メニュー

Dynamic Disk Poolsとは?

オレンジ色の背景にオレンジ色の立方体と青色の立方体

NetApp SANtricity Dynamic Disk Pools(DDP)は、ストレージ システムデータ保護データ管理を大幅に強化したテクノロジです。データ転送速度を十分に高めることなくディスク容量が増え続ける中、従来型RAIDのリビルドに要する時間は、最大数日に及ぶほど長くなっています。リビルドに時間がかかりパフォーマンスが低下し、ディスク障害が増える可能性があります。

DDPテクノロジは特許5件で保護されており、簡単な管理と自己最適化により信頼性の高いストレージを提供するとともに、ドライブ障害からのリカバリなど、どのような条件下でも予測可能なパフォーマンスを維持します。DDPテクノロジは、リビルド時間を最大4倍速にし、ディスクの多重障害の発生確率を大幅に低減して、優れたデータ保護を実現します。

Dynamic Disk Poolテクノロジの活用方法

ストレージ管理者は、 DDP機能を使用して、類似する一連のディスクをプール トポロジにグループ化し、プール内のすべてのドライブを I/Oワークフローに含めることができます。このテクノロジを使用すると、 RAID 5 や RAID 6 よりもドライブのリビルド時間が短縮され、複雑な RAID グループ構成が不要になるため、ストレージ管理者は容量の割り当てに集中できます。

引き続きお読みください