メニュー

ネットアップの経営陣

青の背景に並べられた青いタイル

経営幹部

George Kurian CEO(最高経営責任者)、ディレクター

web-execphotos-George-Kurian

George Kurianはネットアップの最高経営責任者で、取締役会の役員も務めています。2011年にネットアップに入社して以来、情熱を持って徹底したリーダーシップを発揮し、2015年6月にCEOに指名されました。

以前は、製品オペレーション担当エグゼクティブ バイス プレジデントとして、ネットアップの製品とソリューションのラインナップに関して、戦略や開発を担当していました。それ以前は、 Data ONTAPグループのシニア バイス プレジデントを務め、Data ONTAPオペレーティング システムの開発を統括していました。

ネットアップには、ストレージ ソリューション グループのシニア バイス プレジデントとして入社し、ソリューションのラインナップや共同パートナーのテクノロジに関する統合を担当しました。

ネットアップに入社する前は、Cisco Systemsでアプリケーション ネットワーキングおよびスイッチング テクノロジ グループのバイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーを務めたほか、Akamai Technologiesのバイス プレジデント、McKinsey and Companyの管理コンサルタント、Oracle Corporationのソフトウェア エンジニアリング チームと製品管理チームのリーダーなどを歴任しました。

Kurianは、国際的な医療サービス会社Cigna Corporationの社外取締役も務めています。

プリンストン大学で電気工学の学士号を、スタンフォード大学でMBAを、それぞれ取得しています。

César Cernuda プレジデント

  web-execphotos-César-Cernuda 

ネットアップのプレジデントに就任したCésar Cernudaは、ネットアップのグローバルな市場参入戦略部門のリーダーとして、営業、マーケティング、サービス、サポート、カスタマー サクセスのすべての指揮にあたっています。Cernudaには、25年以上にわたってシニア リーダーとして活躍した経験があり、これからはそれを基に、ネットアップが迅速に変革を遂げ、エンタープライズ ストレージ システムとクラウド データ サービスの領域で新たな成長機会を獲得できるよう尽力してまいります。

確かな結果を生み出すことへの情熱、優れた働きをする多様性に富んだチームの構築への決意、ビジネス変革を成し遂げてきた経験を活かし、お客様を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、常に成功するネットアップを目指します。

特に重視しているのが、お客様の成功を加速し、さまざまなデジタル チャネルを通じてお客様と関われる環境を迅速に構築することです。また、主要なクラウド プロバイダを始めとする重要な戦略的パートナーとのパートナーシップを拡大し、すべてのエンタープライズのデジタル変革で、中心的役割を果たす確かな存在としてネットアップを位置付けたいとも考えています。

ネットアップに入社するまでは、営業、マーケティング、製品開発のさまざまな分野でリーダーシップをとってきました。世界を舞台に、20年以上にわたって主要な市場でビジネスを立ち上げ、成長させてきた経験があります。上級管理者とてして23年間在職したMicrosoftでは、Microsoft Dynamics部門のワールドワイド セールスおよびマーケティング担当バイス プレジデント、Microsoft Asia-Pacificのプレジデントを務めました。直近では、Microsoft Latin America and CaribbeanのプレジデントとMicrosoftのコーポレート バイスプレジデントとして、同社の市場変革を成功させたほか、ビジネスの急成長に大いに貢献しました。

Cernudaはさらに、自動車部品の設計、開発、製造を専門に手掛けるグローバル企業、Gestampの社外取締役、ジョージタウン大学マクドナウ ビジネス スクールの諮問委員会メンバー、Princess of Asturias Awards for Technical and Scientific Researchの審査員も務めています。2019年には、在米スペイン商工会議所からPonce de Leon Award for Executive of the Year賞を授与されました。2018年と2019年には、ハイテク業界で世界的に活躍するスペイン人と中南米人から、Hispanic IT Executive Councilが50人を選出して表彰するHITEC 50に選ばれました。

Cernudaは、ハーバード ビジネス スクールのエグゼクティブ向けリーダーシップ プログラムを修了しています。また、スペインのナバラ大学IESEビジネス スクールで経営開発プログラム(PDD)を修了し、同じく、スペインのESIC大学で経営管理およびマーケティングの学士号を取得しています。

