メニュー
青の背景に積み上げられた紫色の正方形の平板

コードとしてのインフラ(IaC)とは

コードとしてのインフラ(Infrastructure as Code; IaC)は、データセンターのサーバ、ストレージ、ネットワーク インフラを管理するためのアプローチです。IaCにより、大規模環境の構成と管理を大幅に簡易化できます。従来のデータセンター インフラ管理では、構成を変更する際は常に運用者やシステム管理者が手動で対応する必要がありました。IaCでは、インフラ構成情報は標準化されたファイルに格納され、インフラの状態を維持するソフトウェアで読み取ることができます。IaCを使用すると、手動による構成手順が不要になるため、生産性と信頼性が向上します。

コードとしてのインフラのメリット

  • 生産性の向上:管理者や運用者は、データセンター インフラを変更する際に手動で構成手順を実行する必要がなくなります。
  • 信頼性の向上:インフラの構成は電子ファイルに格納されており、インフラ変更の開始はソフトウェアが行うため、人為的ミスの可能性が低くなります。

コードとしてのインフラと自動化

コードとしてのインフラと自動化は、用語としては密接に関連していますが、意味は大きく異なります。コードとしてのインフラは、データセンター インフラの構成や状態を既知の方法で維持することに焦点が当てられています。自動化では、その状態をインフラに自動的に適用して維持するプロセスに主眼が置かれています。

コードとしてのインフラ向けのツール

一般提供されているIaCツールには、次のものがあります。

関連記事

Drift chat loading