メニュー

ネットアップと進化したクラウド

 : クラウドの活用を支援

一歩進んだハイブリッド マルチクラウドを体験しませんか?ネットアップは複雑さやロックイン、サイロ化、死角のない環境を実現し、クラウドのポテンシャルを最大限に引き出します。即応性は向上し、コストとリスクは急減し、持続可能性目標は達成され、ITチームはあらゆる面でイノベーションと変革を推進できるようになります。

雲の切り抜きとそれを囲むカラフルな球体
本書の内容

このページを共有

クラウドは今、転換期を迎えています。初期の大きな混乱の波は過ぎ、ほぼすべての企業でクラウドの導入が進みました。さらにほとんどの企業が、偶然の場合も含めて、オンプレミス環境と並行して複数のクラウドを利用しています。クラウドはその試用期間を終えました。拡張性や柔軟性など、クラウドが当初約束したことの多くは実現しましたが、現在のハイブリッド マルチクラウド環境が提供しているクラウド体験は理想的とは言えません。クラウドを最大限に活用するうえで大きな障壁となっているのが、 コスト、複雑さ、可視性の欠如、そしてスタート時のリスクです。加えて、アプリケーション モビリティ、テレメトリ、クラウドの相互運用性といったフレームワークがバラバラなため、アプリケーションとデータのサイロ化も起きています。

この状況を打開する新しいアプローチが「進化したクラウド」です。ネットアップは、この新しいアプローチを最大限に活用できるようにお客様を支援します。進化したクラウドは、ハイブリッド マルチクラウド環境に対する戦略的アプローチです。ビジネスの運用とアーキテクチャにクラウドを完全に統合し、ビジネスの課題をさらに増やすのではなく、課題を解決します。進化したクラウドでは、サイロ化が解消され、管理がシンプルになります。さらに一貫性が確保され、データセンターとクラウド全体が完全に可視化されます。すべてが効率的で、安全に運用され、かつ常に最適化されるため、技術者はイノベーションに専念することができます。

進化したクラウドにネットアップを選ぶ理由

破壊的な変革は待ったなしで進んでおり、人材の格差はますます広がっています。テクノロジ主体の変革を求める圧力は大きくなるばかりです。ウォールド ガーデンやハイパーコンバージド プラットフォームに固執している競合他社も存在します。そのようなベンダーは、使用できるパブリック クラウドを限定し、サイロ化された使い回しのソフトウェアを「クラウド」と呼ぶことで、ロックインを作り出しています。一方、ネットアップは常に革新的な取り組みを行っています。その30年にわたるイノベーションの歴史は、進化したクラウドのパートナーとしてネットアップを選ぶべき数多くの理由の1つにすぎません。ここでは、ほかの理由について詳しくご説明します。

世界をリードする大手クラウド プロバイダとのパートナーシップ

ネットアップの行動の裏には、常にクラウドへの愛があります。ネットアップは話題になる前からクラウドを導入し、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudと深いパートナーシップを結んできました。エンタープライズクラスのストレージ サービスを大手クラウドでネイティブに提供しているのはネットアップだけであり、これは長年のイノベーションの成果です。

進化したクラウドについても同様です。ウォールド ガーデンに固執しているベンダーでは、ネットアップと違って、使用するクラウドを選択できる完全な自由がありません。ベンダーに言われるがままにロックインを受け入れるべきではないのです。ネットアップは、お客様がそれぞれのビジネスに適したクラウドを選択できるべきであると考えています。反論は受け付けません。

ハイブリッド マルチクラウドの運用を一本化

ネットアップは、ハイブリッド マルチクラウド環境を熟知しています。ハイブリッド マルチクラウド環境が複雑であることは言うまでもなく、ITチームは、クラウドごとに異なる膨大な数のルールやツール、手動プロセスへの対応に疲弊しきっています。複数のクラウドをスムーズに連携させるのは簡単なことではありません。また、すでに枯渇している労働市場において、適切なスキルセットを持つ技術者を次から次へと見つけることは困難です。  

ネットアップのソリューションは、最初からハイブリッド マルチクラウド向けに設計されています。そのため、機能や柔軟性を制限することなく、データセンターと複数のクラウドを一元的に運用し、完全に可視化して制御することができます。スペシャリストを何人も抱える必要はありません。ストレージ インフラ層では一般的なデータ管理機能を、ステートフル アプリケーションにはオープンソース データベースを活用します。また、自動化によって多くの手動タスクをなくすことができます。つまり、優先項目のリストから高度なITスキルが必要なタスクを大幅に減らすことができます。 

自動化でコスト削減と大幅な効率化を実現

ここで、前述した自動化について詳しく解説します。リソースやインフラを最適化してコストを削減したり、セキュリティの脅威を1つも見逃さないよう必死で監視したり。時間がかかるわりには勘に頼ることもある、こういった作業にうんざりしている方も多いのではないでしょうか。ある程度は自動化してもすべてに対応できていない場合もありますし、また、クラウドを横断的に制御するのは容易なことではありません。  

