NetApp.com

NVMeとは

Nonvolatile Memory Express(NVMe)は、フラッシュや次世代ソリッド ステート ドライブ(SSD)向けのストレージ アクセスとトランスポート用の新しいプロトコルです。NVMeは、あらゆるタイプのエンタープライズ ワークロードに対して、最高のスループットと最速の応答時間を提供します。

コンシューマとビジネスのどちらの分野においても、ユーザがアプリケーションに期待する応答速度は絶えず速くなっています。同時に、アプリケーション自体の複雑さやリソース依存度も非常に高まっています。

広帯域幅で低レイテンシのユーザ エクスペリエンスの提供を後押しするために、NVMeプロトコルでは、PCI Express(PCIe)バスを介してフラッシュ ストレージにアクセスします。PCIeバスは数万の並列コマンド キューをサポートしているため、単一のコマンド キューにしか対応していないハードディスクや従来型のオールフラッシュ アーキテクチャよりもはるかに高速です。

NVMeは、あらゆる種類のコンピューティング環境で不揮発性メモリを活用するための仕様になっています。将来のニーズも見据えており、まだ開発されていない永続メモリ テクノロジに対応するよう拡張できます。


NVMe over Fibre Channel for Dummies

データ ストレージにおけるNVMeのメリット

もうそろそろ、NVMeストレージによるエンタープライズ データセンターでの時間の節約について、大きな話題となることでしょう。

  • 機械的なハードディスク ドライブの時代に設計されたプロトコルとは異なり、NVMeは、SSDだけでなく、最新のマルチコアCPUとギガバイト単位のメモリも活用します。
  • さらに、NVMeストレージでは、合理化されたコマンド セットを使用して、効率的にデータを解析、処理します。

NVMeのユースケース

NVMeストレージは、1マイクロ秒たりとも軽視できない、次のようなビジネス シナリオですでに活用されています。


NVMe over Fabrics(NVMe-oF)

NVMeは、単に高速なフラッシュ ストレージというだけではなく、ストレージ システムとサーバ間のデータ転送効率を向上するエンドツーエンドの標準でもあります。

  • NVMe over Fabricsによって、NVMeのパフォーマンスとレイテンシに関するメリットが、イーサネット、ファイバチャネル、InfiniBandなどのネットワーク ファブリックにまで拡張されています。
  • データ ファブリックを経由するホスト ソフトウェア スタックからストレージ アレイへのIOPSが向上し、レイテンシが削減されます。

NVMe over Fibre Channel(NVMe/FC)

ネットアップのデータ管理プラットフォームであるNetApp®ONTAP®の最新リリースは、NVMe over Fibre Channelをサポートしています。

パフォーマンスと信頼性が高く、ファブリックベースのゾーニングやネーム サービスのサポートも提供するため、多くの企業でファイバチャネルを中心に据えてインフラ全体が構築されています。

NVMe/FCプロトコルを使用すると、データベースなどのアプリケーションの実行速度は、FCP(基礎にファイバチャネル接続を使用するSCSIプロトコル)の場合に比べてはるかに速くなります。ONTAP NVMe/FCトラフィックは、同一のファイバチャネル ファブリックでFCPトラフィックと共存できるため、NVMe/FCの利用を簡単に始められます。ONTAP AFFシステムを使用されているお客様の多くは、システムを停止せずにソフトウェアをアップグレードするだけで準備が完了します。

NVMeについてこちらもご覧ください