メニュー
オフィスで談話する2人の人物

Google CloudでWindowsを管理するためのワンストップ ソリューション

Google Cloud NetApp Volumesなら、Windowsワークロードの移行は安心です。Google Cloud上で稼働するフル マネージドのエンタープライズ ファイル ストレージは、アプリケーションのリファクタリングを行わなくても、ストレージを統合して一元管理できるよう設計されており、大幅なコスト削減を実現します。

Google CloudでWindowsを運用する理由

Google CloudでWindowsワークロードを管理する未来へようこそ

Windowsワークロードの管理は手間のかかる作業ですが、最新化によって複雑さが増しては意味がありません。

そこでお勧めするのが、Google Cloud NetApp Volumesです。WindowsワークロードをGoogle Cloudに数分で導入し、アプリケーションを高速化して臨機応変に拡張できるようにします。何より便利なのは、コードのリファクタリングや、プロセスやチームの再設計が不要なことです。

手軽な移行でアプリケーションのパフォーマンスを最大化

Windowsファイルサーバとファイル共有を、かつてないほど簡単に移行できます。Google Cloud NetApp Volumesは、ハイパフォーマンスなエンタープライズクラスのストレージに、マルチプロトコル ファイルのサポートを組み合わせたフル マネージド ファイル ストレージ サービスです。ファイル共有、アプリケーション移行、リモート データ レプリケーションに最適です。

低コストのクラウド最適化で、投資を迅速に回収

優れた管理性、パフォーマンス、コスト削減効果で、クラウドへの移行を成功させましょう。ストレージの自動管理、パフォーマンス階層の瞬時の変更、クラウド階層化により、ストレージ コストを最小限に抑えられます。Google Cloudは、容量をコミットすることで割引を受けられる、シンプルで柔軟かつ画期的な価格モデルを採用しています。初期費用は不要です。

オフィスで談話する2人の人物

管理作業を減らし、より多くの成果を達成

フル マネージドのファイル ストレージ サービスのプロビジョニング、自動化、拡張を、数回のクリックで実現できます。リファクタリングを行ったり、運用方法を変更しなくても、Google Cloudへの導入を数分で完了させて、アプリケーションを実行できます。バックアップ、メディア ファイル、Webアセット、プログラム ファイル向けの共有ストレージを用意し、フォルダへのアクセス認証にActive Directory NTFS権限を利用できます。

オフィスでくつろいでいる人

Google Cloudで管理するWindowsのユースケース

パネル張りの壁の建物

Windowsファイルサーバの移行と切り替え

大がかりな作業は不要です。WindowsファイルサーバをGoogle Cloudに簡単に移行して、ストレージ インフラ コストを大幅に削減できます。さらに、組み込みのセキュリティ、暗号化、NetApp® Snapshot™コピーによる、ストレージ容量をほとんど消費しない瞬時のデータ保護により、安心して移行を進められます。

分散したWindowsファイルサーバを統合

どこからでも自由に移行できます。リモートやエッジのWindowsファイルサーバをなくし、ブランチ オフィスでのバックアップを不要にして、サーバ管理コストを削減できます。可用性とパフォーマンスが向上し、データへのグローバルなアクセスが可能なので、お客様にも満足していただけます。

仮想デスクトップ インフラの最新化

未来はもうそこまで来ています。クラウドのVDIのメリットを最大限に活用しましょう。クラウド ストレージとデータ管理にグローバル コントロール プレーンを組み合わせれば、地域やプロジェクトが異なっても、単一のコンソールからVDIワークスペースを自動で導入して管理できます。

ニーズに合わせてパフォーマンス階層を選べるGoogle Cloudで、Windowsファイル共有を運用

ワークロードに適したパフォーマンスを選択し、オンデマンドで容量を調整することで、Google Cloudの予算を削減できます。費用の請求は1つにまとまった請求書で受け取れます。

Google CloudでWindowsワークロードの管理を始めてみませんか?

Google Cloud NetApp Volumesの導入に向けて準備中でも、カスタマイズされたデモで説明を受けることをご検討中でも、NetAppはお客様を全面サポートします。

Drift chat loading