NetApp Certified Storage Associate(NCSA)

    NetApp Certified Storage Associateは、ネットアップのストレージ システムとData ONTAP管理ソリューションの基礎的な知識を習得している証明となります。 NCSAを取得するには、7-Modeとclustered Data ONTAPの各種機能について理解し、NFSおよびWindows®(CIFS)のマルチプロトコル環境でData ONTAP®オペレーティング システムを搭載するネットアップ ストレージ コントローラの基本的な管理を行える必要があります。

    NCSAの要件

    NCSAは、ネットアップの認定の中でも基礎となる認定です。 ネットアップでは、NCSAの受験準備を行える以下のトレーニングを提供しています。 NCSAは、エントリレベルのストレージ管理知識を認定するものですが、ストレージ業界や、ネットアップのソリューションの具体的な特徴や機能についての知識が広範に問われる試験です。 ネットアップ ストレージに関する経験が2年未満の場合は、トレーニングを受講してから受験いただくことをお勧めします。

    ネットアップは、条件を満たす教育機関に対して、コースと演習ラボをWebベースで提供しています。詳細については、こちら(Academic Alliancesのサイト)をご覧ください。

    NS0-145試験に合格した方には、ロゴと証明書が授与されます。

    推奨トレーニング:

    NS0-145
    NetApp Certified Storage Associate
    Storage Fundamentals(Webベース トレーニング)登録
    Virtualization Technology Fundamentals(Webベース トレーニング)登録
    Data Networks Fundamentals登録
    Cloud Fundamentals登録
    Flash Fundamentals登録
    Introduction to NetApp Products(Webベース トレーニング)登録
    Data ONTAP 7-Mode Fundamentals(任意)登録
    Clustered Data ONTAP Fundamentals(任意)登録
    SAN Fundamentals on Data ONTAP(任意)登録
    Basic NetApp Configuration and Administration(講習会形式のトレーニング)登録

    注: NetApp Universityトレーニング コースに登録するには、ネットアップ サポート サイトのアカウントが必要です。 ネットアップ サポート サイトのアカウントを作成してください

    この認定試験の申し込み
    ネットアップの認定試験の登録、管理は、第三者機関の試験実施業者が行っています。 この認定試験の申し込みはこちらから行えます。 在籍教育機関を通じてこの認定に申し込む学生の方は、Academic Alliancesサイトで詳細と登録方法をご確認ください。

    関連リソース