メニュー

指示通りに機能するインフラはあらゆるアプリに求められています。

クラウドネイティブ アプリケーションに適したインフラを構築すれば、シンプルさが要求されるデータとインフラの管理が実現できます。ネットアップのCEO、George KurianがクラウドとKubernetesのメリットを最大限活用する方法を解説するビデオをご覧ください  

George Kurianのビデオス クリーンショット

Kubernetesについてご説明する機会を設けています。

DevOpsからCloudOpsまで、ウェビナーやオンライン ブースなど、2021年のイベントカレンダーは盛りだくさんです。特別なプレゼンテーションやVIPとの交流会など、様々なイベントにぜひご参加ください。

紫色の背景の右側にオフセット2Dで配置された紫色の正方形

Kubernetesでステートフル アプリケーションを放置したらもったいない。

Kubernetes上のステートフルなアプリケーションには、従来のアプリケーションと同様のニーズがあります。4月22日のウェビナーでは、ネットアップのフルマネージド サービスであるNetApp Astraを活用して、Kubernetes上でデータをシームレスに保護し、ディザスタ リカバリに備え、ビジネス クリティカルなデータやアプリケーションを移行する方法をご紹介します。

ご登録はこちら
Red Hat Summitカード バンドの画像

Red Hat Summit 2021

2021年4月27日~28日

ネットアップとRed Hatの提携により、Kubernetesのデータとアプリケーションの管理や保護がどのように行われているのかをご紹介します。

KubeCon 2021オンライン イベント広告

KubeCon Europe 2021

2021年5月4日~7日

CNCFのフラッグシップイベントに参加して、自動化、最適化、そしてKubernetesの最新情報についてクラウドネイティブ コミュニティと一緒に語り合いましょう。

オンライン イベント広告

JFrog swampUP 2021 AMERICAS

2021年5月25~27日

トレーニング、分科会、ネットアップでの特別なケーススタディを含むプレゼンテーションで、最新のDevOpsに触れることができます。

すばやく構築より簡単に。最高のKubernetes環境を。

クラウドネイティブのアプリケーションの導入はシンプル、高速、効果的であるべき。これを妥協するわけにはいきません。それはどんな 環境にも言えることです。新興企業からエンタープライズクラスの大企業まで、ステートレスからステートレスまで、ビッグデータからさらに膨大なデータセットまで、データとインフラのシンプルな管理を思いどおりに実現できます。オートメーションを活用することで、あらゆるクラウドやオンプレミスでKubernetesを実行するクラウド インフラを継続的に最適化、監視できます。

Kubernetesの複雑さを解消

Kubernetesで悩むのはもうやめましょう。クラウドの無駄も、バルーニング コストも、ステートフルでミッションクリティカルなアプリケーションを導入する際の複雑な作業もなくしましょう。今こそ、Kubernetesの最適化と本格的なデータ管理を自動化するときです。つまり、スプレッドシートで管理する必要はなくなるのです。 

紫の背景に、紫色の小さな球体が集まって大きな球体を形成

ネットアップの最新ソリューション

ネットアップは、Kubernetesの課題で悩む何千ものお客様を支援してきました。そして、製品ラインナップをさらに拡充しました。もう手動でのプロビジョニングは不要。バックアップやディザスタ リカバリの心配もありません。オンプレミスでもクラウドでも、信頼性、拡張性、コスト効率に優れたインフラを構築。Sparkクラスタを自動的かつ継続的に最適化など、他にも多数の新機能があります。

紫の背景に、重なった紫の波

Spot Wave

Kubernetes上のSparkビッグデータ アプリケーションのクラウド インフラを自動的かつ継続的に最適化します。

紫の背景に、紫の木製の星形オブジェクト

Astra

Kubernetesワークロードのストレージ プロビジョニングとアプリケーション データの管理をフルマネージドで実現できます。

紫の背景に順番に並べられた、紫の半円の円筒

Cloud Insights for Kubernetes

Kubernetesのトポロジを分析、把握し、アプリケーションのパフォーマンスとリソースを最適化できます。

スピードが新しい尺度です。CI/CDは継続的な最適化で補完する必要があります。ネットアップのソリューションはインフラとデータ管理を簡易化、自動化するため、Kubernetes、オンプレミス、クラウドのどの環境でも、クラウドネイティブ アプリケーションを簡単に提供、実行、拡張できます。

ネットアップ クラウド担当シニア バイス プレジデント兼ゼネラルマネージャー、Anthony Lye

Astraのプレスリリース > Spot Waveのプレスリリース
Anthony Lye

Kubernetesをスマートに活用する日々

イノベーションには社会全体が必要になります。ネットアップのパートナーであるDataStax社、Iguazio社、Percona社が、Kubernetesの進化や、協力的なエコシステムがこれまで以上に重要であることを語りました。

パートナーの座談会はこちら

企業における Kubernetes の導入はまさに2021年に相応しい動きです

Nigel Poulton、Kubernetes、Dockerの専門家は、当社のKirk Ryanと会い、企業がKubernetesを一層活用でき、またすべきであるという点について話しました。新たな手段の再発明やKubernetesの専門家になる必要はありません。現在の強みと投資を活かして成功する方法を説明します。

NigelがKubernetesについてお話しする「Kirk in the Cloud」のエピソードはこちら
Nigel Poulton氏の写真

詳細はこちら