NetApp DevOpsソリューション

    迅速なスタートアップ、集中的なイノベーション、継続的な分析による企業全体の収益拡大をネットアップのDevOpsソリューションが推進します。

    移り変わりの激しい今日の世界を勝ち抜くためには、スケーラビリティのボトルネック、プロビジョニングの遅延、要件に適さないテスト ツールや自動化ツールなどの問題は見過ごせません。開発部門と運用部門が連携して業務を進める手法、DevOpsへのシフトが今、ソフトウェア開発のあり方に大きな変化をもたらしています。

    ネットアップでは早い時期にDevOpsパラダイムを導入し、「CodeEasy」と呼ばれる環境を社内に構築してパイロット運用してきました。CodeEasyは、世界中に分散する2,000ものコミュニティを対象として開発とQAのワークスペースのプロビジョニングを自動化することで、運用面と生産性面で実際に大きな効果を発揮しています。

    DevOpsでは、オンプレミスとクラウドの両方で自動化とセルフサービス プロビジョニングを使用して、開発者に必要なリソースを必要なときに、すぐに使える開発用ワークスペースで提供します。オープン ソースを重視し、統合用APIを積極的に使用しているため、開発者は豊富なデータ管理ツールを利用して、アプリケーションの開発やテストを合理化できます。

    • 新しいアプリケーションとサービスを市場に投入するまでの期間を短縮します。
    • コードの品質が向上し、リスクが軽減されます。
    • 反復可能なプロセスとベストプラクティスを通じて開発を合理化します。
    • 開発チーム間のコラボレーションを強化します。 

    DevOpsでアプリケーション デリバリ ライフサイクルを高速化する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

    NetApp® CodeEasyツールキットの詳細については、こちらをご覧ください。

    オープン ソースに関するネットアップのプロジェクトおよびネットアップとの提携について詳しくは、ネットアップのGitHubサイトをご覧ください。