メニュー

ONTAP Selectライセンス サービス

David Peterson
2,999 人が閲覧

ONTAP Selectのライセンス サービス NetApp ONTAP Selectクラスタを本番環境に導入する場合、容量階層または容量プールのライセンス モデルを使用して、ノード ストレージのライセンスを購入できます。ライセンス モデルに加えて、ライセンス サービスまたは容量レベルも選択する必要があります。ライセンス サービスでは、ライセンス モデルにかかわらず、ONTAP Select仮想マシンのサイズや使用可能なストレージ オプションと機能が決定されます。

本番環境への導入向けライセンスの概要

次の図は、上から下に向かって決定事項と依存関係のフローを示すライセンス プロセスのコンセプト概要を示しています。実際の導入では、これらの決定と関連タスクはそれぞれ個別に実行することも、並行して実行することもできます。ここでは、ライセンス ファイルの取得やDeployへのアップロードなど、一部の管理詳細については省略しています。

NetAppが提供する柔軟なONTAPライセンス モデル まず、ストレージのライセンス方法を決定するライセンス モデルを選択します。大容量階層を使用する場合は、ONTAP Selectの各ノードに特定の最大容量を使用するライセンスが付与されます。容量プールの場合は、代わりに共有プールのライセンスが付与され、ノードは必要に応じてプールから容量を動的にリースします。詳細については、『 Using Capacity Pools Storage Licensing with ONTAP Select 』を参照してください。

ライセンス モデルに加えて、ライセンス サービスも選択する必要があります。選択すると、ONTAP Select仮想マシンの許容サイズと3つの事前定義されたインスタンス タイプが決まります。ライセンス サービスでは、次のようなストレージ オプションも定義されます。

  • ハード ディスク ドライブ(HDD)とソリッドステート ドライブ(SSD)
  • ハードウェアRAIDとソフトウェアRAID
  • 直接接続型ストレージ(DAS)と外付けストレージ(vNAS)
インスタンス タイプとストレージ オプション以外にも、選択したライセンス サービスに応じて、その他の機能を使用できる場合があります。最後に、ONTAP Selectクラスタを導入する前に、各ハイパーバイザー ホストが、選択した仮想マシンのインスタンス タイプとストレージ オプションの最小ハードウェア要件を満たしていることを確認する必要があります。

ここまで、ライセンス プロセスと依存関係の概要について説明してきました。次に、詳細をいくつか見ていきましょう。

ライセンス サービス レベル

ONTAP Selectは、3種類のレベルのライセンス サービスを提供しています。選択したライセンスでは、そのレベルとすべての下位レベルの機能を使用できます。次の表に、ライセンス サービスの概要を示します。

ONTAP Selectライセンス サービス レベル 注: ご利用のONTAP Selectのバージョンによっては、Premium XLライセンスと大規模インスタンス タイプのハードウェアRAIDとvNASに関する制限がある場合があります。最新情報については、 ONTAP Select製品ライブラリ からリリース ノートおよびその他のドキュメントを参照してください。

各インスタンス タイプの最小ハードウェア要件

各ハイパーバイザー ホストが、選択した仮想マシンのインスタンス タイプの最小ハードウェア要件を満たしていることを確認する必要があります。次の表に、3つのインスタンス タイプの要件をまとめます。

各インスタンス タイプの最小ハードウェア要件

想定される導入シナリオ

ここでは、ONTAP Selectライセンスの特長を示す仮定の導入シナリオをいくつか紹介します。
  1. PremiumライセンスではハードウェアRAIDを使用できますか。

    はい。Premiumライセンスは、ハードウェアとソフトウェアの両方のRAIDをサポートします。導入環境に適したRAIDタイプを選択できます。
  2. Premium XLライセンスでは小規模インスタンス タイプを使用できますか。

    はい。各ライセンス レベルでは、そのレベルとすべての下位ライセンス レベルの機能がサポートされます。Premium XLライセンスを使用する場合は、インスタンス タイプに小規模、中規模、大規模のいずれかを選択できます。
  3. StandardライセンスでSSDを使用できますか。

    いいえ。Standardライセンスでは、HDDドライブのみがサポートされます。SSDを使用する場合は、PremiumまたはPremium XLライセンス サービスにアップグレードする必要があります。

今すぐ始めましょう

ONTAP Selectのライセンス サービスの詳細については、 NetAppドキュメント:『ONTAP Select』 の「ライセンス」および「プラン」のセクションをまず確認してください。また、評価版ライセンスのほかに、ライセンスの取得と適用に必要な管理手順についても確認できます。

David Peterson

David PetersonはNetAppでシニア テクニカル ライターを務めており、現在はREST APIと自動化のドキュメント作成に注力しています。彼はまた、ONTAP Selectをはじめとするいくつかの製品を完全にドキュメント化し、StorageGRIDやONTAP Pythonクライアント ライブラリなど、その他の各種プロジェクトにも携わってきました。ドキュメント作成以外にも、継続的なドキュメントの移行と最新化の取り組みを支援するために、いくつかのPythonユーティリティも提供しました。NetAppに入社する前は、ソフトウェア エンジニア、テクニカル インストラクター、カリキュラム開発者として長年活躍していました。プライベートでは、ゴルフとランニングを楽しんでいます。バージニア工科大学で、電気工学の学位を取得しています。

David Petersonの投稿をすべて見る

次のステップ

Drift chat loading