メニュー

ASA Cシリーズのご紹介:削減効果と持続可能性にきわめて優れたブロック ワークロード向けストレージ

CシリーズSANアレイ
目次

このページを共有

Sandeep Singh
Sandeep Singh
5,630 人が閲覧

今日のビジネスの世界で、企業はさまざまな課題に直面しています。IT予算は厳しい状況が続いており、常に監視されています。テクノロジの進化が止まらず、その複雑さとITスキルのギャップが大きな障害となっています。経営陣の間では、ランサムウェアの脅威が真っ先に対処すべき問題として浮上していますが、今や持続可能性も戦略上の必須課題です。さらに、どの組織にも、クラウドの柔軟性とパワーが必要です。こうした課題に対し、ITインフラの最新化で障害を克服しようとするときに、きわめて重要な役割を果たすのが、データインフラです。データインフラは、効率的なデータ管理、分析、活用を実現し、情報に基づいた意思決定、イノベーションの推進、競争力の維持を可能にします。

私たちNetAppは、実践的な戦略と最先端のテクノロジを探り続けることで、ITプロフェッショナルがこれらの課題に対処し、データインフラに潜む変革のパワーを活用できるよう支援しています。

今年初めにNetApp® AFF Cシリーズ システムをリリースしたのは、そのためです。AFF Cシリーズ アレイは、NASとユニファイド ストレージのユースケースに、フラッシュとほぼ同じ高速パフォーマンスをハイブリッド フラッシュの経済性で提供し、インフラの高速化、高密度化、持続可能性の向上を低コストで実現します。私たちの期待を大きく上回るペースで、導入が急速に進んでいるのも不思議ではありません。AFF Cシリーズは、低コストながら高品質のストレージ ソリューションです。ハイブリッド フラッシュも1万本のハード ドライブをベースにしたストレージ システムも同じ価格で更新し、オールフラッシュに最新化できます。

しかし、NetAppはそれで終わりにはしません。製品ポートフォリオを拡充し、5月にNetApp ASA Aシリーズ システムを投入しました。これにより、NetApp ONTAP®環境をブロック向けに最適化されたオールフラッシュ ストレージ システムにまで拡張し、VMwareとデータベースのワークロードに最適な高速の最新データインフラを実現しました。

AFF Cシリーズの成功を受けて、この度、Cシリーズのメリットをブロック ストレージにももたらすことになりました。それが、NetApp ASA Cシリーズ ファミリーです。ASA Cシリーズは、ブロック ストレージ専用の大容量フラッシュを必要とするお客様向けです。耐障害性と柔軟性に優れたこのソリューションは、大容量を必要とするワークロードに最適な密度でコストを最適化します。

ASA Cシリーズのメリットを余すところなく活用

ASA Cシリーズ システムは、データベース、VMware、バックアップとリカバリなど、容量を大量に消費するものの、1ミリ秒未満のレイテンシは必要としないビジネスクリティカルなワークロードに適しています。多額の資金を投じなくても、手頃な価格でオールフラッシュSANに最新化し、インフラのスピードと密度を向上させ、持続可能性を高められるというのが、その理由です。

ほかにも理由が必要な方のために、NetApp ASA Cシリーズでできることを以下に挙げましたので、ご覧ください。

  • 卓越したコスト削減効果と効率性:ASA Cシリーズ システムは、ギガバイトあたりわずか0.50ドルで大容量を提供し、負荷の高いワークロードのコストを削減します。
  • パフォーマンスを向上:オールフラッシュのオールNVMeテクノロジにより、比類のないスピードと効率性を実現し、VMwareとデータベースのパフォーマンスを新たなレベルへ引き上げます。
  • 可用性を保証:99.9999%の可用性で、ミッションクリティカルなワークロードの運用を保証。他に類のない信頼性と安心感をもたらします。
  • 業界をリードする効率性:NetAppは、業界最高レベルの物理容量と使用可能容量で、お客様のストレージ容量を最大化します。4:1のストレージ容量削減保証を組み合わせれば、最適なストレージ効率を保ちつつ、TCOを削減できます。
  • サイバー レジリエンス:改ざん防止機能を備えたNetApp Snapshotコピーで、ランサムウェア攻撃からデータを保護し、迅速なリカバリを可能にします。NetAppのランサムウェア リカバリ保証を利用すれば、ビジネスを確実に保護できます。
  • 包括的なデータ保護:VMware vSphere Metro Storage Cluster(vMSC)のサポートにより、ビジネス継続性と包括的なデータ保護を実現し、業務停止を防止します。
  • クラウド対応:シームレスなディザスタ リカバリ、バックアップ、クラウドへの階層化が可能です。
  • 抜群のシンプルさ:NetAppのユニファイド製品ラインと同じONTAPソフトウェアを搭載しているので、APIも管理方法も同じです。
  • 持続可能なソリューション:他社のオールフラッシュ アレイに比べて消費電力を最大70%削減し、環境に優しい未来を実現します。

