Microsoftクラウド プラットフォーム向けCiscoクラウド アーキテクチャとネットアップの統合

    ネットアップ、Cisco、Microsoftにより十分に検証されたソリューションのみを利用し、リスクを抑えながらスピーディにクラウド サービスを導入できます。

    Microsoft® クラウド プラットフォーム向けCisco® クラウド アーキテクチャ(CCA)にネットアップのストレージが統合されたことにより、新しいサービスの市場投入を早め、クラウド サービスのパフォーマンスを向上し、グローバル対応のソリューションを提供できます。

    この完全に検証済みのホスト クラウド ソリューションは、ネットアップ プロフェッショナル サービスの協力の下に実装されたスケールアップ リファレンス アーキテクチャにソフトウェアが統合されています。

    ネットアップが独自に開発したNetApp Resource Provider for Windows® Azure Packは、Microsoftクラウド プラットフォーム向けのCCAに直接統合されているため、テナント向けのクラウド製品を通じてまったく新しいストレージ サービスを提供することができます。

    ネットアップ、Cisco、Microsoftの統合によってサービス プロバイダに次のメリットをもたらします。

    • 新しいサービスの投入にかかる時間とリスクを削減
    • サービスの開発環境を統合し、市場への早期投入をサポート
    • ストレージのパフォーマンスを最適化

    テナントは、統合により、次のような価値の高いサービスを得ることができます。

    • アプリケーションのニーズに合わせてストレージ リソースを調整
    • コスト、使用事例、またはRecovery Point Objective(RPO;目標復旧時点)を基準にデータ保護サービスのレベルを選択可能
    • オンボードとオフボードを高速化、合理化
    Microsoftクラウド プラットフォーム向けCiscoクラウド アーキテクチャとネットアップが統合されたことにより、単一プラットフォームで複数のサービスを提供し、収益を拡大することができます。詳しくは、こちらをご覧ください。