メニュー

Software-Defined Storageとは

赤と青の立方体
トピック

Software-Defined Storage ( SDS )により、ユーザや組織は、ストレージ リソースを基盤となるハードウェア プラットフォームから切り離したり抽象化したりできるため、ストレージ リソースをプログラム可能にして、柔軟性と効率性を高め、拡張性を向上させることができます。

このアプローチにより、ストレージリソースは、ソフトウェア設計による大規模なデータセンター( SDDC )アーキテクチャに欠かせない要素となります。 SDDC アーキテクチャでは、サイロ化されているリソースではなく、リソースの自動化とオーケストレーションを簡単に実行できます。

ほとんどの包括的なアプリケーション統合には 独自設計のワークフロー自動化用のオープンなプログラマブル API が必要です。

Software-Defined Storage の仕組み

Software-Defined Storage はデータ管理の手法で、データストレージリソースは基盤となる物理ストレージハードウェアから抽象化されているため、柔軟性に優れています。リソースの柔軟性とプログラマビリティを組み合わせることで、新たなニーズにすばやく自動的に対応できるストレージを実現できます。リソースのポリシーベースの管理や、ストレージ容量の自動プロビジョニングと再割り当てが可能です。

この導入モデルのソフトウェアに依存しない性質により、 SLA や QoS も大幅に促進され、セキュリティ、ガバナンス、データ保護の実装がはるかに容易になります。

このモデルを正しく設定すると、パフォーマンス、可用性、効率が向上します。

Software-Defined Storageのメリット

  • ハードウェアベンダーロックインの制約を受けずに、将来のニーズにも対応できます
  • プログラム可能性と自動化
  • 迅速な変更とスケールアップとスケールダウン
  • 優れた効率

SDS と SDDC に移行する理由

  • ビジネスを高速化
  • 新しいアプリケーションが必要
  • データセンターの自動化
  • インフラとデータの利用率や変化を可視化、追跡する機能が強化されています

Software-Defined Storageの柔軟性

現在市場には、次のようなさまざまな種類の Software-Defined Storage が存在しています。

SDSのユースケース

  • リモート オフィス / ブランチ オフィス / ROBO既存のハードウェア(サーバ)を活用して、既存の投資を有効活用できます 導入と管理が容易です
  • 制約のあるシステム。戦術的シナリオとファーストレスポンダの状況、環境的に困難なモバイル環境
  • ハイブリッド クラウドの導入オンプレミス環境とホスト型プライベートクラウドのどちらも、同じデータ管理プラットフォームで管理できます。ツール、レポート、トレーニングに変更は必要ありません
  • データセンターインフラの刷新:ポリシーベースのセルフサービス型ストレージサービス

ここちらもお読みください