メニュー

ネットアップ:イノベーションの歴史

ネットアップは、ダイアルアップしてインターネットを使用すると、ビー、パチパチ、ピーという音が聞こえていた1992年に始まりました。ハイテク企業の歴史はネットアップの歴史です。私たちは生き残っただけではありません。新しい変化の波をすべて見越しては、最先端のテクノロジを提供し、ビジネスを前へと進めてきました。

ドーナツ形のオブジェクト
当社の歩み

当社は歴史を通じて、さまざまな変化の波とともに移り変わり、成長してきました。実際、プロサーファーのケリー・スレーターのように自ら波に向かい、波に乗って急成長しました。インターネットの台頭から、垂直市場の大企業顧客の支援、新しいシステムの市場投入まで、当社の戦略は常に、お客様が新しいテクノロジの可能性を最大限に活用できるよう支援することを中心に形作られてきました。そして現在、私たちは業界最大手のクラウド プロバイダとの提携を通じて、最高のハイブリッド クラウドをお客様に提供することに全力を投じています。

米カリフォルニア州サンノゼのサンタナロウにあるネットアップのオフィス

米カリフォルニア州サンノゼのサンタナロウにあるネットアップのオフィス

ネットアップが業界に投じた画期的製品や革新的テクノロジから、業界リーダーとしての位置付けに役立った主なものをいくつかご紹介します。

1992年:創成期とストレージ効率化テクノロジの誕生

ネットアップ創業。Snapshot™テクノロジを投入し、NASシステムのイノベーターとして登場

2000年:データ保護がますます手頃な価格に

SnapMirror®レプリケーション テクノロジをリリース

2002年:ユニファイド ストレージの運用が標準に

ネットアップが業界初の統合SAN / NASアプライアンスを構築

NetApp FAS product photo

2004年:ストレージを効率化する複合的な機能を導入

シンプロビジョニングとFlexClone®テクノロジをリリース

2007年:仮想化環境のメリットを最大化

プライマリ ストレージとセカンダリ ストレージに対応した業界初の統合重複排除機能を開発

person checking datacenter

2012年:よりアジャイルなデータ インフラの需要

ネットアップは、SAN / NAS統合システムのスケールアウトを可能にし、データ センターの即応性を最初に拡張

2015年:自社のデータを把握したいというお客様のニーズに対応

ネットアップが実現したデータ ファブリックにより、企業は、自社のデータを全体的に把握できる包括的なデータ戦略の展開が可能に

2016年:従来のテクノロジと新しいテクノロジの統合

NetApp ONTAP®ソフトウェアで、フラッシュ、ディスク、クラウドのデータ管理を一元化

2018:スピードが新しい尺度

業界初のエンドツーエンドNVMeアレイを投入。HAペアあたり500マイクロ秒のレイテンシで130万IOPSを実現

2020年:アプリケーションベースのインフラで、クラウドのコストを常にチェック

業界をリードするソリューション、Spot by NetAppにより、クラウドネイティブのワークロードと従来のワークロードの両方でコストを最適化

現在:クラウドファースト ベンダーという、新たな成長の1ページ

ネットアップは、お客様に最適なクラウドを提供できる業界唯一のプロバイダ

 

もちろん、これからも、もっと多くの変化の波が押し寄せるでしょう。でも私たちが、その波に跳び込み、ノウハウを応用して発展させ、誰もが乗り心地を楽しめるようにする存在であることに間違いはありません。