Brad Anderson ハイブリッド クラウド グループ担当エグゼクティブ バイス プレジデント

web-execphotos-Brad-Anderson

Brad Andersonは、ネットアップ ハイブリッド クラウド サービスおよびネットアップ基盤データ サービス事業担当エグゼクティブ バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー(PDD)を務めています。ネットアップのソリューション ポートフォリオを提供するための戦略の策定と推進を担当しており、お客様がクラウド統合フラッシュ ソリューションでITを刷新し、パブリック クラウドと同レベルのサービスとエクスペリエンスを提供するプライベート クラウドやハイブリッド クラウドを構築できるよう支援しています。

Andersonは、業界標準サーバ担当シニア バイス プレジデント兼GMとしてHP Compaqに9年間在籍し、同社の80億ドル規模のx86サーバ事業を指揮していました。またDellでは、120億ドル規模のエンタープライズ ソリューション グループ担当代表取締役兼GMとして、サーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアの4事業を7年間にわたって統率しました。DellのEqualLogic、Compellent、Force10買収に一役買っただけでなく、それぞれの事業を発展させ、ストレージとネットワークではほぼOEM頼りだった同社のビジネス モデルを変革しました。ネットアップに入社する前は、クラウド サービス ブローカー プラットフォーム企業のGravitantで社長兼最高執行責任者を務め、事業の拡大とIBMへの事業売却に尽力しました。

Andersonは、テキサスA&M大学で石油工学の理学士号を、ハーバード ビジネス スクールでMBAをそれぞれ取得しています。

Mike Berry エグゼクティブ バイス プレジデント、CFO(最高財務責任者)

web-execphotos-mike-berry

Mike Berryは、IT業界のベテランであるだけでなく、金融、経営、管理全般に関しても豊富な経験を有しています。ネットアップに入社する前は、McAfeeでエグゼクティブ バイス プレジデントとCFO(最高財務責任者)を務め、財務企画、会計、税務、資金管理などの財務に関するあらゆる業務だけでなく、運用や共有サービスも統括していました。

2017年2月にMcAfeeに入社する前は、FireEyeでエグゼクティブ バイス プレジデント、CFO(最高財務責任者)およびCOO(最高執行責任者)を務めていました。それ以前は、Informaticaのエグゼクティブ バイス プレジデント兼CFOでした。過去には、SolarWindsやi2 Technologiesをはじめとするさまざまなテクノロジ企業で、財務にとどまらない、さまざまなオペレーションを指揮していました。

BerryはAugsburg Collegeで財務学の学士号を、University of St.ThomasでMBAを取得しています。Rapid7およびFinancialForceの取締役会にも名を連ね、監査委員会の委員長を務めています。

Matthew Fawcett エグゼクティブ バイス プレジデント、最高戦略/法務責任者

web-execphotos-Matt-Fawcett

Matthew Fawcettは、ネットアップの最高戦略/法務責任者です。会社の戦略および開発、ガバメント リレーションズ、世界各地の法務部門を率いるとともに、コーポレート セクレタリーも兼任。イノベーション、テクノロジ、法律の仲介役としてリーダーシップを発揮しています。 

これまでのキャリアを通じ、業界をリードするテクノロジ企業において、M&A、知的財産、訴訟など、さまざまな法的問題についてアドバイスを行ってきました。ネットアップに入社する前は、JDS Uniphase Corporationでシニア バイス プレジデント兼ゼネラル カウンセルを務めたほか、個人事業主としても活躍しました。 

Fawcettは、カリフォルニア大学バークレー校で修辞学の学士号を、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で法務博士号を取得しています。

Anthony Lye ネットアップ パブリック クラウド サービス事業担当エグゼクティブ バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー

web-execphotos-anthony-lye   

Anthony Lyeは、ネットアップでパブリック クラウド サービス事業担当のエグゼクティブ バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーを務めています。プライベート クラウド モデル、ハイブリッド クラウド モデル、ハイパースケーラ モデルにわたってネットアップのクラウド イノベーションを進展させる戦略を立案、実行し、クラウド統合環境でのデータ管理においてネットアップを誰もが認めるリーダーとして確立する責務を担っています。

