メニュー

ネットアップの柔軟性がGoogle CloudへのVMwareの展開を支援

Google Cloudのスケール、VMwareのパワー、ネットアップの柔軟性

すでにある人材やスキル、プロセスをそのまま使用して、VMwareベースのインフラをモダナイズできます。ゼロからのスタートではなく、スキルアップも必要ありません。

オフィスでノートパソコンを操作している人

Google CloudでのVMware導入にネットアップのソリューションが選ばれる理由

エキスパートがお勧めします

ESGのシニア アナリストであるRobert Strechay氏が、VMwareをGoogle Cloudに移行してパフォーマンス、データ保護、イノベーションを強化する際に必要な作業を細分化し、それらの作業にネットアップがどう役に立つかについて分析します。

VMをオフプレミスに移動

データセンターからGoogle Cloudに、すばやく低コストでVMを移行できます。

成長に合わせて拡張

画像やアーカイブなど、大容量のストレージを必要とする一方でコンピューティング要件は高くない、または変動のある仮想化アプリケーションのニーズを満たしつつ、コストを削減します。

徹底した保護

NetApp®Cloud Volumes Serviceに組み込みのデータ保護機能を活用して、データの損失や破損が発生した場合も簡単に復旧することができます。

共有も簡単

VMをNFS共有またはSMB共有に接続して、ストレージとバックアップのコストを削減。  複数のVMとアプリケーション間でファイルを共有できます。

NetApp Cloud Volumes for Google Cloud

卓越さとは、1つの行動ではなく、実践とパートナーシップである

ネットアップのソリューションはGoogle Cloudと緊密に統合されており、データを完全にコントロールできます。オンデマンドの階層化、NetApp Snapshot™コピー、データ保護など、あらゆる機能をGoogle CloudのUIから実行できます。

オフィスでノートパソコンを操作している人

クラウドベースのVMwareバックアップとディザスタ リカバリ

オンプレミスのvSphereデータを標準で保護

ネットアップとGoogle Cloud VMware EngineでオンプレミスのVMwareデータを保護する方法を紹介した、ネットアップのGeoffrey TudorとGoogle CloudのWade Holmes氏によるWebセミナーの動画をご覧ください。

ディザスタ リカバリ

ネットアップでVMwareの管理を簡単に

でもどうやって?

ネットアップのCloud Volumes ServiceエキスパートであるKarl Konnerthが、Google Cloud VMware EngineでのVMware管理を改善するためにCloud Volumes Serviceを導入するメリットについて解説します。

オフィスでノートパソコンを操作している人
オフィスで会話しながら歩く2人

次の一歩を踏み出す準備はできましたか?

ネットアップのスペシャリストが、大企業から中小企業まで様々なニーズにお応えします。セキュリティ上の問題からクラウドのコスト対策、VM移行に伴うストレスまで、お客様が抱える課題の解決をサポートします。クラウドへの移行と展開はネットアップにお任せください。

Next Steps

Drift chat loading