メニュー

構成管理とは

赤色と青色の立方体

自動化しなければ、大規模な最新の IT システムの構築と保守でリソースを大量に消費してしまい、手動エラーによってリスクが増大する可能性があります。構成とリソースの管理 は、コンピュータシステムとソフトウェアを既知の一貫した状態で維持するための自動化された方法です。

トピック

構成管理の仕組み

構成管理システムには、いくつかのコンポーネントがあります。管理対象システムには、サーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアなどがあります。これらは、構成管理システムのターゲットです。このようなシステムを既知の状態で維持することが目標です。構成管理システムのもう 1 つの側面は、システムに必要な状態の説明です。構成管理システムの 3 番目の主要な側面は、ターゲットシステムとソフトウェアが目的の状態で維持されるようにする自動化ソフトウェアです。

構成管理のメリット

構成管理の主な利点は、システムとソフトウェアの整合性です。構成管理では、構成が最新であることは推測されず、希望もありません。これは、設定管理システムによってそのことが保証されるためです。

自動化と組み合わせて使用すると、手動の設定プロセスが自動化されたプロセスに置き換えられるため、設定管理の効率が向上します。これにより、同じリソースまたはそれより少ないリソースでより多くのターゲットを管理できるようになります。

構成管理が重要な理由

構成管理は重要です。これにより、システム管理のために管理スタッフを増員することなく、インフラストラクチャとソフトウェアシステムを拡張できるようになります。これにより、これまでは不可能だった場所での拡張が可能になります。

構成管理ツール

構成管理ツールにも自動化機能が含まれているのが一般的です。一般的なツールは次のとおりです

構成管理 vs.変更管理

構成管理と変更管理は、密接に関連していますが、用語が異なります。構成管理では、特定のインフラストラクチャまたはソフトウェアシステムの状態をいつでも扱うことができます。一方、変更管理では、変更がどのように構成に加えられるかについて説明します。このように考えてみましょう。構成管理はいつでも構成であり、変更管理はそれらの構成に変更を提案、レビュー、実装し、潜在的にロールバックするプロセスです。

ホワイト ペーパー

コードの活用によってITインフラへの投資が伸びている理由

今すぐダウンロード

引き続きお読みください