Lyeは、開発、製品管理、マーケティング、営業の分野でさまざまな役職に就くとともに、ハイテク企業のCEOを2度務めるなど、25年以上に及ぶ多種多様なリーダーシップ経験を経てネットアップの一員となりました。この15年間は主にクラウド イノベーションに注力し、最近はGuidewire Softwareでエグゼクティブ バイス プレジデントと最高クラウド責任者を務めました。また、OracleではCRM担当のシニア バイス プレジデントとゼネラル マネージャーを務めていました。そのほか、グローバル チームのリーダーとして開発者コミュニティと連携することで、アプリケーションやプラットフォームの構築に関する実践的な経験を積んできました。

それ以前には、レストラン業界、小売業界、ホスピタリティ業界向けのアプリケーションを開発する特定業種向けクラウド企業HotSchedulesで社長兼CEOを務めました。また、世界最大のデジタル広告代理店Publicisでは、デジタル プラットフォーム、顧客関係管理、チャネル担当グローバル プレジデントを務めていました。さらに、Siebel Systems、Remedy Corporationでシニア リーダーを務めた経験もあります。

Lyeは、英国のバース大学で工学学士号を取得しています。Spoken Communicationsの中心メンバーであると同時にバース大学の理事会メンバーでもあり、スタートアップ企業とベンチャー ファンドの両方に対する投資活動も行っています。

Debra McCowan エグゼクティブ バイス プレジデント兼CHRO(最高人事責任者)

web-execphotos-debra-mccowen   

Debra McCowan は、ネットアップのエグゼクティブ バイス プレジデント兼最高人事責任者です。グローバルな人事戦略を策定し、人材の獲得、人材の育成と学習、ビジネス パートナーシップ、組織開発と有効性、報酬と福利厚生、多様性、包括性と帰属性、運用業務、システムなど、組織全体をリードする責任を負います。

McCowanは、人事戦略とビジネス戦略を統合して業績と成長を促進し、組織の健全性を推進することに重点を置いた、20年以上のグローバルな経験を持つ変革と変革の人事リーダーです。彼女の成功は、急速な成長、変化、成熟という典型的な流れにおいて、戦略的および運用上のリーダーシップを提供しながら、高いパフォーマンスと目標を達成するチームを構築し、革新的でビジネスと連携した人事戦略とイニシアチブを開発する実証済みの能力に由来するものです。

前職のEquinixでは、最高人事責任者として、急速に変化する環境で強固なグローバル人事機能を構築しました。彼女がいた5年間で、グローバル人事部門は、Equinixの文化の進化、企業ブランドの構築、およびビジネス目標をサポートする最先端のプログラムとイニシアチブの設計/実施を推進するまでに発展。優秀な人材を獲得して定着させることによって、Equinixのマーケット リーダーとしての地位を築き上げることにも貢献しました。

Equinixに入社する前は、Accelerance Groupを共同設立。パートナーとして組織およびシステム設計のコンサルティング サービスを提供し、クライアントが戦略的に変革を主導できるよう支援しました。また、Avago Technologies (現在のBroadcom Inc.)、日立データ システムズ(現在の日立ヴァンタラ)、Telstra Corporationでグローバル エグゼクティブ リーダーシップの役割を歴任しました。

McCowanは、HealthEquity, Inc.の取締役も務めています。メルボルン大学で産業関係と人事管理に関するポストグラデュエイト ディプロマを取得し、ラ トローブ大学で英文学の学士号を取得しています。

James Whitemore エグゼクティブ バイス プレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)

web-execphotos-James-Whitemore  

James Whitemoreは、ネットアップのエグゼクティブ バイス プレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)です。市場拡大の促進に向けて、会社のグローバル マーケティング戦略を推進し、市場認知度を強化する立場にあります。

クラウド コンピューティング、ネットワーク、およびストレージの業界の経験が豊かで、グローバル セールス、製品管理、マーケティングの分野で25年以上にわたって戦略を主導、導入した実績があります。2016年初めにSolidFireが買収されたことでネットアップに加わって以降は、チームの要としてマーケティング戦略の策定と遂行で中心的な役割を果たし、ネットアップの位置付けをストレージ企業からデータとクラウドの企業へと変えました。

