メニュー
橋脚

Google Cloud向けサイバー レジリエンス

 : NetAppのデータ保護ソリューションとセキュリティ ソリューション

データの損失や盗難、権限の悪用、人為的ミス、ランサムウェア、火災、地震、火山噴火...サイバー セキュリティ上のリスクは尽きることがありません。

NetAppとGoogle Cloudは、場所を問わずデータをセキュアに保護します。NetApp® Snapshot™コピーや脅威検出などの自動化された機能を使用すると、組織の環境を効率的に管理しながら、安全な場所にデータをリカバリできます。

NetAppのGoogle Cloud向けデータ保護

NetAppのソリューションなら、データの保護、アーカイブ、複製、リストア機能が標準搭載されているので、3-2-1ルール同様のデータ保護を簡単に実現できます。データのコピーを複数のクラウド リージョンに保持して99.99%の可用性を実現する場合も、データをミラーリングしてリカバリする場合も、NetAppはお客様のデータを災害から確実に保護します。

サイバー レジリエンスの強化を後付けにしてはいけない理由

    • 80% 

    • セキュリティ インシデントの発生に気がついていないセキュリティ担当者の割合Verizon『2022 Data Breach Investigations Report』:https://www.verizon.com/business/resources/reports/dbir/

    • 3

    • 成功したサイバー攻撃の平均ステップ数 Verizon『2022 Data Breach Investigations Analysis』:https://www.verizon.com/business/resources/reports/dbir/2022/results-and-analysis-intro/

    • 82% 

    • 人為的な要素が原因のデータ漏えいVerizon『2022 Data Breach Investigations Report』(PDF):https://www.verizon.com/business/resources/T436/reports/dbir/2022-data-breach-investigations-report-dbir.pdf

サイバー レジリエンスのベストプラクティスを構築するには

クラウドへの拡張が進むと、あらゆるデータ保護機能やセキュリティ機能を利用できるようになりますが、サイバー攻撃への対策として必要なものや、対策が必要な場所は、どのように特定したらよいのでしょうか。

青空と山々

Snapshotコピーを使用したGoogle Cloudのリカバリ

データ漏えいのビッグ ニュースで世間を騒がしたいとは、誰も思わないでしょう。サイバー インシデントは、「起きるかどうか」ではなく「いつ起きるか」という問題です。サイバー レジリエンスとは、改ざん不可能なコピーからデータを迅速かつ完全にリカバリするテクノロジと戦略を組織的に導入して、データや収益の損失を最小限に抑えようという考え方です。

デスクでタブレットを見ている人

NetAppとGoogle Cloudによるランサムウェア対策

ランサムウェアは単純な問題でも、それだけで終わる問題でもありません。内部の脅威、マルウェア、データの悪用など、相次いで発生するインシデントに備える必要があります。組み込みのデータ保護機能とセキュリティバイデザインによる対策を組み合わせることで、リカバリを高速化できます。

ラップトップを持って立っている人
椅子に座り、携帯電話を見て微笑んでいる人

次のステップ

クラウドのサイバー レジリエンスを強化するための万能プランはありません。NetAppの社内にGoogle Cloudスペシャリスト チームがいるのは、そのためです。プライベートな戦略セッションをご予約ください。Google Cloudで真のサイバー レジリエンスを実現するためのガイダンスを、エキスパートがご提案します。 

詳細をさらにチェック

Drift chat loading