メニュー

Microsoft Azure上のOracleデータベース

青の立方体
Table of Contents

Share this page

包括的なデータ保護機能を備えた高パフォーマンスで可用性の高いOracle環境を実現し、サービス内容合意書をすべて満たしたいという目的を立てるのは簡単です。しかし、それを実現するための基盤はありますか?

クラウドに移行する際には、適切なストレージを選択することで大きな違いが生じます。Oracleデータベースのストレージにネットアップを選択すると、パブリック クラウドにエンタープライズ クラスのストレージを導入できます。

  • パフォーマンスの向上—レイテンシを抑えてIOPSを向上
  • 柔軟性—アプリケーションの導入と開発を加速
  • コストの削減—データ容量の削減、バックアップ コストの大幅な削減、パフォーマンス階層の選択などを実現
  • 包括的なデータ保護—ほぼ瞬時のバックアップとリストア機能を備えながら、ディザスタ リカバリを容易に実行

Azure上のOracleデータベースには最高の環境を必要です。一緒に構築しましょう。

construction site

Azure上のOracleソリューション

もしクラウド プラットフォームとしてAzureを選んだのであれば、それを最大限に活用しましょう。

NetApp® ONTAP®ストレージ システムは、20年以上にわたり、さまざまな業界で、数千もの大規模で極めてミッション クリティカルなOracle環境の導入に使用されてきました。その中で、高速で、安定した、管理しやすい運用を実現してきました。

この基盤テクノロジが、クラウドで利用可能になり、Oracleデータベース環境向けに調整されました。

building a foundation

Azure上のデータベース:Oracleの理想の家

Azure上にあるOracleデータベースには、個々のニーズに合わせてカスタマイズされた理想の環境が与えられます。最近実施されたPulseアンケートで、Oracleデータベースをクラウドに移行したい理由を尋ねました。拡張性、手頃な価格、パフォーマンス...Oracleの理想の家はすべてを備えていなければいけません。

Azureへの引っ越し時の荷解きがうまくいくかどうかは、適切なソリューションを選択するかどうかにかかっています。カスタマイズを終えようとしている場合でも、直ちに移行する場合でも、ネットアップのAzure向けソリューションは、Oracleへのクラウド導入が加速させ、必要なデータベースとパフォーマンスの保護を実現します。

chart

自己管理型ストレージ サービス:DIY

ストレージ サービスの自己管理とは、お客様が自力で管理するという意味ではありません。NetApp Cloud Volumes ONTAPは、クラウド向けに最適化されたソフトウェア型ストレージ ソリューションです。ハイブリッド クラウドのワークロードを実行するためのデータ保護とデータ モビリティを実現します。事実上、ネイティブのパブリック クラウド ストレージの高速化とスマート化を実現します。

Cloud Volumes ONTAPには、絶えず変化するOracleデータベースのニーズに対応するために必要なものがすべて揃っているため、アプリケーションをスムーズに実行できるようにソリューションをその都度再構成する必要はありません。むしろ、Oracleデータベースとクラウド ストレージ サービス間の管理レイヤとして機能し、ユーザ エクスペリエンスの強化と最適化を実現します。お客様は一人ではありません。適切な管理ツールを使用してストレージを自己管理できます。

Cloud Volumes ONTAPは、クラウドの運用をオンプレミスのデータ環境と統合するのに最適なソリューションでもあります。環境間でデータをレプリケートし、必要に応じてクラウド内外の間で移行し、同じ管理手法を使用してシームレスなハイブリッド環境を実現します。

クラウド ネイティブのストレージ サービス:いつでも移行可能

ストレージ インフラの管理を止める準備はできていますか?Azure NetApp Filesは、ハイパフォーマンスで、エンタープライズ ワークロードのセキュリティと可用性を提供し、Azureポータルに統合される、フルマネージドのクラウド ファイル ストレージ サービスです。Azure NetApp Filesを使用すると、ニーズの変化に合わせてストレージ インフラを調達したり管理したりしなくても、Oracleデータベースをクラウドにシームレスに移行して実行できます。ONTAPには、きわめて高いパフォーマンス、優れた可用性とデータ保持性、高度なデータ保護機能などのメリットがあります。しかし、すべてがシンプルなクラウド中心のサービスとしてパッケージ化されているため、管理する必要はありません。

そして何より優れている点は?Azure NetApp Filesを購入すれば、既存のAzure契約に基づいてサポートを得られます。追加の書類は必要ありません。

OracleデータベースをAzureで実行するメリットとは?

AzureでOracleをホスティングすると、OracleとMicrosoft Azureの両方からデータベースのサポートが得られます。高可用性、迅速なディザスタ リカバリ、高速バックアップを実現できます。

OracleデータベースをAzureで実行するにはどうすればよいですか?

AzureでOracleデータベースを作るのは比較的簡単です。最も一般的な導入方法は、データベースがプリインストールされた仮想マシンを作ることです。ステップ バイ ステップ ガイドについては、ブログをご覧ください。

AzureとOracle Cloud Infrastructure(OCI)は併用できますか?

はい。AzureにOracleを導入する方法は主に2つあります。

  • OCIと統合することで、マネージド データベース サービスを使用する。
  • Azure Marketplaceのイメージを使用してマネージド ストレージ サービスを活用したAzure仮想マシンへの導入
Oracleデータベースとアプリケーションには、どのようなパフォーマンスとレイテンシが期待できますか?

Azure NetApp Filesを使用すると、ミリ秒単位のレイテンシと25,000を超えるIOPSの実現が期待できます。

OracleデータベースをAzure上で実行すると、可用性にどのような影響がありますか?

Azure上で稼働するOracleデータベース向けソリューションは、99.9999%の可用性を実現します。