ネットアップのフィールドおよびデマンド マーケティング部門でバイス プレジデントを務めた際には、最新のデマンド エンジンの構築と主導を担ったほか、フィールドおよびパートナー マーケティング、デマンド センター、グローバル キャンペーン、イベント マーケティング、デジタル マーケティング、ソーシャル / インフルエンス / コミュニティ マーケティングを取り仕切りました。

Whitemoreは英国のノーザンブリア大学で経営学の学士号を取得しています。

取締役

George Kurian CEO(最高経営責任者)、ディレクター

George Kurianはネットアップの最高経営責任者で、取締役会の役員も務めています。2011年にネットアップに入社して以来、情熱を持って徹底したリーダーシップを発揮し、2015年6月にCEOに指名されました。

以前は、製品オペレーション担当エグゼクティブ バイス プレジデントとして、ネットアップの製品とソリューションのラインナップに関して、戦略や開発を担当していました。それ以前は、 Data ONTAPグループのシニア バイス プレジデントを務め、Data ONTAPオペレーティング システムの開発を統括していました。

ネットアップには、ストレージ ソリューション グループのシニア バイス プレジデントとして入社し、ソリューションのラインナップや共同パートナーのテクノロジに関する統合を担当しました。

ネットアップに入社する前は、Cisco Systemsでアプリケーション ネットワーキングおよびスイッチング テクノロジ グループのバイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーを務めたほか、Akamai Technologiesのバイス プレジデント、McKinsey and Companyの管理コンサルタント、Oracle Corporationのソフトウェア エンジニアリング チームと製品管理チームのリーダーなどを歴任しました。

Kurianは、国際的な医療サービス会社Cigna Corporationの社外取締役も務めています。

プリンストン大学で電気工学の学士号を、スタンフォード大学でMBAを、それぞれ取得しています。

Mike Nevens 取締役会長、コーポレート ガバナンスおよび指名委員会委員長、監査委員会委員

Mike Nevensは、ネットアップの取締役会長です。

2009年12月にネットアップの取締役に任命されました。Nevensは、210億ユーロの資金を運用する国際的な民間資本エクイティ ファンドのペルミラのシニア アドバイザーを務めています。また、Altera CorporationおよびCiena Corporationの取締役会のメンバーにも就任しています。Nevensはサンノゼ美術館の理事も務めています。さらに、ノートルダム大学のメンドーサ カレッジ オブ ビジネスの諮問委員会のメンバーでもあり、コーポレート ガバナンスおよび戦略に関する授業を担当する非常勤教授でもあります。

NevensはMcKinsey & Co.の取締役(シニアパートナー)を2002年に退任しました。McKinseyではグローバル テクノロジーのプラクティスを主導しました。また、経済および政策に関する問題を調査するMcKinsey Global Instituteの取締役も務めました。

Nevensは、ノートルダム大学理学部で理学士、パデュー大学のKrannert Schoolで経営学修士号をそれぞれ取得しました。Krannertでは優秀な学生として認定されました。カリフォルニア州ロスアルトスヒルズ在住で、妻のYvonneと暮らしています。

Deepak Ahuja 監査委員会メンバー

Deepak Ahujaは、2020年に最高財務責任者(CFO)としてVerilyに入社しました。過去には2008年から2015年、および2017年から2019年までTeslaでCFOを務めていました。Teslaに最も長く勤務した幹部の1人であるDeepakは、Teslaのスタートアップ企業から大企業への発展に貢献しました。AhujaはTeslaの最初の財務責任者であり、同社の成長を加速させるために数十億ドルの資本を調達することに加えて、IPOを通じて同社を支援しました。Teslaに入社する前は、Ford Motor Companyに15年間在籍し、製造、マーケティングおよび販売、製品開発、財務、および事業買収/売却の分野での経験を積み重ねてきました。Ahujaは、Silicon Valley Business Journalによって、2010年を代表する小規模上場企業のCFOとして選出されました。2014年には、San Francisco Business Times紙によって、その年を代表する大規模企業のBay Area CFOとして選出されました。Ahujaは、カーネギー メロン大学で産業管理学の修士号を、ノースウェスタン大学で材料工学の修士号を、インドのバナーラス ヒンドゥー大学でセラミック工学の技術の学士を取得しています。

