NetAppの相互運用性

    ネットアップが互換性をテスト、検証したマルチベンダー対応の構成と、使いやすい相互運用性マトリックスをご活用ください

    NetApp® Interoperability Matrix Tool(IMT)には、FC / FCoE、iSCSI、NFS、CIFSの構成を構築するために使用できる製品コンポーネントやバージョンを定義しています。

    clustered Data ONTAP OSリリースのサポート
    — IMTにリストされたサポート対象のすべてのclustered Data ONTAP OSリリースにおいて、メンテナンス リリースに含まれるすべてのパッチ リリースをサポートします。

    イーサネット スイッチのサポート — IMTに明記されたモデルを除き、iSCSIまたはNAS対応の従来型(非データセンター ブリッジング [DCB])および機能拡張型(DCB)の10GbEスイッチをサポートします。FCoE構成については、IMTで、サポート対象の10GbEスイッチをモデル別にリストしています。

    ネットアップ ストレージ システムに関する第三者機関の認定— Data ONTAP OSは、ほとんどのネットアップ エコシステム パートナーとの連携が認定されています。パートナーのハードウェア互換性リスト(HCL)にONTAP OSが記載されていない場合は、PVRプロセスを使って担当のアカウント チームまたはパートナーとご協力ください。