メニュー

NetApp Certified Hybrid Cloud Architect

認定資格を獲得するには、最初の一歩を踏み出してください。

Abstract shapes

お客様のビジネス要件を分析する方法や、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureなどのサポートされているパブリック クラウド プロバイダでハイブリッド クラウド環境にネットアップ データ ファブリック ソリューションを構築する方法に関するスキルと知識があることを証明します。

NCHC Architectのロゴと証明書は、NetApp Certified Hybrid Cloud Architect(NS0-603)試験と、次のいずれかのクラウド プロバイダ認定試験に合格した方に付与されます。

試験の準備

NCHC(NetApp Certified Hybrid Cloud Architect)認定資格を取得するには、お客様向けのソリューション設計と、ハイブリッド クラウド環境でのネットアップ データ ファブリック ソリューションの構築に携わった12~24カ月以上の現場経験が必要です。また、NetApp Certified Hybrid Cloud Architectの試験では、お客様のクラウド移行を支援し、クラウド プロバイダと連携して構築されたソリューションを提供するスキルも問われます。

推奨コース

NS0-603
NetApp Certified Hybrid Cloud Architect:

NetApp Universityトレーニング コースに登録するには、ネットアップ サポート サイトのアカウントが必要です。

試験

NetApp Certified Hybrid Cloud Architect(NS0-603試験)は60問の問題で構成されます。試験時間は2時間です。日本では、第一言語が英語でない受験者の試験時間が30分延長されます。

試験の結果は、受験日から3~5営業日後にCertCenterでご確認いただけます。

NetApp Certified Hybrid Cloud Architect(NS0-603)試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

要件の見極め

  • ハイブリッド クラウドに対する要件の見極めについての知識
  • クラウド コスト管理に関する考慮事項
  • ネットアップのハイブリッド クラウドの使用方法

ネットアップのハイブリッド クラウド ソリューション

  • ネットアップのハイブリッド クラウド ストレージ ポートフォリオに関する知識
  • ネットアップのパブリック クラウド サービス ポートフォリオに関する知識
  • ネットアップのクラウド コントロール ポートフォリオに関する知識

ハイブリッド クラウド アーキテクチャ

  • アーキテクチャ コンポーネントに関する知識

ビジネス保護とデータ保護

  • 可用性を考慮した設計に関する知識
  • 耐久性を考慮した設計に関する知識

ネットワーク

  • ハイブリッド クラウド ネットワーク トポロジに関する知識
  • ネットアップのハイブリッド クラウド ソリューションのネットワーク要件

サイジング

  • ハイブリッド クラウド ソリューションのサイジング方法
  • さまざまなビジネス要件に合わせたワークロード特性のサイジング

セキュリティ

  • ネットアップのハイブリッド クラウド環境のセキュリティに関する考慮事項
  • ネットアップのハイブリッド クラウド コントロール プレーンの保護方法

監視

  • ネットアップのハイブリッド クラウド ソリューションで監視すべき対象についての知識

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください(「Submit Ticket Online」から英語でお問い合わせください)。