Dr.Jerry Held 報酬委員会メンバー

Dr.Gerald Heldは2009年12月にネットアップの取締役に任命されました。Dr.Heldは、Held Consulting LLCのCEOとして、テクノロジー関連企業のCEOや上級幹部に戦略的コンサルティングを指南しています。

1998年、Dr.HeldはベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byersで「客員CEO」を務めました。1997年までは、Oracle Corporationのサーバー製品部門のシニア バイス プレジデントを務め、年間売上が150億ドルから600億ドルへと急速に成長した時期の最重要製品の責任者として活躍しました。Oracleに勤務する前は、Tandem Computersに在籍し、創業時から年間売上高20億ドルへの成長に導いた経営陣の一員として18年間働いていました。Tandemでの在職中、Dr.Heldは複数の上級管理職に任命され、最高技術責任者、戦略担当上級副社長、新規事業担当副社長などを歴任しました。また、Tandemのリレーショナルデータベース製品の初期開発を主導しました。

2006年から2010年までは、 Hewlett-Packard Companyが買収した分析データベース会社Vertica Systemsの取締役会長を務めました。さらに、Business Objects SA、Tandem Computers, Inc.、Oracle Corporation、Microplace, Inc.、Bella Pictures, Inc.など、さまざまなテクノロジ企業の重役を担いました。現在は、Tamr Inc.、Madeket Inc.、Informatica Corporation など、以前公共技術会社であった民間企業の取締役も務めています。

Dr. Heldは、パデュー大学で電子工学の理学士号、ペンシルバニア大学でシステム工学の理学修士号をそれぞれ取得し、カリフォルニア大学バークレー校においてはINGRESリレーショナル データベース管理システムの初期開発を主導し、コンピューター サイエンスの博士号を取得しました。

Kathy Hill 報酬委員会委員長、コーポレート ガバナンスおよび指名委員会メンバー

Kathy Hillは、1997年から2013年まで、Cisco Systems, Inc.で多数の役職を歴任しました(2011~2013年はエグゼクティブ アドバイザー、2009~2011年は開発戦略および運用担当シニア バイスプレジデント、2008~2009年はアクセス ネットワークおよびサービス グループ担当シニア バイス プレジデント、2005~2008年はイーサネット システムおよびワイヤレス テクノロジー グループのシニア バイス プレジデント)。Ciscoに入社するまで、Hillはさまざまなテクノロジー企業で数多くのエンジニアリング部門を担当していました。現在は、金融市場の信用格付け、研究調査、ツールおよび分析を提供しているムーディーズの取締役を務めており、 アニタ ボルグ女性と技術研究所の理事でもあります。

Hillは、ロチェスター工科大学で数学の理学士号を取得しています。

Deborah Kerr 監査委員会メンバー

Deborah Kerrは2017年11月に取締役に任命されました。民間企業および公企業に対するアドバイザー、ディレクター、コンサルタントとして機能する、製品およびテクノロジー担当のエグゼクティブです。また、International Airline Group、Chico’s FAS、およびEXLService Holdings, Inc.の取締役も務めています。それ以前は、DH CorporationおよびMitchellの取締役会の一員でした。

Kerrは、2019年1月からWarburg Pincusのマネージング パートナーであり、2017年10月から2018年12月までは同社のシニア アドバイザーを務めました。2013年から2017年までは、旅行および運輸業界向けのソフトウェアおよびサービステクノロジープロバイダーであるSaber Corporationで、エグゼクティブ バイス プレジデント兼最高製品/技術責任者の職にありました。Sabre Corporationでの役職の前は、2009年から2012年まで、Fair Isaac Corporationでエグゼクティブ バイス プレジデント兼最高製品/技術責任者を務めました。また、Hewlett-Packard、Peregrine Systems、NASAのジェット推進研究所でさまざまな技術のリーダーとして活躍した実績を持ちます。

