メニュー

NetApp Test Drive

こちらの評価版では、ネットアップ製品の機能を無償でお試しいただけます。

の 2 つの反射スクリーンの前にある青い球 ライトブルーの背景

ネットアップ製品を試す*

NetAppとNVIDIAを使用したAIデータ パイプラインの構築

このラボでは、ネットアップのAIコントロール プレーンのコンポーネントをNVIDIA GPU Cloud(NGC)と連携させて、データ管理タスクをトレーニングと推論のワークフローに組み込む方法について紹介します。

  • NVIDIA NeMo(対話型AIモデルの開発ツールキット)を使用
  • GFCを使用した自然言語処理アプリケーションのトレーニングと微調整
  • Jupyter Notebook、NVIDIA AI/MLハードウェア、ONTAPストレージを使用した統合ポイントの確認

公開日:2020年9月29日

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
StorageGRIDを使用したデータ ファブリックのエンタープライズ オブジェクト ストレージ

このラボでは、StorageGRIDを使用して、一元化された効率的なストレージ管理、低レイテンシ、クライアント データ アクセスの高可用性を実現する方法について紹介します。

  • StorageGRIDを使用して、オブジェクト ストレージ向けハイブリッド データ ファブリックを構築
  • StorageGRIDでノード、ユーザ、アラートを管理
  • StorageGRIDで高可用性グループを作成、テスト

公開日:2020年4月30日

所要時間:45分

Test Driveを申し込む
ONTAP 9.7とSystem Manager向けクラスタのセットアップ

ONTAP 9.7では、System Managerの簡易化された新しいユーザ インターフェイスがデフォルトで設定されています。これにより、ONTAPのエキスパートでなくてもITジェネラリストがONTAPクラスタをきわめて簡単に導入、管理できるようになりました。このラボでは、System Managerを使用してONTAPのクラスタ、ストレージ、VM、ボリューム、共有、LUNを容易に作成および管理する方法をご紹介します。

  • System Managerのクラスタ セットアップ ウィザードで新しいクラスタを迅速かつ簡単に導入する方法を確認
  • クラスタの最初のストレージVM、ボリューム、LUNを迅速に作成
  • ITジェネラリストがSystem Managerを使用して日常的なクラスタ管理を容易に実行する方法を確認

公開日:2020年3月17日

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
NetApp Deployment Engineを使用したHCIの構成

NetApp Deployment Engine(NDE)を使用してNetApp HCIを設定します。このラボでは、未設定のノード(コンピューティング ノード×2、ストレージ ノード×2)にNDEを使用して、ネットアップ管理ノードと一緒に新しいvSphere 6.7 vCenterをHCIシステムに導入する方法について紹介します。

  • NetApp HCI向けNetApp Deployment Engineのリリース
  • メニューベースのユーザ インターフェイスでVMware vSphereを導入してネットワークを設定
  • 最終的なHCI構成を確認

公開日:2020年7月6日(更新)

所要時間:1時間30分

Test Driveを申し込む
NetApp Global File Cacheを使用して分散した業務環境にアクセス

Global File Cache(GFC)をCloud Volumes ONTAP(CVO)、Cloud Volumes Service(CVS)、またはAzure NetApp Files(ANF)に追加して、SMBファイル ストレージとデータをあらゆるリモート オフィスやブランチ オフィスからパブリック クラウド(Azure、GCP、AWS)に統合できます。このラボでは、GFCを使用してビジネス ワークフローやITインフラをクラウドに統合する方法について紹介します。

  • Global File Cacheのユーザ エクスペリエンスをテスト
  • GFCを使用したブランチ オフィスのストレージ管理
  • リモート コラボレーションの手順をチェック

公開日:2020年9月9日

所要時間:30分

Test Driveを申し込む
FabricPoolによるストレージ階層化:クラウド データをONTAPからStorageGRIDに移動

オブジェクト ストレージを使用する自動階層化機能です。アクセス頻度の低いコールド データをプライベート クラウドからオブジェクト ストレージに移動して、アクセス頻度の高いホット データに高価な高速SSDストレージを有効活用できるようにします。

  • アクセス頻度の低いデータがわかるレポート機能
  • FabricPoolがStorageGRIDと連携するように設定
  • ポリシーを作成し、しきい値を基にデータを移動

公開日:2019年10月24日

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
ONTAPによるデータ ファブリックでのエンタープライズ アプリケーションの保護

ONTAPテクノロジを使用すると、データベースのバックアップとスペース効率に優れたレプリケーションを簡単に実現できます。

  • Storage Efficiencyと管理機能をデモで体験
  • スペース効率に優れたSnapshotを設定
  • データ保護ポリシーを作成

公開日:2019年10月24日

所要時間:40分

Test Driveを申し込む
Tridentで、ネットアップを基盤にした永続的ストレージのメリットを活用

Tridentでは、Kubernetesの標準のコマンドラインを使用して、自身でプロビジョニングする永続的ストレージをすばやく簡単に構築できます。

  • 永続的ボリューム(PV)を作成
  • PVのSnapshotやクローンを作成
  • 永続的ボリュームの要求(PVC)が可能

公開日:2019年10月24日

所要時間:40分

Test Driveを申し込む

注:評価は英語でのみご利用いただけます。

ラボ オンデマンド

ラボ オンデマンド

ネットアップのプライバシー ポリシー に同意し、いつでもネットアップの通信を 停止 したり、設定を管理したりできることを理解しています。2