メニュー

ハイブリッド マルチクラウドにネットアップを選ぶ理由

ネットアップは、インフラを統合して必要な場所にデータを自由に移動できる、最新のハイブリッド クラウドの構築を支援します。データ中心のビジネスに適応し、競争力を高めるうえで必要な即応性を獲得することができます。

薄暗い白地に白塗りの木製の渦巻き状の物体

データはあらゆる場所にあらゆる形式で存在し、刻々と増え続けています。データがパブリック クラウドとプライベート クラウドに分散して収集、保存されるのは、それぞれに独自のメリットがあるからです。パブリック クラウドは、オンデマンド リソースでほぼ無制限に拡張でき、設備投資を抑えることができます。プライベート クラウドは機密データを保存するためのファイアウォールを備えているだけでなく、企業のニーズに合わせたハードウェアの制御とカスタマイズが可能です。

ですがここで、問題が生じます。ストレージを選択できるというメリットがある一方で、圧倒的に大きなデメリットがあります。それは、別の場所にデータが必要な時でも、データが一カ所に滞留してしまうことです。必要な場所にデータを格納するために、時間、エネルギー、費用をかけなければなりません。データセンターでパブリック クラウド、オンプレミス コンピューティング、プライベート クラウドの組み合わせても、ハイブリッド クラウド インフラにはなりません。

真のハイブリッド クラウド インフラは、データを閉じ込めません。デジタル変革を推進し、ビジネスを前進させるために必要な即応性を提供するために、データを解放するのです。

ネットアップのようなハイブリッド クラウドは他では提供されません

ネットアップはデータの分離という障壁を取り除きます。データの作成や取得の段階から、プラットフォームを問わず、必要なときに必要な場所でデータを利用可能な状態にします。ネットアップのハイブリッド クラウド ソリューションは、データへのアクセスを阻害することなく、真のハイブリッド クラウド インフラを実現します。

お客様に最適なデータ ファブリック

全てはお客様のデータ ファブリック次第です。シンプルさと即応性を重視し設計されたデータ ファブリックにより、エッジからコア、クラウドに至るまで、必要な場所に、必要な時に、また必要な方法でデータを提供します。データ ファブリックによってデータ管理を簡易化、統合することで、データの可視性、アクセス、管理性を向上すると同時に、分析情報、保護、 そしてセキュリティを実現します。データ ファブリックは目に見える困難もなく、すべてを実現します。 

データ ファブリックを導入することで、データはシームレスに流れるようになり、パブリック クラウドやプライベート クラウド上で常に利用可能であり、利用が容易になります。開発者はどこにいても自由に開発できます。データを有効に活用して、新たな顧客との接点を開拓できます。ビジネス革新を実現します。運用の最適化にも役立ちます。

世界最大級のパブリック クラウドに接続できます

ネットアップは30年近くにわたり、お客様のデータを格納、保護、活用できるよう支援してきました。クラウドが大きな変化をもたらすことを早くから認識していたネットアップは、 NetApp® Cloud Data Services 製品スイートを構築し、エンタープライズクラスのストレージ機能を世界最大のクラウドに拡張しました。Microsoft、Google、Amazonのすべてがネットアップをストレージおよびデータ サービス戦略に不可欠な要素としているのはそのためです。データ ファブリックの実現をサポートできるのは、ネットアップだけなのです。

Amazon Web Services

Amazon Web Services (AWS) Marketplaceでいち早く製品を提供してきたストレージ管理ベンダーの一社として、ネットアップはイノベーションに対して「bias for action(行動重視)」というアプローチを採用し、お客様の声に耳を傾け、クラウド運用を合理化するサービスを提供するよう心がけています。

ネットアップ は AWS とのコラボレーションを通じて、ほぼ 10 年にわたって革新的なパブリック クラウド サービスを提供してきました。ネットアップは、クラウド ストレージのプロフェッショナルとして、 AWSの高度な機能を活用し、クラウドのスケーラビリティ、即応性、コスト効率を確保しながら、本番レベルのアプリケーションの移行、導入、管理をより安全かつ迅速に行っています。

Microsoft Azure

Microsoft とネットアップは、20年近くにわたりパートナーシップを結び、データセンターとクラウドの両方で、組織のデータ管理の向上に役立つ革新的な製品を提供してきました。このパートナーシップは、Azure NetApp Filesという共同開発のサービスに結実し、組織の大規模なクラウド要件への対応を強化しています。   

ネットアップでは、ユーザが独自の観点からクラウドにアプローチできるよう支援しています。そのため、ネットアップのテクノロジをMicrosoft Azureクラウドに統合することで、クラウド要件に対応しながら組織の目標(そしてそれ以上)を達成できるようにしています。ネットアップの統合されたサービスは、ビジネスクリティカルなアプリケーションの導入、DevOps、分析、ディザスタ リカバリを効率化します。

