メニュー

NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator

認定資格を獲得するには、最初の一歩を踏み出してください

薄い緑の背景の前に紫のらせん階段があります

NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator認定資格は、詳細なサポート、管理機能、データ保護機能を実行するスキルがあることを証明します。また、クラウド データ サービスのセキュリティや、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureなどのサポートされているパブリック クラウド プロバイダ内でのネットアップのクラウド データ サービスの導入とパフォーマンス管理に関する詳細な知識があることも証明します。さらに、ハイブリッド クラウド環境でネットアップのデータ ファブリック ソリューションを管理できる能力も示すことができます。

取得準備

NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator認定資格を取得するには、クラウド上でのネットアップ データ管理ソリューションの管理に携わった6~12カ月以上の現場経験が必要です。NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator試験では、Cloud Volumesサービス、Cloud Volumes ONTAP、Cloud Manager、Cloud Sync、SaaSバックアップ、StorageGRIDの使用に関する実用的な知識も問われます。

推奨コース

NS0-303
NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator:


NetApp Universityトレーニング コースに登録するには、ネットアップ サポート サイトのアカウントが必要です。

試験

NetApp Certified Hybrid Cloud Administrator(NS0-303試験)は60問の問題で構成されます。試験時間は1時間30分です。日本では、第一言語が英語でない受験者の試験時間が30分延長されます。

試験の結果は、受験日から2~5営業日後にCertCenterでご確認いただけます。

NS0-303試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

NetApp Hybrid Cloud Fundamentals

  • ネットワークの概念
  • コンピューティング概念
  • ハイブリッド クラウド ストレージの基礎
  • 設定を自動化する方法
  • 可用性の概念


実装

  • CVOのプロビジョニング方法
  • CVSまたはANFプロビジョニング方法
  • NetApp StorageGRIDソリューションのプロビジョニング方法
  • ネットアップのクラウド管理ツールをプロビジョニングする方法


管理

  • ネットアップのハイブリッド クラウドの管理方法
  • ネットアップがサポートするコンテナ ソリューション
  • ハイブリッド クラウド ワークロード向けのネットアップのデータ保護オプションに関する知識


セキュリティ

  • データ セキュリティの概念
  • データ コンプライアンスの概念


トラブルシューティング

  • ハイブリッドクラウドの監視ツール
  • ネットアップ ハイブリッド クラウド ソリューションのトラブルシューティング


ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください。