NetApp.com
1

ハイブリッド クラウド インフラとは

NetApp® HCIは、エンタープライズ対応のハイブリッド クラウド インフラです。導入や管理が容易で、柔軟性と効率性にきわめて優れたアーキテクチャにより、予測可能なパフォーマンスを提供します。NetApp HCIは、複数のアプリケーションを予測可能なパフォーマンスで実行できるため、データセンター全体にハイブリッド マルチクラウド環境を導入する場合でも不安は一切ありません。

管理がシンプルになり、コンピューティングとストレージのリソースを個別に拡張できるので、インフラの力をフルに引き出せます。ネットアップのハイブリッド クラウド アーキテクチャはデータ ファブリック対応です。設定不要ですぐに統合できるソリューションなので、使用しているクラウドがパブリックかプライベートかハイブリッドかに関わらず、クラウド内のすべてのデータにアクセスできます。

HCIの仕組み

ハイブリッド クラウド インフラ(HCI)は、1つのUIで簡単に導入と管理ができる、コンピューティングとストレージの統合インフラです。HCIは、簡易性を重視して設計されているため、導入時に複雑な手作業が必要ありません。仮想化管理者やクラウド管理者が管理できるように設計されているので、ストレージ、コンピューティング、ネットワーク分野の特別なハードウェア スキルを持ったチーム メンバーがいなくても管理できます。また、従量課金モデル向けに設計されており、段階的に拡張できます。

HCIのメリット

  • 予測性:予測可能なパフォーマンスを提供することは、あらゆるデータセンターにとって大きな課題です。特に、アプリケーションやワークロードが増加し続けているようなデータセンターでは、パフォーマンスの予測が火急の課題です。複数のアプリケーションで1つのインフラを共有していると、アプリケーション間でパフォーマンスの競合が発生する可能性があります。NetApp HCIは、アプリケーション単位のきめ細かな制御を可能にする、業界最先端のパフォーマンス機能によって、予測性の課題を解決します。NetApp HCIのパフォーマンス設定によって、リソースの競合と不安定なアプリケーション パフォーマンスを排除できます。

  • 柔軟性:絶え間なく変化するビジネス環境には、既存の投資を活かしながら、あらゆるワークロードに適応できる最大限の柔軟性が求められます。NetApp HCIは、柔軟に構成できるよう設計されており、クラウドネイティブ アプリケーションの開発や、即応性に優れた仮想環境の運用を実現します。現在だけでなく未来のアプリケーションにも対応するよう設計されたプラットフォームで、アプリケーションを迅速に提供し、革新を実現できます。

  • 簡易性:多くのIT部門に共通する目標は、すべての日常業務を自動化し、手動操作によるミスのリスクを排除することです。NetApp HCIはインストールが合理化されているため、所要時間を数時間から数分に短縮できます。また、VMwareによるシンプルで一元的な管理によって、すでに使用しているツールでNetApp HCIを管理できます。これにより、ビジネスの成長を促す優先度の高い事項に貴重なリソースを集中させることができます。

NetApp HCIと他社のハイパーコンバージド システムの比較

ハイパーコンバージド ソリューションに求められるのは、購入しやすく、管理がシンプルで、統合管理機能を備えていることです。さらに、プライベート クラウドを簡易化し、単一ベンダーによるサポートと、ニーズに合わせて拡張できる経済性を提供し、拡張の計画と実施が容易で、ビジネス ニーズにすばやく対応できることも必要です。こうしたビジネス目標へのアプローチの方法は、HCIベンダーによってさまざまに異なります。

NetApp HCIは、コンピューティングとストレージを分離するアーキテクチャで、現在のHCI市場にエンタープライズレベルのアプローチを提供します。どのデータセンターやアプリケーションを見ても、必要なコンピューティングとストレージの比率が1対1ということはありません。NetApp HCIなら、データセンターやアプリケーションのニーズに合わせてインフラを柔軟に拡張できるので、パフォーマンスの予測が可能です。この予測可能なパフォーマンスのベースにあるのが、HCI業界初の、アプリケーション単位で最低パフォーマンスを保証するサービス品質(QoS)です。またNetApp HCIは、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Microsoft Azure、ネットアップ独自のデータ ファブリックで構築したハイブリッド クラウドと統合できます。

従来型のHCIベンダーが採用している共有コア アーキテクチャでは、ストレージ オペレーティング システムが仮想化されているか、ハイパーバイザーに統合されています。このようなアーキテクチャを運用すると、インフラ コストが最大で30%消費されたり、ストレージ利用率が70%を超えてパフォーマンスが予測不能になりかねません。アプリケーションで容量のみを増設すればよい場合にも、ソフトウェア ライセンス料金が発生してしまいます。従来型のHCIには専用ハードウェアも必要なため、最適なエクスペリエンスを実現するには顧客データの保存場所に気を配る必要があります。使用するアプリケーションが1つだけのリモート オフィス環境なら、専用ハードウェアを使用しても十分にシンプルですが、複数のアプリケーションを使用するシナリオではすぐに複雑さが顕在化します。

ネットアップのハイブリッド クラウド インフラが選ばれる理由

Gartnerは、2020年までに「ビジネス クリティカルなアプリケーションの少なくとも20%は、従来のインフラからHCIに移行される」と予測しています1が、NetApp HCIのようなエンタープライズクラスの機能を提供するハイブリッド クラウド ソリューションは他にはありません。NetApp HCIが提供する機能には、たとえば、インライン重複排除、インライン圧縮、ポストプロセス圧縮などの効率化機能があり、どれも追加費用なしでデフォルトで有効化されています。

NetApp HCIアーキテクチャは、ワークロードの統合とVMwareプライベート クラウドを考慮して設計されています。ストレージ ノードは最大で40台、コンピューティング ノードは最大で64台に拡張できるNetApp HCIなら、アプリケーションに必要な比率でコンピューティングとストレージを拡張できます。

HCIアーキテクチャの詳細については、ホワイトペーパー『ハイパー コンバージド インフラ ソリューションはどれも同じではない』をご覧ください。

NetApp HCIのブログで、さらに詳しく