メニュー

バックアップとリカバリとは

脇に置かれたグレーのルーペ
トピック

バックアップとリカバリは、データのコピーを作成して格納するプロセスで、データ損失から組織を保護するために使用できます。これは、運用リカバリと呼ばれることもあります。バックアップからのリカバリでは、データを元の場所、または損失したデータや破損したデータの代わりに使用できる別の場所にリストアします。

適切なバックアップコピーがプライマリデータからテープなどの別のシステムまたはメディアに格納されることで、プライマリハードウェアまたはソフトウェアの障害によるデータ損失を防止します。

バックアップとリカバリが重要である理由

バックアップの目的は、プライマリデータに障害が発生した場合にリカバリ可能なデータのコピーを作成することです。主なデータ障害とは、ハードウェアやソフトウェアの障害、データの破損、悪意のある攻撃(ウイルスやマルウェア)などの人為的なイベント、またはデータの偶発的な削除などが原因です。バックアップコピーを使用すると、計画外の障害から業務を復旧できるよう、以前の時点からデータをリストアできます。

データのコピーを別のメディアに保存することは、プライマリデータの損失や破損から保護するために重要です。この追加メディアは、外付けドライブや USB スティックと同様にシンプルに使用することも、ディスクストレージシステム、クラウドストレージコンテナ、テープドライブなどより容量の大きなメディアにすることもできます。代替メディアは、プライマリデータと同じ場所に配置することも、リモートに配置することもできます。気象関連のイベントが発生する可能性がある場合は、リモートロケーションにデータのコピーが存在することが正当化される可能性があります。

最大限の効果を得るために、バックアップ複製は、バックアップ間で失われるデータ量を最小限に抑えるために、整合性のある定期的なベースで作成されます。バックアップコピー間のパスが多いほど、バックアップからのリカバリ時にデータ損失の可能性が高くなります。データの複数のコピーを保持することで、データ破損や悪意のある攻撃の影響を受けない時点に復元するための保険と柔軟性が提供されます。

レポートを入手

セルフ プロテクション型のストレージでバックアップのTCOを削減

ダウンロード