メニュー

ネットアップとAnsibleのワークショップで開発ワークフローを自動化する方法をご紹介します

DevOpsクラウド プラットフォーム シリーズ

セッション3(全3セッション)

緑の背景の右端に白と紫のねじれた円形

EBCソリューション シリーズ

データの課題解決をサポートするスペシャリストをご紹介します。彼らは仕事の話をするのが大好きなスペシャリストです。現実的で業界に特化した質問をお待ちしています。

要旨

ネットアップとAnsibleで開発ワークフローを自動化する方法をご紹介しますこのワークショップでは、まずAnsibleによる自動化の基本的なご紹介とその仕組みについてお話しします。インストールから、条件付きプレイブック、NetApp ONTAPモジュールの使用方法までご紹介します。

ワークショップでは、トレーナーがアドホック コマンドやインベントリの習得をサポートし、モジュールやタスク、プレイブックの理解につなげます。ライブ デモや例を用いて、可能な限り価値のある体験をしていただきます。

ワークショップの後半ではAnsible Towerに焦点を当て、その機能の一部が同機能するのかをご紹介します。Towerを使用すると、視覚的なダッシュボード、役割ベースのアクセス コントロール、ジョブ スケジュール、統合通知、グラフィカルなインベントリ管理により、 ITインフラを一元管理および制御することができます。REST APIやCLIを使用して、Ansible Towerを既存のツールやプロセスに簡単に組み込むことができます。

アジェンダ(EST)

08:50 AM オンライン ルーム開場
09:00 AM 歓迎のご挨拶およびアジェンダのご紹介
09:10 AM Ansibleの概要と機能のご紹介
09:30 AM アドホック コマンドとインベントリ
09:50 AM モジュール、タスクとプレイブックの理解を深める
10:10 AM プレイブックで実践(変数、条件、ハンドラ、ループ、テンプレート、ロールなどを使用)
10:40 AM ライブデモと事例のご紹介
12:00 PM お昼休憩
01:00 PM Towerディスカッション(インベントリやクレデンシャル、プロジェクト、ジョブテンプレート、アンケート、RBAC、ワークフローについて)
01:45 PM まとめ及び今後について

その他のセッション

このシリーズの他のセッションもご覧ください。

地域別の講演者の経歴

データの課題解決をサポートするスペシャリストをご紹介します。彼らは仕事の話をするのが大好きなスペシャリストです。現実的で業界に特化した質問をお楽しみください。

AMER

David Blackwell

テクニカル マーケティング エンジニア

DavidのLinkedIn

EMEA

David Blackwell

テクニカル マーケティング エンジニア

DavidのLinkedIn

Arvind Ramakrishnan

シニア ソリューション アーキテクト

ArvindのLinkedIn

Nikhil Kulkarni

テクニカル マーケティング エンジニア

NikhilのLinkedIn

APAC

Arvind Ramakrishnan

シニア ソリューション アーキテクト

ArvindのLinkedIn

Nikhil Kulkarni

テクニカル マーケティング エンジニア

NikhilのLinkedIn

こちらから

ネットアップ製品に関する質問がある場合や、ご利用を検討されている場合は、ネットアップのチームにご相談ください。

グローバルEBCプログラム

ネットアップのEBCプログラムの内容とお客様にお届けする価値をご確認ください。

オンライン ブリーフィング

詳細なパーソナライズされたオンライン ブリーフィングを申し込んで、ネットアップがビジネス目標の達成をどう後押しできるかお確かめください。