Google Cloud

ネットアップのパワフルなエンタープライズ データ サービスとソリューションをGoogle Cloud環境に緊密に統合することで、高度なデータ管理機能とかつてないパフォーマンスを実現。アプリケーション開発、分析、機械学習の分野におけるGoogle Cloudの革新的なリーダーシップを存分に活用することができます。 

すべてのエンタープライズ アプリケーションにおいて、データは適切な場所に配置され、適切なコストで、規模にかかわらず常にセキュアかつアクセスできる状態であることが求められます。ネットアップとGoogle Cloudは、データ管理と複雑なエンタープライズ アプリケーションへの迅速な移行を支援する統合サービスを実現する、最高水準のツール キットを開発しました。

Repsolのロゴ

当社が求めていたのは、オンプレミス並みのパフォーマンスを発揮する油層シミュレーションと分析ソフトウェアです。Azure NetApp Filesがパフォーマンスを5倍以上も引き上げたのは、うれしい驚きでした。

Repsol E&P | デジタル変革エンジニア Juan Pedro Bretti氏

青い背景に白いくぎが格子状に均等に配置されている

Cascadeoのロゴ

ネットアップとCascadeoの専門知識と経験を結合することで、企業が複雑なワークロードをAWSで迅速に稼働し、ROIを向上させられるよう支援できます。

Cascadeo | 創業者兼 CEO Jared Reimer氏

1台のコンピュータで一緒に作業する2人

Impactのロゴ

Cloud Volumes Service for Google Cloud Platformのおかげで、お客様が希望する即応性と柔軟性に優れたエンタープライズ

Impact | CTO Roger Kjensrud氏

腕を組んだ社会人女性が微笑みを浮かべている

Cloud Volumes ONTAP

NetApp Cloud Volumes ONTAPは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudで利用できるクラウドベースのサービスで、ファイルやブロック ワークロード向けに高度なデータ管理を提供します。Cloud Volumes ONTAPを利用すると、クラウド ストレージ コストの最適化、アプリケーションのパフォーマンスの向上を図りながら、データ保護、セキュリティ、コンプライアンスを強化できます。Cloud Volumes ONTAPは、すでにONTAPに精通したストレージ管理者向けに設計されており、ハイブリッド クラウド インフラ全体に導入されたすべてのONTAPインスタンスを一元的に管理するNetApp Cloud Managerで自己管理できます。

NetApp Cloud Volumes Service

NetApp Cloud Volumes Serviceは、パブリック クラウドを介して高度なデータ管理機能を提供するマネージド サービスです。Cloud Volumes Serviceは、LinuxおよびWindowsクライアントをサポートし、100TBまでシームレスに拡張可能で、最高レベルのパフォーマンスでファイル共有を実行できます。また、エンタープライズクラスのデータ保護機能とセキュリティを備えています。

クラウド アーキテクトやデータ エンジニア、 またアプリケーション、VM、ストレージ管理者は、ハイブリッド クラウドのインフラ上でデータをシームレスに移動させ、クラウド上で重要なアプリケーションを実行、管理し、実際にビジネスがサービスに依存しているかのように —皆さんもお気づきの通り、実際にそうなのですが— データを保護することができます。

次のいずれかを使用して、Cloud Volumes Serviceに加入すれば、任意のクラウドでボリュームをプロビジョニングできます。

Amazon FSx for NetApp ONTAP

Amazon FSx for NetApp ONTAP は、WindowsインスタンスとLinuxインスタンスにブロック ストレージとファイル ストレージを提供する、AWSネイティブのマネージド サービスです。ネットアップが提供するエンタープライズクラスのデータ サービスを活用して、パフォーマンス、データ管理、セキュリティの要求を満たすことができ、すべてAWS環境に対応します。

Azure NetApp Files

シンプルさ、パフォーマンス、コンプライアンスを重視して構築されたMicrosoft Azureネイティブのフルマネージド サービスで、ビジネスおよびそのビジネスに関連するアプリケーションやワークフローを、これまでにないレベルで、迅速かつセキュアにクラウドへ移行するのに役立ちます。

Cloud Volumes Service for Google Cloud

Cloud Volumes Service for Google Cloudは、フルマネージドのクラウドネイティブ サービスで、ワークロードとアプリケーションを簡単に管理できます。パフォーマンスを犠牲にしたり、既存のアプリケーションを再設計する必要なく、ワークロードをクラウドに移行して実行することができます。

紫色の背景に、紫色のスパイク付きコーンのグループの上に置かれた桃色の球体

ネットアップは真のハイブリッド クラウド エクスペリエンスを提供します

ネットアップは、信頼できるエンタープライズクラスのデータ サービスをクラウドにもたらし、またクラウドのシンプルな柔軟性をデータセンターにもたらします。クラウド主導のData-Centricなソフトウェア企業であるネットアップは、お客様に最適なデータ ファブリックの構築をサポートし、クラウド対応をシンプルに実現し、必要なデータ、サービス、アプリケーションを適切なユーザにいつでも、どこからでもセキュアに提供できる唯一のベンダーです。

続けてお読みください