メニュー

Cloud Volumesとは

ピンクの背景に浮かぶピンクのカード

NetApp Cloud Volumes ONTAPデータ管理ソフトウェアを使用すれば、クラウドの柔軟性を活用しながら、データを効率よく制御、保護できます。NetApp ONTAPストレージ ソフトウェアを基盤とした、クラウドベースのデータ管理サービスであるCloud Volumes ONTAPは、幅広いクラウド データ ニーズに対応する、汎用性に優れた高度なストレージ プラットフォームを提供します。自社運用と同じストレージ オペレーティング システムをクラウドでも利用できるため、データ ファブリックの価値を高めることができます。まったく新しいデータ管理方法についてIT担当者をトレーニングする必要もありません。

Cloud Volumes ONTAPは、多種多様なお客様の要件を満たすデータ ストレージ ソリューションで、AWS、AzureおよびGoogleで利用できます。ディザスタ リカバリ、開発、テストの環境はもちろん、本番環境で稼働するビジネス アプリケーションや、NFSやSMBを使用するファイルサービスなどの、可用性に優れたノンストップ オペレーションを必要とする重要なアプリケーションまで、さまざまな要件に幅広く応えます。Cloud Volumes ONTAPは、クラウド コンピューティング インスタンス上に、クラウド ストレージを管理するソフトウェア型ソリューションとして導入します。導入と管理は、NetApp Cloud Managerから行えます。クラウドのリソース上で直接、仮想ストレージ ソリューションを構築できるようになります。

Cloud Volumes ONTAPを基盤にクラウド ストレージ環境を構築すると、お客様のクラウド ストレージで高度なデータ管理機能を利用できます。ONTAPは、SMB、NFS、iSCSIをサポートしているため、アプリケーション環境にNASとSANストレージの両方をプロビジョニングすることが可能です。また、パフォーマンスへの影響ゼロのNetApp Snapshot™コピーを作成し、バックアップとリカバリ用のデータのポイントインタイム コピーをほぼ瞬時に作成できます。ストレージ リソースを余分に消費することも、アプリケーションのパフォーマンスに影響が生じることもありません。

Amazon FSx for NetApp ONTAP

Amazon FSX for NetApp ONTAP は、ネットアップのテクノロジを基盤とするネイティブのAWSマネージド サービスで、ファイル サーバやストレージ ボリュームのセットアップやプロビジョニングに伴う管理負荷を軽減します。Amazon FSx for NetApp ONTAPは、エンタープライズ データ サービスの包括的なスイートを活用し、Linux、Windows、iSCSIの各インスタンスに対する業界屈指のマルチプロトコル サポートにより、より多くのミッションクリティカルなアプリケーションの移行、高速化、分析、保護を実現します。

今回初めて、NetApp ONTAPをオンプレミスと同様にAWSで利用できるようになりました。AWSはネットアップと協力して、プライマリ アプリケーションの移行と実行、オンプレミスからクラウドへのバックアップとDRの拡張、開発とテストにかかる時間の短縮、クラウド アプリケーションでの起動を実現しました。

この機能豊富なAWSネイティブ クラウド ストレージは、データセンターで一般的に使用される実績のあるエンタープライズクラスのデータ パフォーマンスと管理機能を提供するよう、調整されています。

企業のお客様は、AWS上でワールドクラスのファイルおよびブロック サービスを利用できるほか、バックアップ、クロスリージョン レプリケーション、キャッシング、階層化、コンプライアンスなど、ネットアップが提供するエンタープライズクラスのデータ サービス一式を、すべてAWSネイティブとして利用できます。 

Amazon FSx for NetApp ONTAPは、業界で実績のある機能、パフォーマンス、API、データ管理機能(SnapMirror、FlexClone、FlexCacheなど)をサポートしながら、分析、コンプライアンス、コンピューティングの最適化、エンタープライズデータの効率化など、比類のないパフォーマンスを実現するエンタープライズクラスのエクスペリエンスを提供します。

Azure NetApp Files

Azure NetApp Filesは、Microsoftが提供し、業界をリードするネットアップのONTAPテクノロジを基盤とする、Azureサービスです。従来型アプリケーションを含むNFSファイル共有ワークロードをAzureに移行できるサービスで、アプリケーションの再設計は不要です。これまで何カ月、何年もかかっていたクラウドへの移行を、数日や数週間に短縮できます。

Azure NetApp Filesは、Azure portal内でプロビジョニングしたりシームレスに管理できます。課金、CLI、導入の方法は、他のAzureサービスと変わりません。Azure内の専用環境を使用するので、最適なパフォーマンスが保証されます。

Azure NetApp Filesは、時間とコストのかかる設計変更が不要なので、手間をかけずにAzureでファイルベースのワークロードをシームレスにプロビジョニングでき、驚くほど短期間で組織のクラウド要件を満たせます。

Azure NetApp Filesでは、NFS v3、v4、v4.1からSMBまで、あらゆるファイルベースのワークロードをそのままAzureに移行できます。ストレージの追加も、保証されたパフォーマンスの複数のレベルをAzure portalからシームレスに追加するだけで完了します。パフォーマンス レベルは、その場で変更でき、データの移動や新規ボリュームの作成は不要です。

Cloud Volumes Service for Google Cloud

ネットアップとGoogle Cloudは、それぞれの強みを活かして、卓越したパフォーマンスと高度なデータ管理機能を備えるクラウドネイティブのファイル ストレージサービス、NetApp Cloud Volumes for Google Cloudを開発しました。また、Google Cloud上で1,000ドルまでのボリューム消費が可能なCloud Volumes Serviceの、14日間の無償トライアル を提供しています。 

ネットアップとGoogle Cloudの戦略的アライアンスにより、高度に統合されたセルフサービス型マルチプロトコル ファイルサービスがGoogle Cloud上で提供されます。シンプルなAPI呼び出しやGoogle Cloud Launcher GUIでクラウドネイティブ ファイルサービスをプロビジョニング、自動化、拡張できます。

両社のユニークなパートナーシップにより、Google CLoudサービスの従来の表示や使い勝手はそのままに、課金、API、ユーザ インターフェイス、Googleサポートが統合されたサービスをご利用いただけます。

オンプレミスのワークロードをクラウドに移行する際は、たいていの場合、ファイル共有が必要になります。オンプレミスのワークロードのファイル構造が、Google Cloud Storageのようなオブジェクト ストレージに簡単に変換できるとは限りません。さまざまな業界の大企業、SaaSアプリケーション、HPC、科学計算での利用を想定していますが、NetApp Cloud Volumes Service for Google Cloudは、基本的には、ファイルベース(NFSまたはSMB)のストレージを必要とするコンピューティング ワークロードを実行する予定のある、すべてのお客様にお使いいただけます。

関連情報