メニュー

クラウド分析とは

横置きされたグレーの拡大鏡

クラウド分析とは、プライベート クラウドやパブリック クラウド上のデータに対して、クラウド上で分析アルゴリズムを適用し、目的の結果を導き出すことです。クラウド分析では、拡張性に優れたクラウド コンピューティングと強力な分析ソフトウェアを導入することで、データのパターンを特定し、新たなインサイトを引き出すことができます。ますます多くの企業が、競争上の優位性を獲得したり、科学的発見を促進したり、またはあらゆる方法で生活を改善する上で、データ分析に依存するようになっています。そのためデータの量と価値が増え続け、データ分析はますます重要なツールになりつつあります。

クラウド分析は多くの場合、人工知能(AI)機械学習(ML)深層学習(DL)などと関連しています。また、ゲノム研究や石油、ガス分野での科学的研究、ビジネス インテリジェンス、セキュリティ、モノのインターネット(IoT)などの業界アプリケーションで一般的に使用されています。実際、どのような業界でも、組織のパフォーマンスを向上させ、新たな価値を生み出すために、データ分析を活用できます。

AIやその他の分析アプローチを活用することで、あらゆる規模の組織がデータ主体の意思決定を迅速に行い、製品やサービスの効率化を図ることができます。クラウドは、コンセプトの実証(POC)によりアイデアを迅速に実験に移すことを可能にし、AIアプリケーションの構築やDLモデルのトレーニングを行うための豊富なソフトウェア エコシステムを提供する、不可欠なプラットフォームです。

AIは、ビジネス プロセスの自動化、データ分析による認知的洞察の提供、自然言語処理による顧客との対話など、重要なビジネス ニーズをサポートするために、複数の分野で使用されることがますます増えています。次世代のMLであるDLは、大量のデータから学習し、人間の脳のパターン認識(画像、音声、テキストなど)を模倣します。

クラウド インフラ分析のサブセットであるクラウド インフラ分析は、オンプレミス、クラウド上のITインフラに関連するデータの分析に焦点を当てています。その目的は、I/Oパターンの特定、アプリケーション パフォーマンスの評価、ポリシーへの準拠の確認、キャパシティの管理やインフラの耐障害性のサポートなどです。

クラウド分析を活用して、ビジネスの成長とスケーラビリティを促進する方法

データ分析は新しい概念ではありません。90年代後半に登場した「ビッグデータ」 という用語は、エネルギー、金融サービス、ヘルスケア、宇宙旅行、その他の科学分野など、特定の業界でよく見られる大規模なデータセットを指す言葉として登場しました。大規模なデータセットを分析し、そこからインサイトを得ることを目的としたデータ分析は、Apache Hadoopなどの分析ソフトウェアの登場により加速しました。分析テクノロジやワークロードをクラウドに移行するにつれ、クラウド分析として知られるようになりました。クラウド分析は、非常に大規模なデータセットに対する複雑なデータ分析の実行を容易にし、アクセス性、機能を急速に向上させています。

クラウド分析は特に次のような理由から注目されています。

  • 世界中で収集されるデータの量は驚異的な速さで増加しており、その多くがクラウドやIOTエンドポイントで作成され、プールされています。
  • クラウドで提供されるサービスは自動化されたサービスとして提供され、物理的なハードウェアの導入やメンテナンスが不要なため、導入がはるかに簡単になります。
  • クラウド ビジネス モデルを使用すると、ユーザは必要に応じてサービスのオンとオフを切り替えることができます。このような消費アプローチにより、お客様は使用したときに使用した分だけを支払うことができるため、資本インフラの調達と管理の責任がなくなり、データ センターのスペースも削減できます。
  • クラウドでは、ユーザは課題に応じて適切な量のITリソースを導入できます。リソースのサイズを動的に変更できるため、ユーザはコンピューティングやストレージを簡単に適用し、ニーズの変化に応じて拡張できます。すべてのデータ分析プロジェクトのために、一定の容量の物理的なIT機器を調達する必要はありません。
  • ハイブリッド分析ソリューションの構築は、クラウドを活用して新しい分析プロジェクトをPOCとしてテストしてから、オンプレミスへの投資を行いたいユーザに効果的です。

クラウド分析は企業に次のようなメリットをもたらします:

  • 治療法を提供するためのゲノム データの検証により、遺伝性疾患の理解を深める
  • 音声、画像、動画のパターンを識別し、顧客満足度の向上やカスタマー サービスを改善
  • 購入行動の調査により、製品の可用性と提供を改善
  • 疾患報告のパターンを特定して、医療およびワクチンの可用性を向上
  • ハイブリッド クラウド インフラを分析し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、ITコストを最適化

ネットアップのクラウド分析ソリューション

ネットアップは、データのパフォーマンス、管理、保護の改善を目的としたソリューションを提供しています。データはあらゆる分析プロジェクトの中核を成すものです。ネットアップは、ハイブリッド クラウド全体にわたって、データ分析の高速化とデータ可用性の向上を実現する IT ソリューションを提供しています。

Cloud Volumes

NetApp Cloud Volumeは、NFSプロトコルとSMBプロトコルをサポートする、クラウドネイティブのファイル サービスです。効率的なsnapshotやクローンなどの高度な機能により、高いI/Oパフォーマンス、高可用性、使いやすさを実現します。AWS、Azure、およびGoogle Cloudで利用できるこのサービスは、非常に要件の厳しい分析ワークロードに最適です。

NetApp ONTAP向けAmazon FSx

AWSインフラを活用すれば、分析、コンプライアンス、コンピューティングの最適化、エンタープライズ データの効率化を通じて、卓越したパフォーマンスを実現できます。フルマネージドで、ネイティブのAWSファイル サービスであるNetApp ONTAP向けAmazon FSxは、AWSの即応性とネットアップの実証済みのデータ管理機能を組み合わせて、すべてのデータに対応する統合ストレージ プラットフォームを提供します。

Azure NetApp Files

Azure NetApp Files は、Azureクラウド ポータルで利用できる、使いやすいMicrosoftネイティブのファイル サービスです。Azure NetApp Files は、高度なデータ管理機能と Azure サービスとの統合により卓越したパフォーマンスを実現し、パフォーマンスの影響を受けやすいファイル ワークロードをサポートします。

Cloud Volumes Service for Google Cloud

ネットアップとGoogle Cloudは、それぞれの強みを活かして、卓越したパフォーマンスと高度なデータ管理機能を備えるクラウドネイティブのファイル ストレージサービス、NetApp Cloud Volumes for Google Cloudを開発しました。

Cloud Insights

NetApp Cloud InsightsはSaaSベースの製品で、お客様のグローバルなITインフラをリアルタイムで監視し、トラブルシューティングを行い、コストを最適化します。小規模から大規模なIT環境まで対応できるスケーラビリティを備えたCloud Insightsは、最新のダイナミック クラウド テクノロジ向けに設計されており、ハイパフォーマンスとコストの最適化を実現します。

ネットアップのクラウド分析についてもっと読む