メニュー

NetApp Storage Encryption :信じられないほど安全で、驚くほど目立たないソリューション

日常業務に影響を与えることなく、すべてのデータを常に暗号化します。打ち間違えではありません。 NetApp Storage Encryption(NSE)です。NSEは、ストレージの効率やパフォーマンスを損なうことなくフルディスク暗号化を実現します。

お問い合わせ
floating white rectangle and small white dots on blue background

NetApp Storage Encryption(NSE)とは?

運用へ影響を与えず保存データを保護するフル ディスク暗号化機能

NetApp® Storage Encryption (NSE)は、システムを停止することなく暗号化を実装できるソリューションで、使いやすく包括的で、コスト効率に優れたハードウェアベースのセキュリティを提供します。この単一ソース ソリューションを使用すると、ストレージ効率を損なうことなく、業界や政府の規制に対する全体的なコンプライアンスを強化できます。

NSEは、FIPS 140-2レベル2自己暗号化ドライブを使用し、AES 256ビット透過的ディスク暗号化による保管データの保護を提供することで、コンプライアンス強化とスムーズなスペア返却を実現するよう構成されています。ドライブはすべてのデータ暗号化処理を内部的に実行し、ドライブの暗号化キーが権限のある管理者によってロック解除されるまでデータ アクセスを防止します。

different geometric gray shapes floating on white background

Full Disk Encryption

NetApp Storage Encryption(NSE)は、業界をリードするベンダーの自己暗号化ドライブを使用して、フル ディスク暗号化(FDE)を行うネットアップのソリューションです。

コンプライアンスと効率性を向上

NSEは、包括的でコスト効率に優れたハードウェアベースのセキュリティを提供する、使いやすい無停止の暗号化実装です。この単一ソース ソリューションを使用すると、ストレージ効率を損なうことなく、業界や政府の規制に対する全体的なコンプライアンスを強化できます。

青の背景にピーチ色の長方形を重ねたもの
保存データの保護
ネットワークに依存しない、ファイル システムに依存しない保存データ保護を提供します。
アクセス制御

NSE管理者によって許可されるまではデータにアクセスできないようにします。

Storage Efficiency機能

FAS重複排除とストレージ圧縮を使用してストレージを効率化します。

SnapMirrorとSnapVault

NetApp® SnapMirror®® とSnapVault ®ソフトウェアをサポート

BakBone

BakBone Integrated Data Protection(IDP)戦略をサポートしています。

保存データの保護を有効にする

運用に影響を与えることなくデータを暗号化する方法をご確認ください。

NSEのデータシートを読む

NSEの主なメリット:

  • 重複排除、圧縮、アレイベースのAVスキャンなど、ネットアップが提供するストレージの効率化テクノロジの全部をサポートします。 
  • Gemalto SafeNet KeySecure暗号化キーアプライアンスをサポートし、長期的なキー管理を強化し簡易化します。 
  • FISMA 、HIPAA、PCI 、Basel II、SB 1386、E.U.に準拠します。 
  • FIPS 140-2認定ハードウェアを使用したデータ保護指令95/46/EC規制。 
  • OASIS KMIP標準に準拠しており、他のキー管理ツールや暗号化デバイスとの互換性を提供しています。
赤い背景に青の長方形がある赤いスパイク

関連するソリューションと製品

コンプライアンスから追加の保護に至るまで、これらの関連ソリューションと製品をご確認ください。

シェイプを緑の背景で抽象化します
ネットアップのイメージと繋がる
お問い合わせ

ご関心のあるソリューション、製品、サービスについて、お気軽にご相談ください。

営業チームへのお問い合わせ
パートナーを検索

パートナーによるさまざまな購入オプションをご利用いただけます。詳細は以下のページをご覧ください。

米国公共機関のお客様 ネットアップ パートナー
NetApp OnDemand

NetApp OnDemandの消費モデルを活用することで、ビジネスに必要なストレージの消費を適切に管理できます。

NetApp OnDemand消費モデル

次のステップ