お客様の本番環境は、コンテナとKubernetesをいつでも導入できる状態ですか?

Gartnerレポートで、本番環境が導入要件を満たしているかどうかをチェックし、併せて、導入を戦略的に成功させるためのベストプラクティスをご確認ください。

コンテナは、関心の高まりから急速に導入が進みつつありますが、技術的に成熟していないことと、運用のノウハウが確立していないことから、本番環境で運用するには、さまざまな知識を習得する必要があります。

『Best Practices for Running Containers and Kubernetes in Production』では、導入と運用に正しく取りかかるための方法が分かります。本書を参考に、環境が要件を満たしているかどうかを考え、防ぐべきミスを理解しましょう。以下に示すプラットフォーム戦略の各要素に対応する推奨事項も分かります。

  • セキュリティとガバナンス
  • 監視とロギング
  • データの永続性と保護
  • コンテナのライフサイクル管理
  • コンテナのスケジュール設定とオーケストレーション



Gartner『Best Practices for Running Containers and Kubernetes in Production』、Arun Chandrasekaran氏著(2019年2月25日)

コンテナ導入への備えを固めましょう

お申し込みいただきありがとうございました

Gartnerレポート『『Best Practices for Running Containers and Kubernetes in Production』をご用意いたしました。のちほどEメールでもダウンロード リンクをお送りいたします。

今すぐダウンロード



今から30分が経過しても担当チームからのEメールが届かない場合は、スパムや迷惑メールのフィルタ設定、または広告のブロック機能を確認してください。それでもEメールが届かない場合は、ng-emailsupport@netapp.comまでお問い合わせください。すぐに対応いたします。

プライバシー ポリシー