メニュー

コンバージド インフラ(CI)とは

赤と青の立方体
トピック

コンバージド インフラ(CI)は、データセンターのコンピューティング、ストレージ、ネットワークの各インフラを統合したものです。データセンターインフラを包括的なシステムとして導入することで、リソースの導入を簡易化し、迅速化できます。また、データセンターリソースを反復可能なモジュール方式で導入するためのプラットフォームを提供し、迅速な拡張と一貫したパフォーマンスを実現します。これは、仮想リソースの標準化された基盤を必要とする仮想環境で特に望ましい状況です。

コンバージドインフラの導入は、コンピューティング、ストレージ、ネットワークコンポーネントの「自社で行う」導入と比較されます。このような導入には、企業やパートナーからのテストおよび検証用リソースが追加で必要になる場合があります。これにより、新しいアプリケーションの市場投入までの時間も短縮されます。コンバージドインフラでは、信頼性の高いインフラプラットフォームを使用して、推測に頼らずアプリケーションの導入時間を短縮する検証済みソリューションをベンダーに提供することで、導入リスクを軽減します。

統合インフラのメリット

CIの最大のメリットは拡張性と、新しいサービスを迅速に市場に投入できることです。これは、導入の簡易化、構成の検証、コストの削減を通じて実現されます。事前設定されたモジュラ構成で導入を簡易化することで、新しいサービスの導入に必要なスピードと即応性を実現できます構成を検証することで、推測に頼らず、新しいアプリケーションインスタンスのテンプレートを提供できます。インストール作業やシステムテストの繰り返しに要する時間を短縮することで、コストを削減できます。標準化されたコンポーネントは、インフラのサイロ化を減らし、インフラを統合することでコストを削減することもできます。

CI、HCI

コンバージドインフラソリューションは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージの各リソースの導入を簡易化するために開発されました。ハイパーコンバージドインフラ( HCI )ソリューションは、同じ目標を異なるアプローチで共有します。実装方法や定義は実際の環境によって異なりますが、ハイパーコンバージドインフラは通常、ソフトウェアで定義されるコンピューティング、ストレージ、ネットワークで構築されます。コンバージドインフラでは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク向けの業界最高のハードウェアを簡単に導入できます。ハイパーコンバージドインフラは、一般にコモディティコンポーネントに導入され、汎用サーバを使用するとスケールアウトアーキテクチャが簡易化されます。

統合インフラはどのように導入していますか?

統合インフラを導入する主な方法は、リファレンスアーキテクチャとして、およびラックに設置する構成済みのアプローチです。

  • リファレンスアーキテクチャ は、統合システムリソースのタイプ、数、および接続に関する詳細設計を提供する、事前検証済みの構成ガイドラインです。このアプローチにより、既存の機器を活用できる、信頼性の高い高速構成が可能になります。コンピューティング、ストレージ、ネットワークの各リソースは、ベンダーのブループリント要件と推奨事項に従って割り当てられ、導入されます。このアプローチにより、アプリケーション管理者は、個々のコンポーネントを必要に応じて簡単にスケールアップまたはスケールアウトできます。
  • ラックに事前設置 された構成では、コンピューティング、ストレージ、およびネットワークのコンポーネントがデータセンターラックにあらかじめ設置されています。多くの場合、コンポーネントは事前に接続され、ケーブル接続されているため、迅速にセットアップできます。このアプローチでは導入がさらに高速化されますが、多くの場合、スケールアウトのみの拡張性が可能です。

続きを読む