メニュー

プライバシー コンプライアンス

緑の背景で、緑の長方形が波型を作成
概要 ネットアップの暗号化ソリューションは、データのプライバシーを確保し、コンプライアンス セキュリティ要件を満たすのに役立ちます。

外部規制や社内のベストプラクティスでは、データの暗号化は、データ プライバシーに対する重要なソリューションとして指摘されています。ネットアップのセキュリティ ソリューションは、従来のようにパフォーマンスやOSへの依存性、使いやすさの点で妥協することなく、暗号化を実現します。

ネットアップのセキュリティ ソリューションにより、企業は、Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)、HIPAA、CASB1386、GLBA、DoD 5015.2などの規制に含まれるコンプライアンス セキュリティ要件を満たすことができます。

プライバシー コンプライアンスに関するネットアップのセキュリティ ソリューションには、以下が含まれます。

  • AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御、暗号署名付きのロギングを、FIPS準拠の強化されたプラットフォームで実現します。
  • NetApp Compliance製品ポートフォリオの一環として、NetApp SnapLock®およびLockVault®コンプライアンス ソフトウェアによってWORMデータ永続化を実現します。
  • 永続的な暗号化。いったん暗号化されると、データは暗号化されたままになるため、データ セキュリティを犠牲にすることなくディザスタ リカバリやアーカイブの要件を満たすことができます。

キー ポイント: 

  • 企業全体の拡張により、あらゆるストレージ環境で暗号化に対応します。
  • SANまたはNASストレージのメリットを活用して、デジタル資産のセキュリティの信頼性を確保します。
  • AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御を採用します。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションにより大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。

バックアップ セキュリティ ネットアップの暗号化ソリューションは、ディスクまたはテープにバックアップされるデータも引き続き保護します。

ネットアップのバックアップ セキュリティ ソリューションは、バックアップおよびディザスタ リカバリのストレージ リスク管理のために、異機種混在企業全体におけるテープやディスクの暗号化のベストプラクティスをサポートします。ネットアップのソリューションには、AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御、暗号署名付きのロギングなどがあります。

ネットアップのセキュリティ ソリューションでは、ディスクやテープに書き込む前にデータを暗号化するため、許可されたユーザのみがデータを読み取ることができ、ディスクやテープを紛失した場合や、盗難にあった場合でも、データを不正アクセスから保護します。

いったん暗号化されると、データは暗号化されたままになるため、データ セキュリティを犠牲にすることなくディザスタ リカバリやアーカイブの要件を満たすことができます。

キー ポイント: 

  • 規制を順守し、セキュリティ侵害が発生した場合のブランド価値の低下を回避します。
  • バックアップウィンドウを延長せずに重要なデータを保護します。
  • FIPS準拠の強化されたプラットフォームで、ネットアップのセキュリティ ソリューションを活用します。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションにより大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。

セキュアな統合 共有ストレージに対応するネットアップの区分化と暗号化のソリューションは、内部の脅威の防止に役立ちます。

ネットアップのセキュリティ ソリューションは、お客様の知的財産を保護し、機密性の高いエグゼクティブや企業のデータ、財務情報、顧客レコードのプライバシーを保護します。

機関や部門は、NetApp® MultiStore®ソフトウェアを基盤とする仮想ストレージ アレイを使用することにより、情報のセキュリティを危険にさらすことなくデータを共有インフラに統合できます。

格納データは区分けされ、強力なAES-256暗号化によって保護できます。その結果、次のことが可能になります。

  • ITコストの大幅な削減と柔軟性を実現します。ストレージとネットワークの統合により、セキュリティを犠牲にすることなく、複数の部門が一元化されたデータセンター リソースを活用し、データを共有できます。
  • ソース コードやアルゴリズム、所有権調査、製造設計、その他データ資産などの知的財産を保護します。
  • 個々の部門にプライバシーと管理を提供します。人事、法務、顧客情報、その他のドキュメントを非公開にし、各部門が所在地に関係なく、暗号化キー、アクセス許可、およびすべてのデータ コピーの安全な削除を管理できるようにします。