ユニファイド ストレージのパワーをフル活用

NetAppのユニファイド ストレージは、SAN、NAS、統合環境のすべてで大がかりな運用を簡易化し、ITの生産性を高めてリスクを軽減するという、他社には真似できない利点をもたらします。ブロック、ファイル、オブジェクトの3つのストレージを単一の堅牢なストレージ環境(ONTAP)に統合できるため、さまざまなメリットが得られます。たとえば、一貫した管理と自動化は、スキルの再学習と自動化の再実装を不要にします。分断されたサイロから解放され、信頼性に優れた標準化されたデータ セキュリティ モデルを構築できます。リカバリ ランブックを1度実装するだけで、データ保護を合理化できます。頼れるサポートと共通のベンダー環境により、安心してご利用いただけます。NetAppは、お客様がストレージ環境を自信を持って運用し、ストレージを簡単に効率化して信頼性に優れたセキュリティを実現できるよう、強力に支援します。

まとめると、ASAファミリーは、卓越したパフォーマンスと信頼性を提供する、最新のオールフラッシュSANインフラに最適な究極のソリューションです。信頼できるNAS製品としてNetAppを以前から使用し、ONTAPの使いやすさを気に入っていただいているお客様は、ASAシステムを導入することで、ブロック ワークロードにONTAP環境をシームレスに提供し、一貫したデータ管理、自動化、セキュリティ、保護、優れた使い勝手を実現できます。

この機会に、NetApp ASAファミリーでストレージ インフラを刷新してはいかがでしょうか。運用の簡易化、データ セキュリティの強化、包括的なデータ保護、一貫したシームレスなユーザ エクスペリエンスを実現する統合された1つのプラットフォームのパワーを、ぜひ体験してください。

関連情報

  • 無償のSANアクセラレーション ワークショップ(パートナーによる提供は後日開始):このワークショップでは、お客様の既存のSAN環境を、お客様とともに2時間かけて調査します(ワークロード、ユースケースなど)。最後に、主な調査結果と、望ましい状態を今後実現するための推奨事項を読み出します。 
  • 無償のSANアーキテクチャ評価 (パートナーによる提供は後日開始):この移行評価ワークショップでは、Cloud Insightsの90日間無償ライセンスを使用して、実際のパフォーマンス データと他社製システムの使用状況を基に、お客様の環境を分析します。最後に、設置面積のコストを削減し、持続可能性を向上させる、コストパフォーマンスに優れたソリューションを詳しく提案します。 
  • Flash Forwardキャンペーン(パートナーによる直接販売と再販でも利用可):お客様は次のいずれかを選択できます。 
    • 無償移行:NetApp PSが、他社のプラットフォームから新規購入のNetApp AFFまたはASAシステムに、最大1PBのデータを無償で移行します。この度、Keystoneもキャンペーンの対象になりました。
または 
    • 3カ月間の無償サポート延長:シームレスな移行をお約束します。競合製品からの乗り換えで、50TB以上のフラッシュ ストレージを購入し、36カ月以上のサポート契約を結んでいる必要があります。 
  • 無償のASAラーニング ワークショップ(新規購入のお客様のみ):ASAを新規購入されたお客様に、ぜひ知っていただきたい情報をすべて提供します。さらに、50TB以上のASAシステムを新規購入いただいたお客様には、先着100件で2人の管理者を派遣します。 

インフラ最新化に妥協は必要ありません。詳しくは、NetAppの営業またはパートナーの担当者にお問い合わせください。

Sandeep Singh

Sandeep Singhは、NetAppのエンタープライズ ストレージ担当シニア バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーです。20年以上にわたってエンタープライズクラスのテクノロジに携わってきた経験があり、その範囲は、データインフラ、データ管理、クラウド サービス、ハイブリッド クラウド、ハイパーコンバージド インフラ、AI Ops SaaS、プライマリ ストレージ、ストレージ サービス、バックアップ サービス、ディザスタ リカバリ、ランサムウェア リカバリと多岐にわたります。

Sandeep Singhの投稿をすべて見る

次のステップ

Drift chat loading