メニュー

Splunk SmartStoreとNetApp StorageGRIDを組み合わせて活用

ネットアップとオブジェクト ストレージ シリーズ

セッション1(全3セッション)

青色のスプラッシュ マーク

要旨

お客様がSplunkの従来のアーキテクチャから新しいSplunk SmartStoreへの移行に取り組んでいらっしゃるため、Splunk SmartStoreとNetApp® StorageGRID®オブジェクト ストレージをベースとするマルチサイト アーキテクチャが、Splunkとネットアップの正式な認定ソリューションとなりました。Splunk SmartStoreの導入がどの段階にあるかにかかわらず、このソリューションを使用することで、業界をリードするオブジェクト ストレージ ソリューションを確実にリモートストア階層として利用できるようになります。

Splunk SmartStoreは多くの重要なメリットを備えた導入アーキテクチャです。必要に応じて随時、データをコンピューティング リソースの近くに移動できるほか、コンピューティングとストレージに関する柔軟性を大幅に高め、大量のデータの長期的な保持をコスト効率よく実現します。

抽象的な図形

重要なポイント

  • コンピューティングとストレージを分離することで、TCOを削減しながらあらゆる規模の環境に優れたパフォーマンスを提供
  • 階層型ECと最大2,000億個のオブジェクト、さらにグローバル ネームスペースで560PBを超える容量を活用することで、比類のない拡張性と耐久性(99.9999999999999%)を実現
  • AWSのワークフローおよびサービスとのクラウド統合、Microsoft AzureおよびAWS Glacier/S3へのデータの階層化により、ハイブリッド クラウドを実現
抽象的な図形

その他のセッション

このシリーズの他のセッションもご覧ください。

抽象的な図形

地域別の講演者の経歴

データの課題解決をサポートするスペシャリストをご紹介します。彼らは仕事の話をするのが大好きなスペシャリストです。現実的で業界に特化した質問をお楽しみください。

AMER

Raj Grewal氏

Splunk、クラウド部門、AI/ML運用担当シニアアーキテクト

Raj氏のLinkedIn

EBCソリューション シリーズ

ハイレベルなクラウド サービスの概要からAnsibleワークショップなどの技術的な詳細説明まで、ネットアップのエキスパートや業界関係者とともに学び、連携し、エンゲージすることができます。

こちらから

ネットアップ製品に関する質問がある場合や、ご利用を検討されている場合は、ネットアップのチームにご相談ください。

グローバルEBCプログラム

ネットアップのEBCプログラムの内容とお客様にお届けする価値をご確認ください。

オンライン ブリーフィング

詳細なパーソナライズされたオンライン ブリーフィングを申し込んで、ネットアップがビジネス目標の達成をどう後押しできるかお確かめください。