NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
     
nDVPNetApp Trident に統合 コンテナ関連のソリューションを 1 つに。
シェアするNetAppオフィシャルFacebook   ツイート

 

TridentにnDVPが統合

Trident nDVP が統合

Trident 18.01 リリース

まずは 2018 月に Trident 18.01 (Kuberentes 連携ソリューション) がリリースされ、そのリリースアナウンスの中に nDVP を統合というノートがありました。

18.01Cloning 機能のサポートなどが含まれており様々な新機能が増えたので見落としてました。

背景

歴史的な背景から最初に コンテナデータ永続化のパイオニアである Flocker 用のインテグレーションとして開発され、その後 Docker のプラグイン機構が整理され Docker 用のプラグインとして nDVP が作成されました。

そしていまでは Kubernetes が市場でもつ意味が非常に大きくなり、 Kubernetes 用の dynamic storage provisioner である Trident がリリースされました。

そして今回、動的ストレージプロビジョニングを Trident1 つにまとめたという形になりました。 Trident で出来ることはアプリケーションからストレージが要求されたら動的にプロビジョニングし、コンテナにマウントするまでを行ってくれます。

Container Storage Interface(CSI) との関係

CSI とはストレージベンダーが複数のコンテナオーケストレータそれぞれに対応しなくていいように業界標準となるインターフェースです。たとえば、 Kubernetes 用に plugin を作成したら他のオーケストレータ (Docker, Mesos, CloudFoundry) でも使用可能となります。

NetApp は、このような標準化においてコミュニティへノウハウの提供やコミュニティ活動を強力に支援しています。

ドキュメント

こちらに最新のドキュメントが公開されております。

Trident Storage Orchestrator for Containers

次回配信では nDVPTrident に置き換えて使ってみた結果をお届けしたいと思います。

まとめ

nDVPTrident に統合されて NetApp のコンテナ関連のソリューションは Trident に一本化しました。

2018 年 03 月

Go further, faster
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2018 NetApp