NetApp.com
1

ハイブリッド クラウド インフラとは

NetApp® HCIは進化しています。ハードウェアはハイパーコンバージド インフラですが、次の進化でプライベート クラウド環境、パブリック クラウド環境、マルチクラウド環境にわたって一貫した相互接続を実装します。このインフラの基盤にあるのは、コア、エッジ、各種クラウドが備えるすべての機能やデータ サービスをつなぎ合わせるデータ ファブリック戦略です。オンプレミスのリソースをクラウド対応フラッシュと接続し、プライベート クラウドと複数のパブリック クラウドにあるデータを1つのリソースとして管理できるクラウドを構築するというアプローチです。 

マルチクラウド環境の構築 

この新しい環境のベースにあるのは、大手クラウドから自由に選んでアクセスできる柔軟性です。 

  • パブリック クラウド - サービス プロバイダが、コンピューティング、サードパーティの仮想マシン(VM)、アプリケーション、ストレージなどのリソースをインターネット経由で一般利用者に公開しているクラウドです。パブリック クラウド サービスは、無償の場合もあれば、従量課金制の場合もあります。パブリック クラウドは、変更申請やパフォーマンスの変更にも瞬時に応答し、要件の変化に容易に対応できる実例を示しています。

  • プライベート クラウド – パブリック クラウドのリソースを消費する場合と同等の使いやすさを、社内プラットフォームからエンドユーザに提供できます。効率性の良いプライベート クラウドなら、予測可能なパフォーマンスを提供し、オンデマンドでパフォーマンスを変更することができます。ITチームは、アプリケーションの多様性や増加パターンの変化に応じて、高い即応性でプライベート クラウド プラットフォームを拡張する必要があります。

  • ハイブリッド クラウド - パブリック クラウドのリソースを消費する場合と同等の使いやすさをエンドユーザに提供できる社内プラットフォームです。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどがあり、それぞれ、オンプレミスと複数のクラウドの利点を橋渡しする独自の機能を提供しています。データセンターにパブリック クラウド、オンプレミス コンピューティング、プライベート クラウドの組み合わせを使用することは、ハイブリッド クラウド インフラを使用していることを意味します。

  • マルチクラウド - 複数のクラウドのコンピューティング サービスやストレージ サービスを1つの異種混在型アーキテクチャで利用できます。これは見方を変えると、複数のホスティング環境へのクラウド アセット、ソフトウェア、アプリケーションなどの配信とも言えます。典型的なアーキテクチャでは、マルチクラウド環境を使用する目的は単一のクラウド プロバイダへの依存度を小さくすることにあります。ハイブリッド クラウドが複数の導入モード(パブリックかプライベートか)に焦点が当てられているのに対して、マルチクラウドは複数のクラウド サービスに焦点を当てている点が異なります。 

ハイブリッド クラウド インフラのメリット

ハイパーコンバージド インフラのアーキテクチャ設計は、ストレージ、コンピューティング、ネットワーク、ハイパーバイザーを組み合わせて従来の3層ITスタックの管理を簡易化するというアプローチであり、そのような設計は大きな進歩であったと言えますが、一方で成長の余地も残っていました。次の進化のステップは、パブリック クラウドを顧客のデータセンターに拡張するためにハイブリッド クラウド インフラにマルチクラウド環境を組み込むというアプローチです。

  • データ ファブリックへの接続 - データ ファブリックは、オンプレミスから各種クラウド環境まで幅広いエンドポイントにわたって一貫した機能を提供する、アーキテクチャおよび一連のデータ サービスです。データ ファブリックによって、単なるハイパーコンバージド インフラではなく、ハイブリッド クラウド インフラでの簡易化、統合されたデータ管理が実現されます。 

  • ハイブリッド マルチクラウド エクスペリエンスとして統合 – ハイブリッド クラウド インフラは、データ ファブリックと組み合わさることで新たなエクスペリエンスにレベルアップします。パブリック クラウドとプライベート クラウドの強みを統合して、一貫したユーザ エクスペリエンスで提供します。生産性を高め、シンプルさを保ちながら、より多くのサービスをあらゆる規模で提供できるのは、NetApp HCIだけです。

  • クラウド プロバイダ(Google、AWS、Microsoft)と提携して幅広い選択肢を用意しているため、自社に最適なプロバイダを活用した最善の戦略を実装できます。

ハイブリッド クラウド インフラの詳細情報

サイロ化に悩まされたりプロビジョニングに手間をとられたりする時代は、もう終わりです。今やプライベート クラウドは、パブリック クラウドと遜色ないスピードで対応しています。スムーズな利用環境、セルフサービス、自動化、プログラム可能なAPIを実現し、インフラに依存しない、ハイブリッド クラウド インフラを構築すれば、大きなメリットが得られます。これらのメリットによって、お客様は自社の即応性を高め、潜在能力を引き出し、データを活用して成功を収めることができます。

ビジネスの成功を促進し、ユーザの高まる期待に応えられるのは、NetApp HCIだけです。NetApp HCIで、クラウドを構築し、新しいサービスの提供を高速化しましょう。