Kerrはコンピュータ サイエンスの理学士と心理学の文学士を取得しています。彼女は夫のアランとともにテキサス州ダラス在住です。

Scott Schenkel 監査委員会委員長

Scott Schenkelは2017年11月に取締役に任命されました。医療、テクノロジー、商取引の業界で25年以上にわたり、ビジネスおよび財務面のリーダーとして活躍した実績を持ちます。運用に重点を置いたCFOであったことから、その経験は財務計画と分析、戦略、監査、合併と買収、買収の統合、シックスシグマ、プロセスの改善など、多岐にわたります。

Schenkelは、2019年9月から2020年4月まで、eBay, Inc.の暫定最高経営責任者(CEO)を務めました。2007年にeBay, Inc.に入社し、2015年から2019年まで財務、分析、情報テクノロジをリードするシニア バイス プレジデント兼最高財務責任者(CFO)を務めました。2009年から2015年までは、eBay Marketplaceのシニア バイス プレジデント兼CFO、グローバル財務計画および分析担当バイス プレジデントを歴任しました。 

それ以前はGeneral Electricに17年近く勤務し、さまざまな財務業務に携わっていました。最終的にはグローバルな医療機器および臨床情報テクノロジー ソリューション プロバイダーである、GE Healthcare Clinical SystemsのCFOとなりました。その前はオランダを拠点とするGE Plastics EuropeのCFO、さらにその前はロンドンとブダペストに拠点を置くGE Lighting EuropeのCFOも務めました。GEでは、6年以上にわたっての内部監査グループに在籍し、企業戦略、合併および買収、買収統合、財務およびコンプライアンスの監査およびコンサルティング業務に従事しました。Schenkelのキャリアは、ノースカロライナ州の配電部門でのGEの財務管理プログラムに関与する形でスタートしました。

Schenkelはバージニア工科大学のパンプリン カレッジ オブ ビジネスで理学士を取得しました。

George Shaheen 報酬委員会メンバー、コーポレート ガバナンスおよび指名委員会メンバー

George T.Shaheenは2004年6月にネットアップの取締役に任命されました。Shaheenのテクノロジー業界における輝かしいキャリアは30年以上にわたります。Siebel Systems社のCEO、Webvan Group Inc.のCEO兼会長、そして後にアクセンチュアとなるAndersen Consultingで1989年から1999年にかけてCEO兼グローバル マネージング パートナーを歴任。世界経済フォーラムのIT総裁も務めました。現在は、Marcus & Millichap、Green Dot Corporation、Korn/Ferry International各社の取締役会メンバーです。

Shaheenは、イリノイ州ピオリアにあるブラッドレイ大学で経営学修士号と理学士号を取得しており、母校の大学の評議員会に入っています。

Carrie Palin 報酬委員会メンバー

Carrie Palinは、 Splunkのマーケティングおよびコミュニケーション戦略を統括するシニア バイス プレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)です。Splunkでは、ブランドの一新に取り組み、同社のクラウド変革の成功に貢献しています。多様性、公平性、包括性を重んじ、 Splunkの Pride社員とNeurodiversity社員の両方のリソース グループ、そしてWomen in Technology(テクノロジー領域における女性の活躍)運動のエグゼクティブ スポンサーを担っています。Splunk以前は、SendGrid(Twilioによって買収)とBox, Inc.でシニア バイス プレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)、IBMでクラウド データ サービス部門のマーケティング担当バイス プレジデントを歴任したほか、Dellでは16年間にわたり、マーケティングに関わるさまざまな分野でリーダーとして活躍しました。

Palinは、テキサス クリスチャン大学でコミュニケーションの学位を取得しています。

ネットアップの詳細

当社は、信頼できるエンタープライズ クラスのデータ サービスをクラウドにもたらすとともに、クラウドのシンプルな柔軟性をデータセンターにもたらします。これを実現するために、当社は多様な環境と世界最大のクラウドで機能する、業界トップのソリューションを提供しています。
黄色の背景に並べられた青と黄色のタイル

ネットアップの環境への取り組み

ネットアップは、国際的な環境基準を満たし、さらにその基準を上回る環境に配慮した製品やサービスを提供し、継続的な環境改善の実現に取り組んでいます。この目的を達成するために、ネットアップは事業を展開する国や地域のあらゆる適用法や規制を完全に遵守しています。
緑色のシャツを着た男性