メニュー
赤色と青色の立方体

スケールアウトNASとは

スケールアウト ネットワーク接続型ストレージ(NAS)は、構造化データと非構造化データの急増と、今日のワークロードのパフォーマンス需要に対応します。スケールアウトストレージアーキテクチャは、クラスタコンポーネントの優れたコストパフォーマンスを活用し、ノンストップオペレーションを実現します。また、ポリシーベースの管理を採用してシステムの効率性と即応性を向上します。

スケールアウトストレージアーキテクチャとサーバ仮想化機能を組み合わせることで、動的なエンタープライズデータセンターが実現し、変化するビジネス要件に迅速に対応できます。また、アプリケーション システムの運用を迅速に管理したり、リソースのプロビジョニングと再プロビジョニングを行ったり、アプリケーションやデータやシステムを無停止で移行したりすることもできます。

スケールアウト NAS がもたらす価値により、コスト効率に優れたストレージオプションを実現できるということになります。最初からオーバープロビジョニングするのではなく、ストレージニーズの増大に合わせて新しい容量を追加できます。また、管理を合理化し、データセンターのシステムスペース要件を軽減することで、スケールアウト NAS ソリューションは IT 予算の確保に役立ちます。

Scale-Out FlexArrayの仕組み

スケールアウト NAS は、容量、パフォーマンス、簡易性を組み合わせたストレージプロビジョニングなど、同時に発生する大量の取り込みワークロードに対応しています。1 つのクラスタ内での拡張により、メモリとネットワークリソースがシステム運用全体で最適化されます。

スケールアウトアーキテクチャでは、変化するビジネス要件に対応するために、新しいハードウェアを簡単に追加、システム構成ができます。スケールアウトシステムがストレージの上限に達した場合は、単にアレイをもう 1 つ追加して、アプリケーションに必要な容量とシステムのパフォーマンスを拡張します。ユーザはクラスタを単一のシステムとして管理し、単一のグローバルネームスペースを通じてデータを管理します。これにより、データセンターや地域を問わず、複数のノードが単一の論理ユニットとして機能します。データの物理的な場所は関係ありません。

Scale-Outのメリット

スケールアウト NAS は、低レイテンシ、ノンストップオペレーション、優れたストレージ効率を 1 つの拡張可能なネームスペースで実現し、ハイパフォーマンス、大容量システム、大容量のファイル数が多いワークロードに対応します。

  • 容量の制限がない。 数十億個以上のファイルをサポートし、 PB まで拡張可能な単一のネームスペースに、サイロ化を伴わずに最適なストレージプラットフォームをシステム内に構築できます。
  • 満たされた主要なワークロードのパフォーマンスニーズ。 同じストレージコンテナで、予測可能な一貫した低レイテンシと高スループットのパフォーマンスを実現します。
  • 導入と管理を簡易化。 大規模な単一ネームスペースをわずか数秒で簡単にプロビジョニングできるため、データ要件の増大に対応できます。単一のインターフェイスでシステム管理の複雑さを解消できます。
  • ユーザの生産性を向上。 すべてのデータは、同じ場所にあるかのようにユーザに表示されます。

従来型のスケールアップからスケールアウト NAS

データ量の急増に伴い、今こそスケールアップとスケールアウトの比較が可能になりました。

スケールアップストレージアーキテクチャ:スケールアップは、従来のブロックストレージプラットフォームとファイルストレージプラットフォームで最も一般的な方法です。コントローラペアと複数シェルフのドライブで構成されるスケールアップアーキテクチャは、ストレージコントローラのスケーラビリティ制限に制限されます。容量を増やす必要がある場合は、ドライブシェルフをもう 1 台追加する必要があります。

スケールアウトストレージは、変化するビジネスニーズに柔軟に対応し、コストと複雑さを抑制し、リソースを最適化することで、古いスケールアップアーキテクチャの制約に対処します。スケールアウトストレージシステムでは、サーバのグループを使用してクラスタストレージアレイを構成し、従来のアレイと同様にネットワーク経由で LUN またはファイル共有を提供します。ただし、スケールアウトアレイの容量が増えると、パフォーマンスも向上します。また、ノードを追加する際にシステムを停止する必要がないため、アレイに容量やパフォーマンスを追加するためにダウンタイムを発生させる必要がありません。

従来のスケールアップ システムの限界

ハードウェア リソースの拡張によってサーバーがサポートされてしまう、一般的な従来のスケールアップ システムには固有の制限があり、現代のデータ中心の組織にはあまり理想的ではありません。 一般的な制約には次のようなものがあります。

  • コストの非効率性
    スケールアップのアプローチには多額のハードウェア投資が必要となるため、企業はストレージ容量を拡張する際にコストの増大に直面することがよくあります。
  • パフォーマンスのボトルネック
    単一サーバーのストレージ容量を増やすと、パフォーマンスのボトルネックが発生し、読み取り操作と書き込み操作の両方に影響を与える可能性があります。
  • 単一障害点
    従来のシステムは単一のサーバーに依存しているため、単一障害点が発生する傾向があります。 このサーバーに障害が発生すると、データが完全に利用できなくなる可能性があります。

従来のスケールアップ アーキテクチャとは異なり、NAS はスケールアウト アプローチを採用しており、企業はネットワークに個々のノードを追加することでストレージ容量を拡張できます。高いパフォーマンスとデータ可用性を維持しながら、シームレスに拡張できます。

NetAppがスケールアウトに最適な理由

ネットアップの NAS ソリューション は、データ管理を簡易化し、コストを最適化しながら成長に合わせた対応を可能にします。ネットアップのNASソリューションは、ユニファイド アーキテクチャにより、ノンストップ オペレーション、実証済みの効率性、シームレスな拡張性を提供します。27 年前に NAS 業界を構築して以来、 非構造化ファイルベースのデータ管理のためのスケールアウト NAS を、組織全体でスピードと拡張性に優れた方法で革新し続けています ハイブリッドマルチクラウド

NetApp ONTAP スケールアウト NAS は、大規模な ONTAP エコシステムを活用しており、大幅なイノベーションのリードとビジョンを備えており、今後の強力なイノベーションを実現します。 ネットアップは、オンプレミス のオールフラッシュ AFF を使用して独自のデータファブリックを構築できるため、お客様のシステムへの投資を将来にわたって保護できます。 ハイブリッドフラッシュ FAS、ソフトウェアで定義される ONTAP Select から AWS 、 Azure 、 Google 、 IBM などへの移行が可能です。レプリケーション、バックアップ、階層化、キャッシングが統合された ONTAP は、あらゆるエンドポイントでサポートされます。ネットアップは、スケールアウト NAS とポートフォリオ全体を対象に、ハイブリッドマルチクラウド全体でクラウド対応フラッシュのリーダーになることを誇りに思っています。

まとめ

スケールアウト NAS ソリューションを採用することで、企業はデータを効率的に管理し、コラボレーションを促進し、進化するユーザーのニーズに応えることができます。 NAS のパワーを活用し、簡単かつシームレスなデータ ストレージとアクセスの可能性を解き放ちます。

関連情報

Drift chat loading