナーシップを基盤に、Aston Martinのラグジュアリーカー グループの進化を図っています。大胆かつ野心的な目標をかかげたパートナーシップにより、複雑なレーシング運営にシンプルな要素が加わります。

プレスリリースを読む

ブログ:AMCF1のCIOと勝利への道のりを分析

F1というスポーツにおいて、データの役割はどの程度重要なのでしょうか?AMCF1のCIOであるBill Peters氏に、レース ウィークエンドで最も重要な時にミリ秒単位のパフォーマンスを得るために、チームがどのように膨大な量のデータを取り込み利用しているのか、その舞台裏を聞いてきました。また、チームが現在抱えているデータに関する課題を克服し、初の世界チャンピオンとなるためにネットアップを選んだ理由についても説明してもらいました。

ブログ記事を読む
ブログ ショーケース画像

データへの渇望

    • 23戦
    • F1 シーズン
    • 440 GB
    • テレメトリ データ / レース
    • 10.12 TB
    • テレメトリ データ / シーズン

自動車業界での経験がレース以外でも効果を発揮

Aston Martinのような自動車メーカーは、サプライヤーも含め、デジタル変革を迅速に推進するデータファブリックの構築パートナーとしてネットアップに絶対の信頼を寄せています。ネットアップのソリューションは、自動運転AIの進化、スマート工場のI.Q.の向上、そしてイノベーションを中断させないデータ アクセスに必要な、データ移動性と製造アジリティを兼ね備えています。

ネットアップと自動車業界
フォーミュラ1の青いレーストラック

クラウドを最大限に活用

ネットアップはその実績、信頼性、アップタイムが評価され、Amazon、Microsoft、Googleの3大ハイパースケール クラウド プロバイダから、データ管理ソリューションやストレージ ソリューションを構築するよう依頼されました。

Microsoft Azure

Microsoft Azure

「ネットアップの協力を得たことで、ハイブリッド クラウド インフラに対するお客様のニーズへの対応力が飛躍的に向上しました」

– Microsoft CEO、 Satya Nadella氏

Google Cloud

Google Cloud

「ネットアップとの共同ソリューションを提供することで、お客様が今いる場所でクラウドを利用できるようになり、非情に満足しています」

– Google Cloud CEO、Thomas Kurian氏

AWS

AWS

「当社のエンジニアとネットアップの協力体制による相乗効果が、サービスに大きな効果をもたらしています」

– AWS エンジニアリング担当VP、 Bill Vass氏

必要な場所に柔軟にキャパシティとコンピュート能力を提供できるよう、オンプレミスとクラウドの両方が必要です。ネットアップは、競争力を高めるためのレース ファブリックの構築を支援してくれました。

Bill Peters氏, CIO, Aston Martin Cognizant Formula One Team

Aston Martinコメント画像
フォーミュラ1のタイヤ

AMCF1と共に参戦

新しいチーム。新しい発想。Aston Martinがカー レースの新​時代を告げます。同社のサイトでF1チームの最新動向や、カーレースにおける同社の歴史をチェックし、オールシーズンの戦いを応援していきましょう。

AMCF1のサイトを見る

次のステップ