進化したクラウド環境では、AIによる自動化を導入することで手作業の負担が軽減されるため、より重要な作業に集中できるようになります。さらに、前月のクラウド請求金額について財務に問い詰められることもなくなります。ネットアップは、マルチクラウド管理の鍵である継続的な最適化に最初に取り組んだベンダーです。ネットアップのソリューションなら、シンプルな操作でアプリケーションに求められる機能をピンポイントで提供しながら、オンプレミスとクラウドの両方でコストと効率性を常に最適化することができます。言うならば、クラウドの形をした「クイック」ボタンのようなものです。  

総合的なサイバー レジリエンスを実現

ハイブリッド マルチクラウド環境が複雑になればなるほど、データやリソース、インフラの保護も複雑になります。より深刻なセキュリティの脅威が日々増加しているなか、一瞬たりとも油断することはできません。しかし、隅から隅まで目を光らせることができない場合はどうすればよいでしょう?ポリシーやプロセスがバラバラな状態で、どうやって脆弱性を回避し、脅威に備えればよいのでしょうか? 

「ネットアップ」と答えた方には100点を差し上げます。「サイバー レジリエンス」はネットアップの新しい代名詞になるかもしれません。ネットアップのツールならそれぞれまったく異なる環境であっても管理、監視できるため、死角をなくし、全体的なリスクを削減できます。ネットアップでは、データ保護とセキュリティにガバナンスやコンプライアンスなどを組み合わせた包括的なアプローチを採用し、そのうえに自動化も導入しています。ランサムウェアなどの脅威を阻止するためにダッシュボードを操作する必要はなく、監視も脅威への対応もすべてのプラットフォームに対して自動で行うことができます。誰かがフィッシング メールのリンクをクリックしても、保護機能が最初から標準搭載されているので安心です。

最後に、持続可能性への取り組みについて

今日、ネットアップも含め、ほとんどすべての企業がなんらかの持続可能性目標を掲げています。ネットアップは、より持続可能性のある組織になること、より環境にやさしいソリューションをお客様に提供すること、そして製品のライフサイクル全体で環境への負荷を測定することに取り組んでいます。そして、その成果を測定するために、科学的根拠に基づく目標を設定しています。詳細については、Matt Wattsの最新のブログをご覧ください。

ネットアップは、進化したクラウドでお客様の目標達成を支援します。その具体的な方法をご紹介します。

  • オンプレミスのデータセンターからパブリック クラウドへの移行は、CO2排出量を削減するための第一歩として最適です。ただしすでに述べたように、クラウドの数が増えれば増えるほど複雑さも増すのが一般的です。ネットアップはクラウドの活用方法を本当の意味で理解しているベンダーです。マルチクラウドの運用を簡素化し、お客様がクラウドを活用できるように支援します。
  • 前述した監視ツールも目標達成に役立ちます。ネットアップ製品に関する環境データを収集し、活用されていないリソースや無駄なリソースを見つけ出すことで、データセンターにおけるエネルギー消費量を削減することができます。
  • オーバープロビジョニングを回避するため、消費量を監視し、無駄を見つけ、上限を設定するための強力な各種ツールが用意されています。 
  • 最後に、自動化が大きな効果をもたらします。リソースのオーバープロビジョニングをなくしてコストを削減することは、費用対効果が高いだけでなく、CO2排出量の大幅な削減にもつながります。パブリック クラウドのハイパースケール キャンパスはオンプレミスのデータセンターに比べれば効率的ですが、エネルギーの無駄遣いはしないに越したことはありません。

ネットアップのポートフォリオにお任せください

ここまで、ネットアップがハイブリッド マルチクラウド環境をどのように変革できるかについて、その概要を説明しました。次に、その具体的な方法についてご紹介します。

  • NetApp BlueXP™でハイブリッド マルチクラウドの運用を一元化。ひとつのコントロール プレーンと一連のAPIで、データ エステート全体を管理し、ハイブリッド マルチクラウド環境をくまなく横断的に監視します。SaaS型のストレージ サービスとデータ サービスには監視機能と保護機能が搭載されており、徹底した自動化と柔軟な料金体系がシンプルな運用を実現します。
  • Spot by NetAppは、クラウド運用とアプリケーションサービスで業界をリードする製品です。クラウド インフラを自動化することで、パフォーマンスの向上、複雑さの軽減、継続的な最適化を実現します。オープンソースのクラウドネイティブなデータベース テクノロジを採用して、古いプラットフォームからより迅速に移行することもできます。

ネットアップには最高のインフラ、データ、アプリケーション サービスが揃っており、オンプレミスや大手クラウド上で進化したクラウド環境をサポートします。安心してお任せください。

青い背景にカラフルな円

進化したクラウドにすべてを賭ける準備はOKですか?

新しいハイブリッド マルチクラウド体験に足を踏み入れるかどうかはあなた次第です。ネットアップはスタートに必要なツールを提供します。業界をリードするネットアップのポートフォリオは、AIを活用して構築されており、大手クラウドと提携したファーストパーティのネイティブ サービスが含まれています。ネットアップのソリューションで複雑さを一掃し、次の一歩を踏み出しませんか?

Next Steps

Drift chat loading