キー ポイント: 

  • 企業全体の拡張により、あらゆるストレージ環境で暗号化に対応します。
  • ネットワーク ストレージのメリットを活用して、データ資産のセキュリティの信頼性を確保します。
  • AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御を採用します。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションにより大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。

クラウド プロバイダ ネットアップのセキュア マルチテナンシー ソリューションにより、クラウド プロバイダはクライアントのプライバシーとデータ保護のニーズに対応できます。

ネットアップは、クラウド ストレージに導入されたアプリケーションの保護を強化します。ネットアップのマルチテナント共有ストレージ向けの区分化と暗号化のソリューションは、FIPS準拠の強化されたプラットフォームで提供されており、アクセス制御を実施し、ストレージレベルの攻撃を防止して、クラウド プロバイダがクライアントのデータ プライバシーとセキュリティの要件を満たすのに役立ちます。

ネットアップのセキュアなデータ ストレージ ソリューションは、ワイヤ スピードで動作し、すべてのデータを暗号化するように設定できます。バックアップ データは暗号化されたままになるため、クラウド プロバイダーはクライアントのデータ セキュリティを犠牲にすることなく、ディザスタ リカバリやアーカイブの要件を満たすことができます。

職務の分離を適用することは、クラウド プロバイダはクライアントが格納している情報にアクセスできず、クライアントも他のクライアントに属する情報にアクセスできないことを意味します。

ネットアップの透過的な導入には、アプリケーションレベルやサーバレベルの統合は必要ありません。1つのセキュリティ ソリューションで複数のホストおよびアプリケーションからのデータを暗号化できるため、時間の経過とともにTCOと管理上の問題を軽減できます。

ダウンタイムは金銭的損失です。クラウド プロバイダは、クライアントのデータをオフラインにすることなくネットアップの暗号化ソリューションを導入できるため、財務的な損失を防止できます。 

キー ポイント: 

  • 最大規模のクラウド インフラにまたがってデータ暗号化を拡張します。
  • クライアントが格納している情報にクラウド プロバイダがアクセスできないようにします。
  • クライアントは自社のデータを完全に管理できます。
  • クライアントが他のクライアントのデータにアクセスするのを防ぎます。
  • AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御を採用します。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションにより大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。

プライバシー コンプライアンス ネットアップの暗号化ソリューションは、データのプライバシーを確保し、コンプライアンス セキュリティ要件を満たすのに役立ちます。

外部規制や社内のベストプラクティスでは、データの暗号化は、データ プライバシーに対する重要なソリューションとして指摘されています。ネットアップのセキュリティ ソリューションは、従来のようにパフォーマンスやOSへの依存性、使いやすさの点で妥協することなく、暗号化を実現します。

ネットアップのセキュリティ ソリューションにより、企業は、Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)、HIPAA、CASB1386、GLBA、DoD 5015.2などの規制に含まれるコンプライアンス セキュリティ要件を満たすことができます。

プライバシー コンプライアンスに関するネットアップのセキュリティ ソリューションには、以下が含まれます。

  • AES-256暗号化、認証、強力なアクセス制御、暗号署名付きのロギングを、FIPS準拠の強化されたプラットフォームで実現します。
  • NetApp Compliance製品ポートフォリオの一環として、NetApp SnapLock®およびLockVault®コンプライアンス ソフトウェアによってWORMデータ永続化を実現します。
  • 永続的な暗号化。いったん暗号化されると、データは暗号化されたままになるため、データ セキュリティを犠牲にすることなくディザスタ リカバリやアーカイブの要件を満たすことができます。

キー ポイント: 

  • データ プライバシーに関する規制を順守します。
  • セキュリティ侵害が発生した場合のブランド価値の低下を回避します。
  • データ セキュリティを犠牲にすることなく、ディザスタ リカバリやアーカイブの要件を満たします。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションにより大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。