メニュー

エンタープライズ ストレージ管理の自動化

DevOpsクラウド プラットフォーム シリーズ 

セッション1(全3セッション)

緑の背景の右端に白と紫のねじれた円形

EBCソリューション シリーズ

ハイレベルなクラウド サービスの概要からAnsibleワークショップなどの技術的な詳細説明まで、ネットアップのエキスパートや業界関係者とともに学び、連携し、エンゲージすることができます。

要旨

ITリソースを 「サービスとして」利用したいというニーズはますます高まっています。この傾向は、ストレージ インフラの導入方法、保守方法、消費方法を変えつつあります。同時に、ストレージ インフラの利用者も変化しています。このような新しいニーズに対応するため、ストレージ インフラ管理を自動化により推進する必要があります。そのため、従来のIT企業や組織は、「コードとしてのインフラ」ソリューションを提供するために必要な新しいやり方とスキルセットを採用し、育成するという課題に直面しています。

このセッションでは、このような要求に応えるために、ネットアップのIT部門がどのようにストレージ インフラの運用を進化させてきたかをご紹介します。

重要なポイント

  • ITインフラへの期待がどのように変化しているかを知りましょう。
  • ITインフラの利用者が変化していることを認識しましょう。
  • ITインフラチームは「コードとしてのインフラ」というアプローチを採用する必要があります。
  • Ansibleは、ストレージ管理者が自動化されたストレージ サービスを簡単に提供できる強力なツールです。

その他のセッション

このシリーズの他のセッションもご覧ください。

地域別の講演者の経歴

データの課題解決をサポートするスペシャリストをご紹介します。彼らは仕事の話をするのが大好きなスペシャリストです。現実的で業界に特化した質問をお待ちしています。

AMER

Eduardo Rivera

ITシニア マネージャー l Customer 1 Solutions Engineering

EduardoのLinkedIn

こちらから

ネットアップ製品に関する質問がある場合や、ご利用を検討されている場合は、ネットアップのチームにご相談ください。

グローバルEBCプログラム

ネットアップのEBCプログラムの内容とお客様にお届けする価値をご確認ください。

オンライン ブリーフィング

詳細なパーソナライズされたオンライン ブリーフィングを申し込んで、ネットアップがビジネス目標の達成をどう後押しできるかお確かめください。