NetApp Japan特設サイト: データ保護、事業継続、節電を 検討するためのポータルサイト

    企業向け災害対策無償アセスメント提供プラログラムのご利用について:

    2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、IT担当者の方々が、自身の管理する情報システムの災害対策(以下DR)に対して、実施範囲に問題がないか、実効性は十分か、またサービスレベルは十分かといった不安を抱き、見直しが必要であるという声をお聞きします。日頃データのバックアップを実施されているお客様も、バックアップデータの保管先の見直しや、従来から想定をしていた災害とは異なる電力不足による突然の停電といった事態を考慮し、DRの見直しを検討されているのではないでしょうか。
    ネットアップでは、お客様のDR状況を評価するアセスメントサービスを提供しています。今回、期間限定でDRアセスメントサービスを無償提供させて頂くプログラムを実施します。

    無償アセスメント提供プログラムの概要

    【目的】
    現在のお客様の情報システムにおけるDRの実態を押さえ、効果的にDRの見直しを実施頂くため、現状の課題を抽出し解決に向けた方向性をレポートする事です。

    【受付期間】 6月8日~8月31日

    【アセスメントの流れ】
    ① ご担当者へのヒアリングを実施(約2時間の打合せを1回)
    ② ネットアップによるレポート作成(約1週間)
    ③ レポートの提出と報告会の実施(約1時間の報告会を1回)

    【アセスメントの観点】

    カテゴリー内容
    現状のデータセンターメイン、及びDRデータセンターのロケーションや、データセンター設備に関する情報、ロケーション決定の背景等
    現状のシステム構成DR対象の業務、サーバ(台数、構成)、ストレージ(データ容量、SAN、NAS)、ネットワークの概況
    現状のDR想定事象・シナリオ、DR実施範囲、DR実施方式、設定されているサービスレベル(RTO、RPO)と運用の概況
    現状のバックアップバックアップ実施範囲、バックアップ方式、バックアップデータ保管状況、設定されているサービスレベルと運用の概況
    今後のIT計画今後のITに関する戦略や計画等(実施計画年数や概算など)
    今後のDR方針DRに関する今後の予定(パブリッククラウドサービスの利用など)

    【レポートイメージ】

    【レポート形式】 A4縦PDFファイルによるご提供

    【成果物に含まれる内容】
    総評 :御社におけるDRの実施レベルを総合評価
    課題 :確認できた課題について記述
    重点課題:課題の中で特に優先度を上げて実施すべき項目の抽出
    実施方針:課題解決に向けた方針とアクションアイテム

    【適用条件と対象】
    ・自社のDR状況を概ね理解し、ヒアリングに回答頂く事が可能である事
    ・ネットアップストレージをご利用のお客様に限らずアセスメントが可能です
    ※お申し込み多数の場合、お受けできない場合がございます。その場合はご了承下さい。

    【本プログラムのご利用の流れ】
    ① 申請手続き
    申し込みをされるご担当者様の必要情報を以下のお申込みフォームにご記入下さい。
    ② 申請内容の確認
    弊社において申し込み頂いた内容を確認させて頂きます。
    ③ 弊社担当より連絡
    弊社担当より、申請頂いた方に折り返し連絡致します。アセスメント実施に向けての打合せを最初に調整させて頂き、その打合せにてヒアリングの日程や全体のスケジュールについて調整をさせて頂きます。


    お問い合わせ内容の箇所に、アセスメント希望と記載して下さい。

    チェックリストで確認

    御社のBCPの適格度と、NetAppの考えるフレームワークを見る

    無償ライセンスのご提供

    NetAppのデータ保護を今すぐ試す