NetApp.com
NetAppU 認定資格

取得準備

NS0-591
NetApp Certified Support Engineer—ONTAP Specialist

NetApp Certified Support Engineer—ONTAP Specialist認定試験を受けるためには、NetApp Data ONTAPストレージ システムのトラブルシューティング、分析、修正に携わった経験が6~12カ月あることが推奨されます。

推奨されるトレーニングとリソース:


NetApp Universityトレーニングに登録するには、ネットアップ サポート サイトのアカウントが必要です。

試験

NS0-591
NetApp Certified Support Engineer - ONTAP Specialist

NS0-591試験は、60問の問題で構成されます。試験時間は2時間です。日本では、第一言語が英語でない受験者の試験時間が30分延長されます。

NS0-591試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

Data ONTAP

  • ユーザ スペース プロセスのトラブルシューティング
  • WAFLリカバリ
  • ARL(アグリゲートの再配置)またはボリュームの移動
  • クォーラムのトラブルシューティング
  • クラスタまたはノードのリカバリ
  • Storage Efficiency

プラットフォームとストレージ

  • 障害が発生しているストレージ コンポーネントの修正方法
  • SAS / FC-ALケーブルの問題のトラブルシューティング方法
  • FIFO文字列のデコード方法
  • HAハードウェアの問題の解決方法

ネットワークとプロトコル

  • SAN接続のトラブルシューティング方法
  • ネットワークの高度なトラブルシューティング
  • NASのトラブルシューティング
  • パケット トレース ベースのトラブルシューティングの実行方法
  • NFSバージョンの違い
  • SMBのさまざまな機能

パフォーマンス

  • パフォーマンスの問題の分析方法
  • WAFL構造の特定

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください(「Submit Ticket Online」から英語でお問い合わせください)。