メニュー

ネットアップがフラッシュに最適な7つの理由

ネットアップはデータ ストレージの条件で妥協したことはありません。ペタバイト規模の容量、 NVMe/FC 、スケールアウトNAS など、オールフラッシュ、ハイブリッドフラッシュ、オブジェクト ストレージ システムでは業界一広範なポートフォリオを誇ります。ここでは、ネットアップがフラッシュの最適な選択肢である理由をご紹介します。

四角い背景に紫と白のボール

1. ハイブリッド クラウド データ ファブリック

データセンター向けクラウド データ サービスと、パブリック クラウド向けのエンタープライズ ストレージ機能の両方を提供できるのは、ネットアップだけです。ネットアップなら、世界最大のクラウド、プライベート クラウド、オンプレミスのすべてのデータをソフトウェア定義型の統一された方法で管理できます。

3Lateralの事例を見る
face motion cap

2. 最高のパフォーマンス

ネットアップのオールフラッシュ アレイなら、卓越した IOPSとレイテンシの低減の両方を実現できます。ソフトウェアの開発により、追加のコストをかけずに、パフォーマンスを40%向上させることができます。

白い円盤と青色のオブジェクト

3. 抜群の効率性

宣伝文句に惑わされて、本当の違いを見失ってはなりません。ネットアップのシステムは、初めから適正なサイズに設定されており、使っていくうちにデータ削減の効果が現れてきます。

ピンクの背景に白の円盤

4. 強力なデータ保護

ネットアップなら、ビジネス クリティカルなデータにノンストップでアクセスできます。同期レプリケーション機能が内蔵されているので、新しいワークロードをポッドに割り当てて新しいデータセットをレプリケートする必要がありません。ペタバイト規模のデータでも数秒でリカバリできます。

紫と白のオブジェクト

5. トータル セキュリティ

ネットアップは、どこに保存されているデータでも、エンドツーエンドで暗号化します。保存データの暗号化は物理ドライブ レイヤとソフトウェア レイヤ、そして転送中にも実行されます。ご利用のストレージ ベンダーがアプリケーションの転送やデータ受信用にOSを変更する際にはIPが危険にさらされるため、コンプライアンスが重要になりますが、ネットアップならGDPR、HIPPA、PCI DSS、CCPA のすべてに対応できます。

白と青の円盤

6. 未来にも対応

ネットアップは、現在だけでなく将来も見据えています。アップグレードの料金を前払いする必要はありません。お問い合わせも無料です。ネットアップのシステムはクラウドの規模を自在に拡大縮小できるように設計されているため、ITスタッフを事業の拡大に回すことができます。

緑の透明な大理石

7. イノベーションのリーダー

ネットアップのSoftware-Defined Storageをベースとするデータセンターやクラウドをご利用のお客様は、イノベーションで大きな成果を上げています。ネットアップは業界で初めてNVMe over Fibre Channelによるホスト接続を実現した実績を持ちます。こうした自動化機能がビジネスに大きな違いをもたらします。

ピンク色の段にスチール製の筒

次のステップ