メニュー

オブジェクト ストアと人工知能

ネットアップとオブジェクト ストレージ シリーズ

セッション3つのうちの2つめ

スプラッシュ マーク

要旨

このセッションでは、AIモデルに必要な大規模データ環境の要件を満たすために、モデル構築、トレーニング、および検証における抽出やロード用として、さまざまなデータ タイプに対応した長期的で拡張性に優れたストレージを提供するためのAIイニシアチブに、オブジェクト ストレージが適しているケースを見ていきます。

スプラッシュ マーク

重要なポイント

  • AI環境にオブジェクト ストレージが必要
  • ネットアップのソリューションは、データ サイロを統合し、包括的なデータ戦略の構築を支援する代替策を提供します
スプラッシュ マーク

その他のセッション

このシリーズの他のセッションもご覧ください。

スプラッシュ マーク

地域別の講演者について

お客様のデータに関する課題解決をサポートするスペシャリストをご紹介します。実例のご紹介や業界に特化したご質問に対してネットアップのスペシャリストがお答えいたします。

AMER

Frank Holliman

AI/ML、分析、DevOps担当シニア アーキテクト

FrankのLinkedIn

EBCソリューション シリーズ

ハイレベルなクラウド サービスの概要からAnsibleワークショップなどの技術的な詳細説明まで、ネットアップのエキスパートや業界関係者とともに学び、連携し、エンゲージすることができます。

こちらから

ネットアップ製品に関する質問がある場合や、ご利用を検討されている場合は、ネットアップのチームにご相談ください。

グローバルEBCプログラム

ネットアップのEBCプログラムの内容とお客様にお届けする価値をご確認ください。

オンライン ブリーフィング

詳細なパーソナライズされたオンライン ブリーフィングを申し込んで、ネットアップがビジネス目標の達成をどう後押しできるかお確かめください。