メニュー

NetApp Certified Hybrid Cloud Implementation Engineer

認定資格を取得するための、最初の一歩を踏み出しましょう

ノート パソコンを見ながら歩いている人

NetApp Certified Hybrid Cloud Implementation Engineer試験では、NetAppテクノロジを使用してハイブリッド クラウド ソリューションを実装する能力をテストします。

この試験を修了する前に、NetApp Certified Hybrid Cloud Admin NS0-304試験に合格しておくことが強く推奨されます。

資格取得の準備

NetApp Certified Hybrid Cloud Implementation Engineer認定資格を取得するには、ハイブリッド クラウド環境でコンピューティング、ネットワーク、ストレージのソリューションに携わった経験が12カ月以上あることが必要です。

推奨コース

全般

  1. NetApp BlueXP Fundamentals

導入

  1. Integrating Hybrid Clouds Foundation
  2. Integrating Hybrid Cloud with Amazon Web Services
  3. Integrating Hybrid Cloud with Microsoft Azure
  4. Integrating Hybrid Cloud with Google Cloud
  5. ONTAP Security and Compliance Solutions Administration
  6. Universal AFF and FAS Installation

データ保護

  1. Data ONTAP Data Protection Administration
  2. Using Astra Control with Kubernetes

自動化

  1. Automate Storage Administration Using ONTAP REST API and Ansible

トラブルシューティング

  1. ONTAP Hardware Component Troubleshooting and Analysis
  2. ONTAP Software and Configuration Troubleshooting and Analysis

運用

  1. ONTAP Cluster Administration
  2. Using NetApp Cloud Sync
  3. Using Azure NetApp Files
  4. Using Astra Trident with Kubernetes
  5. Kubernetes Administration
  6. Monitoring Infrastructures with Cloud Insights

NetApp以外から提供されているトレーニングとリソース

  1. AWS Fundamentals
  2. Azure Fundamentals
  3. GCP Fundamentals
  4. Docker for Beginners
  5. Fundamentals of Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift
  6. DevOps関連資料

すべてのトレーニングを確認するには、ラーニング カタログをご覧ください。

NetApp Learning Servicesのトレーニングに登録するには、NetAppサポート サイトのアカウントが必要です。 

模擬試験は以下で受けられます: https://learningcenter.netapp.com/content/public/production/extra/certification/NS0-404-PRACTICE/story.html 

試験

NetApp Certified Hybrid Cloud Implementation Engineer試験(NS0-404)

Hybrid Cloud Implementation Engineer試験に合格して、テクノロジを先取りしましょう。この認定資格を取得すると、NetAppテクノロジを使用してハイブリッド クラウド ソリューションを導入できる能力を備えていることを証明できます。

この試験に合格すると、以下に関する知識やスキルがあることを証明できます。

  • ONTAPの高度な設定
  • ONTAPのトラブルシューティング
  • ネットワークの基本的なトラブルシューティング
  • ネットワークに関する詳細なディスカッション
  • NetAppサービス向けハイパースケーラの高度な設定
  • クラウド ネイティブとBlueXPポータルの設定
  • APIの活用
  • ハイブリッド クラウドへの最新ワークロードの導入

この試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

ドメイン1:導入

  • ハイブリッド クラウド環境へのストレージ システムとサービスの導入
  • 複数の場所へのNetAppハイブリッド クラウド ソリューションの導入
  • マルチクラウド環境
  • お客様のインフラの依存関係

ドメイン2:データ保護

  • データ保護向けNetAppハイブリッド クラウド ソリューション
  • 環境間でのSnapMirrorの設定
  • バックアップの設定

ドメイン3:自動化

  • ハイブリッド クラウド環境での自動化ソリューション
  • ハイブリッド クラウド環境での自動化ソリューションの構成と導入
  • ハイブリッド クラウド環境での自動化ソリューションのオーケストレーション

ドメイン4:トラブルシューティング

  • ハイブリッド クラウド環境におけるストレージ システムのトラブルシューティング
  • ハイブリッド クラウドのネットワークに関するトラブルシューティング
  • ハイブリッド クラウド環境でのセキュリティの問題に関するトラブルシューティング

ドメイン5:運用

  • ハイブリッド クラウド環境のストレージシステムの監視
  • ハイブリッド クラウド環境でのワークロードの移行
  • クラウドへの最新アプリケーションの導入
  • クラウドでのアプリケーションのテストと開発を対象としたデータの可用性の管理
  • 成果物の作成と納品

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください(「Submit Ticket Online」から英語でお問い合わせください)。

Drift chat loading