メニュー

データの可用性を保証する盤石なSANストレージ

外付けモニタの前でキーボードを打っている人物。テーブルにコーヒー カップが置かれている
目次

このページを共有

Dejan Kocic
Dejan Kocic
2,868 人が閲覧

本日私たちは、新製品のNetApp® ASAを発表しました。ミッションクリティカルなワークロードに、高スループットで低レイテンシかつ耐障害性に優れたソリューションを必要としているお客様向けに設計された、最新のオールフラッシュ ブロック ストレージ ファミリーです。SANソリューションのメリットは、皆さまを始め、多くのビジネスが実感しています。特にお勧めなのが、1回のダウンタイムで何十万ドルも損失が発生するおそれのある環境や、パフォーマンスの低さのために他社との競争に勝てずにいたり、ミッションを達成できずにいるお客様です。ユニファイド ストレージは、ファイルとブロックのワークロードを統合できる便利なソリューションと見られることがほとんどですが、SAN専用システムでワークロードを分離する方法が好まれる場合もあります。

適切に設計されたSANストレージ、NetApp ASA

NetApp ASAはブロック向けに最適化されており、NVMe / TCP、NVMe / FCのほか、標準のFCとiSCSIプロトコルをサポートします。適切に設計されたSANを基盤に構築されたASAは、次のようなメリットをもたらします。

  • 業界をリードする99.9999%データ可用性保証。99.9999%の可用性を実現します
  • NetApp ONTAP®のクラスタ機能による優れた拡張性。ASAストレージの実効容量を350PB以上にスケールアウトできます
  • 業界をリードする、組み込みのストレージ効率化機能。シンプルでわかりやすい ストレージ容量削減保証を利用できます
  • クラウド プロバイダ各社との幅広い連携
  • 対費用効果の高い統合データ プロテクション

ミッションクリティカルなアプリケーションに最適な高可用性

業務を動かしているアプリケーションには、計画的なストレージ フェイルオーバーの際にも、データへの中断のないアクセスが必要であることを私たちは理解しています。ストレージ フェイルオーバーが計画外の場合は、なおさらです。このレベルの可用性を実現するために、ASAシステムの設計でカギとなっているのが、すべてのパスがすべてのLUNへのアクティブな優先パスになる対称アクティブ / アクティブ処理です。次の図は、ASA A900のアクティブ / アクティブ パスを示したものです。

SANストレージ ファブリックのフローと接続

ASAは、すべてのパスをアクティブ最適化(AO)としてアドバタイズします。これは、「テイクオーバー」または「ギブバック」とも呼ばれるストレージ フェイルオーバー(SFO)が発生しても、すべてのLUNに対して信頼できるアクティブ パスが確保されることを意味します(アクティブ / 非最適化(ANO)パスとは対照的です)。実際の効果としては、ホストにいつもアクティブ パスが存在するため、SFOの発生時に新しいパスを照会する必要がないことが挙げられます。このアクティブ / アクティブ設計を使用することで、(エントリレベルからハイエンドまで)すべてのASAアレイのフェイルオーバー時間が、従来のフレーム式のアレイと同等になります。一方、最新のデータ ストレージ システムのメリットである使いやすさ、持続可能性、コスト削減効果も得られます。

NetAppの99.9999%の可用性保証

新しいストレージ システムの選定にビジネスの存続がかかっているとしたら、99.9999%の可用性を唱えるベンダーの主張だけでは不十分です。選択が正しいという証明が必要です。NetAppがアナリスト企業のIDCに独自の検証を依頼したのは、そのためです。実際の環境に導入した数万台のシステムから日々データを収集し続けた結果、NetAppは、99.9999%を超える可用性を実現していることを実証できました。ぜひこちらのIDCのレポートで、お確かめください。

ASAシステムのリリースにより、NetAppはさらに一歩を踏み出し、NetAppのテクノロジを選択するということは、正しい決断を下すということだという安心感をお客様に提供します。NetApp ASAシステムを新規に購入されたお客様を対象に、99.9999%のデータ可用性保証を導入し、NetApp ASAのパフォーマンスがこのレベルに達しなかった場合は、NetAppが修正措置を施します。この保証では、推奨されるベストプラクティスに従うことがお客様に求められますので、ご利用にあたっては、NetAppの担当者または認定パートナーに詳細をお問い合わせください(当社規定が適用されます)。

データ保護をレベルアップ

社内の最も重要なアプリケーション データの可用性を維持することが、お客様の仕事だとしたら、自然災害などの不測の事態に備えて、ASAシステムによる別のサイトへのフェイルオーバーを計画してはいかがでしょうか。NetApp SnapMirror®ビジネス継続性ソリューションを使用すると、ASAシステムのデータセンターやサイトを、アプリケーションと整合性のある方法で自動でフェイルオーバーできます。

SnapMirrorビジネス継続性では、SnapMirror Synchronousを利用し、アプリケーション整合グループを使ってアプリケーションの同期レプリケーションを実行し、2つのサイト間ですべてのアプリケーション オブジェクトをレプリケートして管理します。こうすることで、同期レプリケーションされた2つのサイト間の自動フェイルオーバーを実現します。このアプローチにより、システム停止の時間を短縮し、ミラーの維持と自動フェイルオーバーの管理に伴う管理コストを大幅に削減します。次の図に、SnapMirrorビジネス継続性のトポロジを示します。

SANストレージを構成するさまざまなモジュールの接続

重要なSANデータに優れたパフォーマンスとビジネス継続性を提供

ミッションクリティカルなワークロードに最適な、最新の革新的なデータストレージをお探しなら、答えはここにあります。アプリケーションを超高速かつ効率的に実行できるシステムです。予期せぬ事態の発生時には、自動フェイルオーバーによって稼働を続けることができます。99.9999%のデータ可用性を保証するNetApp ASAを、ぜひご検討ください。

Dejan Kocic

Dejanは、先見性と統率力に優れた人物です。型にはまらない革新的な発想で創意に富んだ解決策を編み出す天才と呼ばれています。SNIA(Storage Networking Industry Association)の複数の委員会のメンバーでもあり、議長会議や最新技術の発表会に頻繁に招待されています。現在はNetAppで、AIやMLへの敵対的攻撃からお客様の環境を保護するAIセキュリティ イニシアチブを特に主導しています。業界での経験は25年以上におよび、その間、ストレージ、クラウド、HPC、AIのテクノロジに関わってきました。MBAと情報技術修士号も取得しています。

Dejan Kocicの投稿をすべて見る

次のステップ

Drift chat loading